Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


ペグ色々   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Thu Nov 22 11:00:37 2001
etrurian さんはじめまして。
>地元の楽器屋ということですが、S○○kyですよね?
>私近くに住んでおります。ちらっと見てきました。とても外観きれいでしたね。
>ただ、値段にビビッて近寄れなかったです(笑)
はいそうです(^_^)。
店長さんの話でも結構綺麗ですヨとおっしゃってましたが、これで更に期待ができます。
あ、私が地元ではなくて、東海楽器のお膝元って意味ですので(^_^;)。
地理に疎いですが小牧と浜松って結構近いですよね?

管理人さん
>あの画像を見るとクルーソン・ゴールドかと思っていましたが、
>グローバーなんですね。
あ、スミマセン。グローバーとは店長さんはおしゃってませんでした。
クルーソンタイプのゴールドと聞いたので、
勝手にグローバーのクルーソンタイプと勘違いしてました。
もしかしたらノンブランドかも(笑)。

ペグと言えば私のギターには、
グローバー102G、シャラーゴールド、マーチンオープンバック、ゴトー
などが付いていますが、
個人的にはシャラーが一番スムーズで精度も高いと感じています。
ゴトーもシャラーに準じていますね。
グローバー102Gは何故かどのギターもテンションの影響なのか
3弦の動きがイマイチです。
又、マーチンの採用しているオープンバックは少しガタついて頼りない感じがします。

皆さんの意見はいかがでしょうか?

ねくすと大塚さん   投稿者:etrurian   投稿日:Wed Nov 21 23:44:34 2001
地元の楽器屋ということですが、S○○kyですよね?

私近くに住んでおります。ちらっと見てきました。とても外観きれいでしたね。
ただ、値段にビビッて近寄れなかったです(笑)
10日ほど前?ここで、PAIGE Capoを買いました。

CE-2000Tもこのまえ売ったヨと言われ、ヨダレが思わず。。。

102G   投稿者:Levante40   投稿日:Wed Nov 21 22:35:37 2001
ねくすと大塚 様

情報ありがとうございます。
なにしろCE−2500は個体が少ないものですから、そう言う変遷があったとは知りま
せんでした。’82年のカタログにも102Gでしっかり載っていますから、そこの仕様
変更はないものと思っていました。

これあたりは実物を確認する以外に確かめる手だてがありませんね。^^

あの画像を見るとクルーソン・ゴールドかと思っていましたが、グローバーなんですね。
グローバーのクルーソンタイプ(ああややこしい)も大変珍しいんですが。この前ヤフオ
クの方でシルバーの物を入手したら、実は糸巻きの先が割れているどちらかと言えばエレ
クトリック用で愕然としました。(爆)
先日もう一つグローバー・インペリアルを落札して今日届いたのですが、あまりに状態が
良く、どれかに付けようと真剣に悩んでいます。

CE-2500の謎でした・・・   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Wed Nov 21 22:15:49 2001
すみません、タイトルでトチリました(笑)。

CE-2000の謎・・・   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Wed Nov 21 22:14:44 2001
管理人さん 早速のご返信感謝です。

>お役に立てたようで何よりです。
>あのCE−2500良さそうですよね。
>ローズと言うには渋い色合いから柾目のハカランダ?
>とも思っていたところです。ペグがオリジナルではないように見えますので、
>そこらも評価ポイントになるかもしれませんね。

販売店に確認しましたら、やはりバックはローズの様でした。
又、あのペグは81年後半から徐々にグローバーのシールドバックに変わっていったそうです。
カタログに表示の件も確認しましたが、カタログは最後まで102Gだったそうです。
地元の楽器店さんですので、多分他店よりは詳しいと思います・・・。
いすれにしても到着したら全てが判ると思いますので、実物で判断しましょう(^_^;)。

ブリッジピン&お願い   投稿者:Levante40   投稿日:Wed Nov 21 22:06:37 2001
DAIMON 様
いい調子ですね〜。
家のCE−1000Sもエボニーに換えてあります。音が締まりますね。象牙のサドルだ
と締まりすぎてあまりうまくないようです。
アイボリー(象牙)の貝入りならパルさんの通販で購入できますよ。25千円くらいです
が。^^;
マーチンの貝入り市販品なら2千円くらいで売っていますね。エボニー貝入りだと3千円
くらいです。

投稿に際してお願いがあります。
ここのメールアドレスは、このHP用に用意した物ですが、受信に際して大きさの制限が
あるようです。概ね1通あたり1.5Mを超えると受信できなくなるようですので、大き
くても1通1M以内で送っていただくと喜びます。(メールボックスの容量は6Mです。)
また、画像は閲覧者のことを考えると1枚あたり200Kbくらいが上限と思いますの
で、出来れば150Kbくらいまでのものを送っていただくようにお願いしたいと思いま
す。

引き続き・・   投稿者:DAIMON   投稿日:Wed Nov 21 21:31:45 2001
すみません今日ものんでます。昨日の夜、TCM−120Sのブリッジピンをエボニーに
替えたら鳴りがかわったようです。トニーライスも黒のピンだから許せるけど、300V
はアイボリーのピンで貝入りが欲しいな。いいのがあったら教えてください。

M   投稿者:DAIMON   投稿日:Wed Nov 21 21:12:31 2001
マーチンと技術提携してたから、そのMだったりして・・

さてなんでしょうねぇ?   投稿者:Levante40   投稿日:Wed Nov 21 20:27:23 2001
ぎたーおやぢ 様
その時期のTCMは、TCM○○○(V・M・T)という構成だったので、モダーンのM
では無さそうですね。TCはおっしゃるようにTOKAI Cat's Eyesの頭文字と思うのです
が。
歴史的にあまり小難しい付け方はしていないので、単にModelのMだったりして。^^;

モデル名の謎   投稿者:ぎたーおやぢ   投稿日:Wed Nov 21 19:15:18 2001
ぎたーおやぢ@広島です。
キャッツアイのモデル名といえば普通はCE(Cat's Eyesの頭文字)で分りやすいですね。
私のTCMは何の略なのでしょう。Tは東海、CはCat's Eyes 、Mは?
まさか、マホガニーでは無いでしょう。(笑)
TCVのVがビンテージのVだとすればモダンのM?
確かTCM−250Tは30年代のOOO−45のレプリカのはずですから。
それに型番が3桁になったのも謎ですね。よく2万5千円のギターに間違われます。(泣)


いらっしゃいませ   投稿者:Levante40   投稿日:Wed Nov 21 18:18:34 2001
ねくすと大塚 様
いらっしゃいませ。^^
お役に立てたようで何よりです。
あのCE−2500良さそうですよね。ローズと言うには渋い色合いから柾目のハカラン
ダ?とも思っていたところです。ペグがオリジナルではないように見えますので、そこら
も評価ポイントになるかもしれませんね。

入手されましたら是非画像や弾き応えなど投稿いただくと喜びます。^^
(私も欲しかった・・・)

はじめまして   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Wed Nov 21 15:45:44 2001
管理人さん、他の皆さんはじめまして。
国産オールドアコギの勉強をしていたらココに辿り付きました。
キャッツアイの事では皆さんの足元にも及びませんが、宜しくお願い致します。
所で、管理人さんのリンクからCE-2500の在庫が見つかり、現在ホールドしています。
(管理人さん感謝(^_^)
月末にも入手予定ですので、届いたら画像など提供させて頂きます。
現在某オークションでTCM-200Mが出品されていますね。
あれも狙って居たのですが、前述の様な事で予算が無く、今回は見送りとなりました。
では今度とも宜しくお願い致します。
http://www2.wind.ne.jp/yonext/guitar/guitar.htm

CE−800   投稿者:クロノス   投稿日:Tue Nov 20 20:50:18 2001
私のCD−800は微調整の為に現在入院中ですので退院したら書き込みます。(^^;;

なるほど   投稿者:Levante40   投稿日:Tue Nov 20 17:53:18 2001
ウッドペッカー 様
いつも有用な情報ありがとうございます。^^
そうですか、ハミングバードは存続していたのですね。キャッツアイが出来た時点でこの
ブランドは無くなったものとばかり思っておりました。
ハミングバードの型番WとCEの区分が分かった気がします。

そうすると、クロノスさんの疑問も大体解ける訳ですね。
CE−800がハカランダ材を用いていたのは’76〜’78の間ですからほぼその線上
にあることになります。これは発見ですね!キャッツアイよりマイナーなハミングバード
に、掘り出し物があるかもしれません。
ところでクロノスさんのCE−800のシリアルはどういう構成でしょうか?キャッツア
イはご存じのように下2桁が製造年になっておりました。後年上1〜2桁で表しているよ
うですが。

ハミングバード   投稿者:ウッドペッカー   投稿日:Tue Nov 20 09:59:37 2001
参考にならないかもしれませんが
昭和60年位まではショップオーダーでハミングバードブランドで
一部存在していました。
長野県上田市にヤナギヤ楽器というギターショップが当時ありまして
そこで扱っていたもので記憶にあるのが
3〜15万円のモデルでした。
キャッツアイより多少装飾をはぶき、
材を1ランク上の物を使っていたように記憶しています。

ハミングバードCE−800   投稿者:クロノス   投稿日:Tue Nov 20 09:33:35 2001
しかしCE−800はキャッツ・アイブランドで発売された時点ではバック・サイドは
ローズ材です。
それからも再三仕様変更をしていますのであまり参考にならないんですよね。(^^;;
しいていえば77年あたりのものが近いのかも・・・。
この機種のカタログって存在しないのかな?

ヘッドにロゴが無くラベルにハミングバードと記載されている同機種も存在するよう
ですしプロトに近いのかな?

ハミングバード   投稿者:levante40   投稿日:Tue Nov 20 06:23:44 2001
クロノス 様
初めまして。
ハミングバードのCE型番は、おそらく初期のキャッツアイと同じ物と推測されます。従
って製造年は’74〜75年前半くらいになろうかと思います。
ハミングバードの型番は70年代初頭でW−***(家のカタログでは300まで)です
ので、W−300より上はキャッツアイになる直前のモデルのようです。それからキャッ
ツアイプロジェクトが始動する頃にCE型番に移行したものと思われます。

訂正   投稿者:クロノス   投稿日:Tue Nov 20 01:33:15 2001
CD−800→CE−800です。m(__)m

ハミンギバードCE−800について   投稿者:クルノス   投稿日:Tue Nov 20 01:30:03 2001
東海楽器がキャッツアイブランドになる以前のハミングバードCD−800を所有しています。(75年からがキャッツアイブランドだからそれ以前の製造ですね。)
正直古すぎてこのギターのスペックが良く解りません。
トップがスプルース、サイド・バックはハカランダでバックは3Pデザインとなっています。
サイドには割れ止めが無いのでサイドは合板と思われます。
バックに関しては単板か合板か不明です。
見た目に関しては一時期CE−1500でハカランダ単板を使用してバックが3Pだったものにそっくりです。
何か情報をお持ちの方がいらっしゃいましたらご一報お願いいたします。m(__)m

音は素晴らしく忠実にマーチンをコピーしているようで私が所有しているHD−28(83年)と充分肩を並べる音が出ています。
今自分はハミングバード(キャッツアイ)CE−800、Sヤイリ YD−306、Kヤイリ DY−18と保有していますがどれも素晴らしく決して国産の技術もマーチンに劣らないレベルだったと思っています。

間違い・・   投稿者:DAIMON   投稿日:Mon Nov 19 20:49:18 2001
さっきのモラレスはBM−70に訂正します。今日も飲みすぎか?