Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


そうそう   投稿者:ウッドペッカー   投稿日:Thu Oct 18 22:55:15 2001
PCの野郎。とんでもない変換をして。尻ア○ルって。

ん?   投稿者:Levante40   投稿日:Thu Oct 18 21:46:32 2001
ウッドペッカー 様
シリアルありがとうございます。何せ個体数が少ないので助かります。

いけない文字とは、「ナ」んでしょうか?(爆)

シリアル番号   投稿者:ウッドペッカー   投稿日:Thu Oct 18 13:45:03 2001
100498です。タイトル打ち間違えた「ア」と「ル」の間にいけない1文字が・・・。
今一人で受けてました(笑)

CE-700・S   投稿者:Levante40   投稿日:Wed Oct 17 19:43:58 2001
ウッドペッカー 様
こんばんはです。
CE−700・Sあんまり状態良く無さそうですね。使い込まれていれば指板の消耗は仕
方のないところですが・・・。そうそう、差し支えなければシリアルをお知らせいただく
と喜びます。^^
家のはほとんど消耗のない状態ですが、若干弦高が高く、特に1F(つまりナット)が高
いために少々弾きにくいですね。HD−28が帰ってきたらその辺りを調整してもらおう
かと思っています。
余談ですが、最近張ったダ○リオ EJ11は3時間も持たずに死んでしまいました。こ
のギターとはあまり相性が良くありませんでしたね。CE−800Sの方は好相性です
が。マー○ス M−2100が今のところ良いですね。
帰省で帰った兄にダ○リオEXP−16(コートしてあるヤツ)をもらったのでCE−2
500に張ろうと思っております。「何だかナイロン弦みたい」と言っておりましたの
で、どんな音になるやら楽しみではありますが・・・。

CE700S   投稿者:ウッドペッカー   投稿日:Wed Oct 17 18:15:44 2001
リペアで持ち込まれました。(何屋だ?うち)
売ってもいいし、リフレットして使えるようにしてもいい。との事。
とりあえずフレット周りを触ってみようと思いますが、指板が乾ききっていて
触るのが怖いかも・・。

初めまして&いらっしゃいませ   投稿者:Levante40   投稿日:Sun Oct 14 20:20:21 2001
とんちゃん 様
初めまして&いらっしゃいませ。
レアなものをお持ちですね。はて?困りましたね・・・。型番・シリアルは基本的に焼き
入れされているものだと思っておりました。無いものの報告は、珠玉のコーナーにあるC
E−XXX以来ですね。あれは大体見当が付いておりますが、1000Sについては、そ
っちとは違う気がします。できれば画像を提供いただくと分かるものがあると思います。
あと入手時期、入手場所、ファーストオーナーか否か、どういう経過で入手できたかなど
お知らせいただくとさらに突っ込んだ推測ができるものと思います。

ご意見を!!   投稿者:とんちゃん   投稿日:Sun Oct 14 15:39:56 2001
初めて参加させていただきます。私の所有するCE−1000Sクラレンスホワイトモデルには刻印が一切ございません。かといって大径サウンドホール、ぺグ、ヘッド、ヘリンボーン仕様、内部塗装仕上げ等、CE−1000Sの情報どおりのギターであり、おまけに激鳴りもしているのですが。。刻印がないってどんなことが考えられますか?ショップのマスターは「試作品段階のものと違うか?」と気休めを言ってくれるのですが、それにしてもシリアルくらいは…と思うのです。私はアマながら現役のプレイヤーなので、ギターは鳴って引き易くってチューニングが狂わなけりゃ〜合格なんですが、モヤモヤだけはスッキリさせておきたいのです。何かアドバイスございましたらお願いいたします。

ドライキーパー   投稿者:Levante40   投稿日:Fri Oct 12 19:19:54 2001
とみなが 様
こんばんは。
ドライキーパーの説明を見るとDXになって消臭効果もあるとのことですから、何となく
活性炭のような気がしますね。^^;
もしそうなら備長炭で代用が利かないものでしょうか?(爆)

etrurian 様
東海楽器がマーチン社と技術提携を始めたのが’71年なので、キャッツアイになる直前
頃は相当技術的にも高くなっていたものと思われます。この頃はプロトモデルなどもある
ようですね。物価を考えれば3万台でも良い物があったのでは?

davs205d 様
私が持っている70年代のマーチンのカタログにある12弦モデルのスケールが632.
5ミリとなっているので、ほぼ同じではないでしょうか?
また、Dサイズモデルは645.2ミリとなっていますね。

Humming Bird   投稿者:etrurian   投稿日:Fri Oct 12 17:45:59 2001
東海楽器のHumming Birdブランド、出来はどうなんでしょうね。

どこかで見た事があるのですが、値段は3万円台でしたがサイド&バックはローズウッド
のようで、'70年代のようですね。
値段を考えるとものはとても良さそうでした。

ギターペットのこと   投稿者:とみなが   投稿日:Fri Oct 12 14:58:42 2001
近日、多忙でここへ来てなかったのですがマニアックな
話になってますね。

さとのしんさん davs205dさん
ギターペットは最近でもデジタル湿度計とセット販売で
売ってるのを見かけました。どこだったか・・・?

たぶんPICKBOYのドライキーパー(900円くらい)
も同じものではないかなと推測します。ドライキーパーは
高湿度では乾燥剤となり低湿度では保湿剤になるといった
便利なうたい文句で(笑)使ってます(爆)
たぶん半年から1年くらいが寿命だったと思います。

普通の乾燥剤は湿度の低い冬場に塗装が割れたりして
単板ギターには御法度だそうです。

ギターペット   投稿者:さとのしん   投稿日:Thu Oct 11 23:41:56 2001
davs205d様
ギターペットの成分、何でしょう?私にも良くわかりませんが
除湿剤なんでは、本体には、ひび割れ、さび防止と湿度管理とか
書いて有るようですが。
でも、もう20数年入れっぱなしですから、週末の休みに楽器店でも
行って何か他にこの種のものが出てるか物色してきますので
また。報告します。

スリーサイズ&スケール   投稿者:davs205d   投稿日:Thu Oct 11 23:28:03 2001
皆さん、こんばんは。パソコンのOS再インストール&構築
をしていて、しばらくこちらを参照できませんでしたm(__)m

データを測定しました(遅くなりすみません)
測定ポイントはcatbackさんと我朗さんのを合わせて行っています。

A B C D E F 12F真上
CE-1200('80) 165 356 510 295 276 400 321
CE-600TW('81) 195 350 510 295 280 400 315

12弦のスケール&ネックの長さがずいぶん短いことに気づきまし
た(^^;;

To:さとのしん さん

私もギターペットをずーっと愛用しています(21年間、一度も
交換していませんが....(^^;; 成分は活性炭だったでしょうか?

スケールですが2   投稿者:我朗   投稿日:Thu Oct 11 17:33:22 2001
管理人様
早速、私のワガママのため、データありがとうございます。
本当にたかだかギターによって数ミリ違うかののものですが、
コレデ見えてくる物があると思います。(^^)

catback様
初期の物はスケールが少し違うみたいですね、非常に参考になりますです。


スケール12F   投稿者:catback   投稿日:Wed Oct 10 21:52:08 2001
我朗 さん
D−41('74)、D−45('01)321.5ミリ、CE−1200 323ミリでした。(12F真上まで)
マーチンは我朗さんと同じようですが、CE−1200はやっぱり少し長いようです。

管理人さん
スケールについては、初期モデルのみ少し長めかもしれませんね。(う〜ん!新しい発見)

お〜い、komu さん、davs205d さん お手持ちのCE−1200は如何に。

スケール   投稿者:Levante40   投稿日:Wed Oct 10 18:47:24 2001
我朗 様
こんばんは。
スケールの件ですが、手元にある4本は全て約321.5ミリ(12F真上まで)です
ね。Martinは手元に帰ってきたらカキコしますね。

catback 様
サドルを自分で削るときには2弦だけは気を付けていますが、その他はサドルのセンター
にしています。それほど大きくピッチが狂うことはありませんが・・・。

スケールですが・・・   投稿者:我朗   投稿日:Wed Oct 10 16:58:46 2001
皆さん。こんにちは。スケールの話でにぎわってまね。

さて、スケールを測る場所なのですが、ナットの指板側から12フレットまでに統一して頂けたらデーターが取れて嬉しいのですが・・・(^^)

と云うのも、ブリッジまで測ってしまうと、オクターブの調整の逃げの分弦長が長くなってしまいます。

12フレット目でチョウド弦長の半分の長さですから正確にスケールが出ます。

ブリッジの傾きですが、弦を指でフレットに押さえつけると弦が引っ張られて音がシャープします。これを調整するために理論上のブリッジの位置より音が低くなるように、少し後ろにサガッテマス。

ちなみに、わたしの持ってるDサイズのギターの12フレット目の長さを送ります。

ではでは。

76年、80年のマーティン     322弱
キャッツアイ            約321.5
Sヤイリ              約322.5
Kヤイリ              322





まだ続くスケールの話とおまけのサドルの話   投稿者:catback   投稿日:Wed Oct 10 12:38:48 2001
CE−1200のスケールですが、TAKEさんと同じ 648.5 ミリでした。やはりスケ
ールが長いようです。ピッチの狂いはあるのでしょうか。
先日オールドギターを扱っている楽器店で'70年代のマーチンのサドルについてお話を聞
いたところ、当時はピッチについてはどちらかというとアバウトだったそうです。
なぜサドルからピッチの話になったかと言いますと、普通サドルはまっすぐな物で1弦側
がヘッド寄りに少し斜めに取り付けてあり、これだけでピッチを調整していたものだと思
っていました。
ところが7月に買った'01年製のマーチンには変形サドルが斜めに付いていました。最近
のマーチンのサドルは、よりピッチを正確にするのに、1、2、6弦を長めにするためサ
ドル幅のブリッジピン側で、3、4、5弦はサドル幅のサウンドホール側で支えるように
削られており、真上から見ると不思議な形をしています。サドル自体の幅は2〜3ミリあ
るので支える位置によっては3ミリの差がでます。私にはこのマーチンとD−41('74)の
ピッチの差は判りません。

非対称ギター
そういえば昔ヤマハのカスタムギターL51(30万ぐらいしましたか)は非対称ギターで
したね。メリットはあるのでしょうか。

ブックマッチ2   投稿者:Levante40   投稿日:Tue Oct 9 21:06:37 2001
TAKE 様
カスガの件ありがとうございます。カスガも少し長いのですね。
ところで、左右対称であるかどうかは製作工程と型枠の精度によって決まると言って良い
でしょう。
まずは左右対称のボディ型枠であること、それから正確にセンター出しを行っていたかの
2点でしょうね。東海楽器はこの点においてしっかりした型枠と製作工程を踏んでいたこ
とになりますね。

非対称ギター   投稿者:TAKE   投稿日:Mon Oct 8 20:08:04 2001
カスガも再計測してみました。

ネック 357.5ミリ
弦長  648.5ミリ  でした。

弦長に対するネック長さの比率は一定のはずだから違うとするとどちらかが
音程が少しおかしい事になりますね。まあ、サドルの方は接点が目に見えます
が、ナットの方はどこで接しているのか分かりませんから..。

トップが左右対称かの件ですが、さすがキャッツアイ軍団はカタログ通り、
きれいに対称にそろえてあるようですね。
カスガを測ってみた所、ヒップの403ミリのうち、

高音弦側の板が 203ミリ
低音弦側の幅が 200ミリ  でした。

さすがにこれくらい違うと目で見ても分かりますし、エンドピンの所の縦セルと
トップの中心線の交点が見事にずれてます。 資料によれば、ザカスガを制作した
クラフトマンは当時弱冠25歳前後、手工品をてがけたのはそれが初めてだった
ようですね..とほほ。いやいや、20年の月日で材の伸縮が大きかったのでしょう!

キャッツアイのCE1000以上はやはり工場でも大ベテランに入るクラフトマンが
手がけていたのでしょうか。でも左右対称かどうかってのは腕ではない気もしますが。
 

ほうほう?   投稿者:Levante40   投稿日:Mon Oct 8 18:26:56 2001
catback 様
素早いレスありがとうございます。
そうするとスケール(ナットの指板側〜サドル)は650ミリくらいあるんでしょうか?
そうだとすると'76年までは少し長いスケールだったのかもしれませんね。
(私が計測に使っているのは金巻き尺でそれほど正確とも言えませんが・・・。)

さとのしん 様
一時期湿度の高い家に住んでいたため乾燥剤を入れていたことがありますが、現在は使用
しておりません。できるだけケースを開けて湿気が放出されるようにはしております。
今はコンディショナー的な調湿材が売られているようですから、あっちが良いかなと言う
気はします。(適正な湿度を保つという謳い文句だったと・・・)