Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


CE2000   投稿者:TAKE   投稿日:Sun Oct 28 11:41:19 2001
そうです!32万円の奴です。確かに相場からすると大分高いですが、
普通のキャッツアイよりかなり音がいいことを考えると..?

それから材の木目でいい悪いを語るとしたら、ヤフオクにでているCE2000とは
バックのハカランダの目の詰まり方が全然違う半分柾目な材で、それで6万アップ、
コンディション店の保証つきと来たら、比較としては断然こっちですよね。
よく初期モノがどうとか耳にしますがこういう違いだったのですね。

トップ材ですが自分のギターもジャーマンといわれたりシトカといわれたり..
一体どれがほんとなんだっ.て感じです(笑)。見分けられるようになりたい。


トップ材   投稿者:Levante40   投稿日:Sun Oct 28 11:04:03 2001
下の方でトップ材についての話題がありましたので家のを比較に並べてみました。
掲示板下にリンクを作りましたのでご覧下さい。^^

弦&CE-2000   投稿者:Levante40   投稿日:Sun Oct 28 08:10:55 2001
davs205d 様
前にも少し弦の話が出ましたが、少し続きを。
最近帰省した兄からダ○リオ EXP16というナイロンコートの弦を土産にもらい、C
E−2500に張ってみました。ブロンズメッキされたプレーン弦の音はなかなかいける
のですが、巻弦が何というかツルッとした感じで、クラシック弦みたいです。指で弾いて
みてもナイロン弦を触っているみたい・・・。低音弦をゴリゴリ鳴らすタイプのギター
(D−28のローズバック系)にはちょっと合いそうにないですね。多分マホガニーボデ
ィなら好相性かと思いました。また、ストロークには向かない感じです。やたら寿命が長
いそうなので、CE−2500には暫くこの弦を張ったままになりそうですが、マ○チン
SP4100の方が向いていそうに思っています。
同じくダダ○オのEJ11をCE−700・S(ローズバック)に張ってみましたが、こ
れも不向きでした。CE−800・Sに同じ弦を張ってみたのですが、こっちは相性が良
く、暫く使ってみようかと思っています。ただ、寿命が短いような気がします。良く弾い
たこともあるのでしょうが、700・Sに使った方は、3時間ほどでダメになってしまい
ました。
現在メインで使用しているマ○キスM−2100は、D−28ローズバック系と相性ばっ
ちりですね。HD−28、CE−700・S、CE−1000Sと使いましたが、いずれ
も好結果です。HD−28とCE−1000Sには初めSP4100が張られていたので
すが、バランスは良いもの、のちょっと大人し目の鳴りでした。

TAKE 様
それって32万のヤツですか?
もしそうならcatbackさんともお話ししていたのですが、なかなか良い物のようですね。
資金があれば買いたいところですが、少々高いですね。ヤフオクで26万即決のものが回
っていますので、そちらがお買い得そうです。
そう言えば青Gにヤフオクで出されていたCE−1200Mが修理されて入荷したようで
す。あれ良さそうなんですけどね。^^

CE2000!   投稿者:TAKE   投稿日:Sun Oct 28 02:03:17 2001
本日、大阪の某楽器店に入荷していたCE2000を試奏させてもらって来ました。

1975年製造のCE2000,サイドバックのハカランダはなんと半分柾目の
素晴らしい材、そしてヘッドの貝のインレイの美しさに、魅せられました。
全体にリフィニッシュ、ブリッジ新調と手が加えられていたのですが、久しぶりに
素晴らしい音の国産ギターに出会った感じで音もなかなか。
ゴーンと威厳があって重い低音にバランスよく綺麗な高音。よく通る、前に出る音の
ギターでした。愛用の春日も持っていって比較しましたがキャラクターの違いが
はっきり分かりました。
工作精度もばっちり、中の力木は実に細かい柾目。常識的な音のバランス。
かっちり作りこまれて頑丈な雰囲気から音の出てくる感じ。ちなみに春日はちょっと
ルーズなつくり、地味な音色。1975年ってどうやら最初期のCE2000だった
ようですね。

今まで弾いたキャッツアイの中で一番当たりというか、おなじ
CE2000でもこうも違うのかと、マニア方々のこだわりがなんだか分かりました。


ブロンズメッキの弦   投稿者:davs205d   投稿日:Sat Oct 27 13:00:54 2001
みなさん,こんにちは.

MartinのSPなんとかという弦がなじみの店に入った(地方ゆえ遅れている(^^;;)の
で交換してみました.CE-1200を買ってからずーっとマーキスミディアムを使ってい
た(頑固なヤツ(^^;;)ので,初めての浮気です.

ブロンズメッキの1,2弦は違和感(遠くからみると錆びているように見える)があ
ります.

ジャジャーンっとまずはコードストロークをしてみまし....うーん,なんかバランス
がずっこけている.どうも高域の弦の音が繊細すぎるような.....いつものカチっと
した感じが出ません.

スリーフィンガーもどうもしっくりこない.1,2弦のテンションも若干緩めになる
感じです.

うーん,やはり浮気はいけない....(^^;;

香り   投稿者:さとのしん   投稿日:Thu Oct 25 23:44:55 2001
こんにちは、話題はローズウッドの香りですね!
CE-1500の内部は、塗装はないように見うけられますので
ギターケースを開くとほのかなローズの香りがします、もう
20数年普通のことのような香りであったために、さして気にも
留めずにしていましたが、それよりも、ギターを磨くのに使用
しているレモンオイルのほうがギターに染み込んでいる様で
ローズの香りのすぐ後にほのかなレモンの香りが発ち込めます。
ほんと、いろいろな発見があって良いモノですね!

トップ材   投稿者:Levante40   投稿日:Thu Oct 25 22:41:44 2001
リンクしていただいている志賀さんと愚行連鎖さんに掲載されている材の要約を載せてみ
ました。詳しくはリンクのページから各所へどうぞ!

シトカスプルース
カナダ、アメリカ西部、アラスカ
[マツ科]木曽桧の代替として使われる。

スプルース
カナダ・北ヨーロッパ
学名 Picea sp.
[トウヒ・マツ科]常緑針葉樹、エゾマツに近い種類。
イングルマンスプルース
産地としては北米ロッキー山脈北西部でカナダ産
ジャーマンスプルース(ヨーロピアン、ルーマニア)
産地としてはヨーロッパ中央部のアルプス山脈地域
アディロンダックスプルース
産地は北米東部中地域
いわゆるレッド・スプルースで30年代のオールドマーチンに使用されていた。

ベイマツ
北アメリカ
学名 Pseudotsuga menziesii Franco
[マツ科]

勘違いでした・・   投稿者:DAIMON   投稿日:Thu Oct 25 22:00:01 2001
今、缶ビール3本目を開けたとこでTCM−300Vの香りを確認しに2階へあがってみました。levante40さんのおっしゃる通り、ほのかな香りでした。いつも飲んで抱いてるからD−45の体臭と勘違いしてました。ごめんなさい・・

失礼しました   投稿者:TAKE   投稿日:Thu Oct 25 20:16:40 2001
トップの熱い>厚い
です。なんかへんな連想が..(笑)

ギターの香り   投稿者:levante40   投稿日:Thu Oct 25 19:57:45 2001
う〜む・・・。
キャッツアイの場合概ねCE−1000以上のモデルでは内部に薄く塗装が施してあるた
め、ローズ香はしませんね。合板のCE−700・Sは薄く良い香りがします。またHD
−28は結構強烈な香りがあります。
でも家のギターではTN−035が凄いですね。何故かケースを開けておけないくらい香
り(ラッカーの匂い)ます。芳香剤としても優秀?

木目   投稿者:ウッドペッカー   投稿日:Thu Oct 25 10:03:13 2001
>TAKEさん
>やっぱり見分け方は木目につきますか? 
僕も見分けがつきません(爆)
特に最近は細分化されてますし、
「伐採された島が違う」とか言われてもねー。
個人的にはあまり気にしていないのですが 売買時に大問題になります。(笑)
自信がないときは大阪のお店の人に鑑定してもらうことがあります。

トップの熱いギターが好き   投稿者:TAKE   投稿日:Wed Oct 24 23:46:42 2001
DAIMONさんの、1984年のカタログを見て僕もびっくりしました。
スゴイですね。どんな音なんでしょう(いい女の声?)。

匂いですが、やっぱりローズの方が甘い匂いがするというより、ヤマハの
ギターが甘い匂いがするのかな(笑)。バニラエッセンスで着香したような..
っていうのはまさにその通りです。ただ、僕のはハカランダではなく、合板の
コーラルローズです。
>ウッドペッカーさん
やっぱり見分け方は木目につきますか? 僕はいまだによく分かりません..^^;)

たまたま   投稿者:TAKE   投稿日:Wed Oct 24 23:37:32 2001
>それと70年代のメーカーカタログの記載・・・(危険な発言?)

最近は時効ということで当時の人の衝撃の証言を聞いてめげていた
ところだったり...まあ愛器に変わりはありません。

うっわー   投稿者:ウッドペッカー   投稿日:Wed Oct 24 23:27:11 2001
DAIMONさん、すっごいギターをお持ちですね。FG500弾いてみたい(笑)
匂いに関してですが、ブラジル系のきっついのが好きです(冗談です)
以前所有していたヤマハL-10(ハカランダ)はバニラエッセンスで着香したような甘い匂いがしていました。
一方マーティンのハカランダ45はラッカーの匂いしかしませんでした(爆)
今ハマッテいるSD85は純粋に木の匂いがします。
弾きこみと経年によって本来の木質の匂いがしてくるそうなので楽しみです。
処で匂いでインディアン・ブラジリアンを判断するのはアテにならない思います。皆さんどう思われます?
それと70年代のメーカーカタログの記載・・・(危険な発言?)
 catbackさん 新品弾きこみ、楽しいですよ−(爆)
ノンスキャでオーバービルド(たとえばサイドの割れ止めが多い?)と云ったオーダーですので
鳴って来るまで時間が掛かる覚悟でしたが予想以上のトーンで(パワーはまだ80%かな?)
そして今日も指が痛い(爆)



TAKEさんへ   投稿者:DAIMON   投稿日:Wed Oct 24 22:52:48 2001
一番甘い香りは、D−45のイングルマントップでローズの・・これって、酔いそうな甘い香りがします。質問の300Vは、ハカランダじゃありません。66年のD−28も持ってますが、あまりにガリガリの音で好きになれません。一番好きな音は、FG−500
の暖かいけどはっきりした芯のある音です。それと、トップの厚みの件ですけど、120Sはかなり薄そうですよ。同じ時期のものですけど比較すると薄く感じます。こんど、ノギスで測ってみます。それともうひとつ、目の詰まりは音に関係しないような気がします。これは、また次の機会に。

自分のギターのトップの材質が知りたい   投稿者:TAKE   投稿日:Wed Oct 24 21:26:39 2001
以前弾いた独製のスチーブンスというギターの上位機種が猛烈に硬い?トップで
かなり強く弾かないと鳴ってくれませんでした。しかし、音の美しさ、深みは
強烈に印象に残っていたので、硬いほうがいいのか?やはり上位型番になるほど
硬いのかな?と質問させていただきました。目が詰まっている、広いは結局
音とはあまり関係ないのかな?

>catbackさん
D45いいですね。以前僕の弾いたのもけた違いの音でたまげました。
CE1200も45と対決できるくらい勝るとも劣らないとは..

>levante40さん
以前持っていたタカミネの28コピーはかなりトップが分厚くて全然ならなくて
往生しました。でも、2年くらいして突然大きな音で鳴り出したので感想
同じく、です。

>DAIMONさん
300Vはハカランダ版ですか? 僕のヤマハのローズウッドはすごく甘い匂いが
します。しかしカスガのハカランダのほうは甘いといえば甘いけどどっちか言うと
香木のような、ちょっと線香くさいような香りです。匂いで判別できそうですが
どれが本当なのか分からない..

ローズの香り   投稿者:DAIMON   投稿日:Wed Oct 24 19:10:41 2001
トップの目の詰まり具合は、昨日言いましたよね。もうひとつ、300Vはものすごく甘い香りがするんです。抱いて弾いてると、いい女を抱いてるみたいで・・おじさんは、満足です。香りは画像じゃ送れませんから残念ですけど。

だんだん鳴ってきました・・   投稿者:catback   投稿日:Wed Oct 24 18:57:14 2001
「新品の弾き込み」いいですね、新鮮な気分です。7月に買った新品のD−45、低音、高
音はいきなりすごい音がでましたが、中音が押さえ気味というか、こもったような感じで
した。
あれから3ヶ月、弾かない日はありません。多い日は5〜6時間弾きます。最近中音がモ
コモコと目を覚まし始めました。もう一息です。
本日秘密兵器のD−41('74)をリペアに出しましたので、明日からCE−1200とD−45の
対決です。(ようわからん)

ウッドペッカーさん、毎日がたのしみですね。

などなど   投稿者:levante40   投稿日:Wed Oct 24 18:05:41 2001
DAIMON 様
お久しぶりです。TCM−300V凄いんですか?画像期待しています。
家ので一番目が詰まっているのはCE−1000Sですね。HD−28はスプルースの種
類が違うらしく、かなり広めです。(爆)エゾ松もそれほど詰まってはいませんね。

ウッドペッカー 様
新品の弾き込み・・・、最近トンとご無沙汰ですね。家に最近来たのは23年前のデッド
ストック・・・。これは新品の内にに入るのだろうか?
キャッツアイはDAIMONさんが言われるようにある日突然鳴り出す時があるように思
いますね。忠実なオールドマーチンレプリカであるため、下でとみながさんも書いておら
れますが、トップが厚く(3.3ミリ)その瞬間が急激に来るのではないかと思います。

まこといち 様
初めまして。^^
書き込みありがとうございます。
そうですか、ヘッドを接いでいたときの名残なんですね。あった方が豪華で私的には好き
なんですが。家のCE−700・Sと800・Sにはありませんし、これが無くて反った
とか言うこともありませんので、強度的には全く問題がないんでしょう。

ボリーウトのこと   投稿者:まこといち   投稿日:Wed Oct 24 10:26:53 2001
20年位前にマーチンの人が来日したときに聞いたのですが、以前ヘッドとネックが一本ではなくそれぞれをつないでいたときのなごりだそうです。おそらく戦前の時のことだと思いますが、強度的にはなくてもいいとそのとき言ってました。