Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


楽器屋さんの売れ筋商品   投稿者:Kouji   投稿日:Sun Dec 16 19:53:05 2001
 70年代、御茶ノ水の楽器店では、それぞれ代理店との繋がりがあったためか、力を入れていたもの(売れ筋)が異なっていました。例えば、「○橋楽器店」はヤマキ、「○倉楽器店」はKヤイリ、「○瀬楽器店はマーチン、国産ではSヤイリ、キャッツアイ」という具合でした。「○澤楽器店」については記憶にありませんが、クラシックギターが沢山置いてあるとのイメージでした(いずれも、あくまで記憶とイメージです)。

>ねくすと大塚さん
 ヤマキのD45レプリカの画像楽しみです。

>catbackさん
 そうですか、インレイを入れると30万円ですか、諦めました(即断)。本家のD-45は、程度の良い中古でも50万円台で入手できますのから…。


ラージホールの音色   投稿者:ぴーたー野郎   投稿日:Sun Dec 16 17:29:45 2001
>管理人様
クラレンスは録音としては35年製D−28の音をあまり残していないので私も聞いたことはありません。トニーライスなら「TONE POEM」で聴いています。このCDでは例の35年製D−28のほか52年製D−28やサンタクルーズのトニーライスモデルも弾いているので、比較には良いと思いますので、あくまで私の個人的な見解として感想を述べさせて頂きます。トニー本人はラージホールであることはサウンドには影響ないと言っています。また、トニーは確か6弦だけやや太めの特製ゲージを張って使用していますので、純粋には比較できないのですが、やはりサウンドは違うと思います。
35年製D−28はやはり中音域が大きいです。特にGランなどは他のギターよりはるかにパワフルな音がしています。ただ、同じ中音でもさすがにラージホールということもあってか、ボーンと深く響くよりはバーンという開けっ広げな感じだと思います。奏法にもあるのでしょうが、逆にその分高音は散ってしまっているような感じがします。それに比べて52年製D−28の方が全体的なバランスがよりソフトで低音から高音までシャリーンと鳴る感じです。サンタクルーズは開放的な音ですが、バランスも良くやや52年製よりの感じです。
実は、各社が発表しているラージホールモデルはサウンドホールの直径がマチマチで、中でも一昔前はマーチンのHD−28GMが一番直径が小さく(今のLSVは知りませんが)、サンタクルーズも35年製よりも少し小さいはずです。また、トップやバックの材も各社違いますし(35年製はアディロンダック、サンタクルーズはジャーマン)、ブレーシングなども違うでしょうから、各社それぞれ違って当然だと思います。確か、我らがキャッツアイのTCM120Sとかは逆に直径が大きいと思いました。
管理人さまのCE1000Sはどうでしょうか? 初期型は指板がホールに飛び出ていないのでどうなのでしょうか?(因みに35年製は115.9mmですよね^^)
キャッツアイはどちらかというと低音がやや薄いので、もしかしたら高音も散って中音が飛び抜けて聞こえるのかもしれませんね。
機会があったら是非お聴きしてみたいです。
蛇足:因みに私はギターではなく東海シグマ(たぶん)のバンジョーならあります。

アンディアーヴァイン聴いてまいりました   投稿者:TAKE   投稿日:Sun Dec 16 16:56:25 2001
>ねくすと大塚さん
75年のF1150って、スゴイですね..!文章では書きにくいでしょうけど、
音はどんな感じですか? ハカランダ単板モデルですよね。

L−5、僕も持っていますが、さすがにヤマハは頑丈で音色バシッと決まっていて
安いやつでも素晴らしいですよ、走られた気持ちもよく分かります(笑)。

>catbackさん
ヤマキカスタムって2万5千だったんですか。僕の見た分はトップ単板でした。

その70年代雑誌にワタクシのカスガギターに関するコメントは載ってませんか?

>管理人さん
アップされたキャッツアイの資料見ました!非常に若者口調で語っているようですが、
当時、書いてた側も20代だったとか..?
どんどん資料価値にあふれたHPになっていってますね。



ヘビーゲイジ   投稿者:catback   投稿日:Sun Dec 16 16:45:25 2001
ぴーたー野郎 さん
CE−1000Sが発売された頃、私のギター人生、黄金期でした。ヤマキ、ヤマハの12弦、
CE−1200、D−41で怖い物無しでした。当時つけていた使用ゲージ名簿(暗い正確で
す)を見るとCE−1200には1978年夏頃にはほとんどヘビーゲージを使っています。
それでガンガンストローク、フィンガーピッキングも、12弦でもフィンガーピッキングで
フォークとS&Gに狂っていました。キャッツアイにヘビーゲージ、結構いけました。

それと下に書きました70年代の雑誌の記事にぴーたー野郎さんの愛器スリーSのW300も
載っていました。コメントは「スタイルはマーチンD−45タイプモデル 価格も手頃」と
なってます。当たりさわりの無いコメントです。

DUCKBILL さん
D−45復活おめでとうございます。
ちなみにゲージは何をお使いですか。私のD−41('76)は今年の春ごろから先々月までラ
イトでしたが、リペア後、弾きやすくなったのでミディアムゲージを使っています。まる
でライトゲージの様に弾けます。
シャブのカポ、私のは銀色です。金色は臭わない(これは納豆ですか)
2つも買うと弟さんに狙われますよ。

ねくすと大塚 さん
D−41のゲージは何をお使いですか。
私のD−41には今、マーチンの80/20ブロンズが張ってあります。フォスファーはなぜか
合わないような気がします。
D−41のブリッジプレートはボロボロです。

Koujiさん
74年といえば私が高校3年でヤマキカスタム(25,000円)を買った年、ちょっと羨ましい
です。レギュラーモデルに45タイプの貝のインレイを入れると30万円ほどかかるそうです
よ(東○楽器)

一夜明けて・・   投稿者:DUCKBILL   投稿日:Sun Dec 16 14:42:04 2001
ねくすと大塚様
はじめまして。 よろしく御願いします。
HP拝見させて頂きましたよ。 素晴らしい子達ですね。
私はあれ一本ですので、ある意味、楽なんですが・・(笑)

実は昨日帰ってきて弾き出した感じではバナナムーンさんの、あのコメントは、相当オーバーだな(笑)と、思っていたんですが、今朝弾き出したら・・コメントどおりでした(爆)  ちょっと怖いくらいですね。 いままでとは、まったく別物みたいな響きです。 おもわず「TEACH YOUR CHILDREN」を弾いちゃいました(汗)

いよいよ国産アップが始りましたね   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Sun Dec 16 12:57:58 2001
管理人さん
「珠玉の 国産 Guitars」のアップおめでとうございます(^_^)。
私もヤマキになっちゃいますが後にアップをお願い致します(笑)。
10月にYM1000(D-41レプリカ)をゲットしたのですが、
先日ヤフオクで75年のF-1150(多分当時15万円?)の
D-45レプリカが落札出来ましたので、
こちらも到着次第一緒に投稿致します。

DUCKBILLさん
はじめまして、管理人さんのお兄様なんですね。
D-45修理の記事拝見しました。
物凄い鳴りのD-45らしいですね、羨ましい(^_^;)。
ギターは修理しながら使う物という言葉、心に染みます。
今までギターの価値ばかりに囚われて、
消耗品も交換してはイカンという気持ちになっていました。
私も調子が悪いギターは専門家に見てもらおうと思います。
それで鳴りが良くなれば最高です。

Koujiさん
ヤマキ拝見しました。
私も同年代ですが、中2の時親にねだってヤマハのL-5を買ってもらいました。
確かケース別で35千円だったと思います。
親に出して貰えるのはそれが精一杯だったですが、
中学生が使うには少々贅沢なギターでしたね。
その頃マーチンレプリカは数多くありましたが、
その当時私はヤマハに走ってしましました(笑)。
現在はヤマハには全く興味がなく、国産マーチンレプリカを集めています。

ミディアム&ヘヴィ   投稿者:levante40   投稿日:Sun Dec 16 12:21:52 2001
ぴーたー野郎 様
これ笑っちゃいますよね。^^
キャッツアイがミディアム&ヘヴィを張れるのは、通常のXブレイシングと厚めのトップ
板にあります。マーチンの本を読んでいたら通常のXブレイシングと組み合わせるのは少
し薄目のトップ板、スキャロップだと少し厚めの板と記述がありました。ミディアム・ゲ
ージまでを想定して初期の鳴りを考えれば当然こうなるのでしょうね。

>キャッツアイのギターはアメリカなんかではどう評価されてるんでしょうか?
これ私も知りたいですね。でも輸出仕様はシグマブランドでしたので、数多く渡ってはい
ないと思うんですよね。今持っていったら結構高い評価になりそうですが。

ところで、私はクラレンス・ホワイト(トニー・ライスでも可)のCDを聞いたことがな
いのですが、彼のD−28LSHはどんな音なんでしょうか?キャッツアイのは中音域が
良く出る明るい音なんですが。何方かご存じの方教えてください。(5thで聞いたとき
には、他ブランドの物(シーガル)はそうでもないよと教えていただきましたが。

70年代の音楽雑誌・・・   投稿者:ぴーたー野郎   投稿日:Sun Dec 16 01:27:00 2001
後藤さんの資料、興味深く拝見いたしました。私もやっぱりクラレンスホワイトモデルの宣伝は笑いました。今や本家でさえ"USE MEDIUM GAUGE OR LIGHTER、 STRINGS ONLY"なのに、ミディアム・ヘヴィONLYとはすごい時代ですね。
しかし、すぐにエグザクト・コピーに使用変更したのもなんか納得いきますね。意表を突いたつもりだったんでしょうね。モデルがモデルだけに"大穴"狙いということなんでしょうか?(爆)
ところで、資料の中に"日本のギターは世界最強のギターだ"とか書いてありましたけど、キャッツアイのギターはアメリカなんかではどう評価されてるんでしょうか?

退院・・   投稿者:DUCKBILL   投稿日:Sun Dec 16 00:01:00 2001
弟の既報の通り(笑)今日、バナナムーンさんより目出度く連れて帰ってきました。
(修理内容にご興味のある方は、お店のHPを参考になさってください)
弦高が下がった事で随分弾きやすくなったのはもちろん、低音がオッ、っと思うほどシッカリ鳴るようになりました。
ゆるやかな経時変化は、使っている本人にはかえって判りづらいもので、定期的に信頼出きるところで診てもらうことが、大切だなぁ、と実感しております。
あまり「オリジナル」には拘らないほうですし、音が第一ですからね、ギターは・・
修理に持ち込んだ時、来店されていた常連さんが、今日もおられて「ギターは修理しながら使うもんだよ・・」と仰っていたのが印象に残っています。

ところで、ついでにシャブのカポを購入したのですが、これには「金色」のと「銀色」のがあって、それぞれ音が違います(爆) ってことで、両方買っちゃいました。

お礼   投稿者:Kouji   投稿日:Sat Dec 15 22:34:48 2001
管理人様
Ymakiの画像アップにつきましては、早速のご対応、そして当方の個人的な拘りをお許しいただき、有り難うございます。
ギターへの拘り、愛着というのは人それぞれで、だからこそギターに関して多くのHPが開設されているのだと思います。
今回アップしていただき、多くの方に見ていただければ、このギターのこれまでの働きに対して報いてあげたような気がします。
本当に、有り難うございました。



それ以外のこと?その商品の事?   投稿者:TAKE   投稿日:Sat Dec 15 14:38:30 2001
>1976年某誌の記事より
笑いました。ある種、正直な時代だったのでしょうか。

ブリッジプレート   投稿者:Levante40   投稿日:Sat Dec 15 13:10:17 2001
ねくすと大塚 様
兄のD−45(’79)のリペアが上がりまして、やはりブリッジプレートが傷んでいた
ようです。これは消耗部品ですので、古いギターではある程度致し方ないと思いますね。
フルオリジナルへのこだわりは皆さんあると思いますし、交換はどの程度痛んでいるかに
もよるでしょう。
家のは、かなりボールエンドがめり込むようになっていて、下手をするとトップ板まで傷
つく可能性がありましたからね。交換やむ無しでしょう。同年代のCE−2500の方は
まだ大丈夫(多少痛んでいます)だったので、交換までは至っていません。でもボールエ
ンドから巻の長い弦はサドルに干渉しますので、ねくすとさんと同じくボールエンドを幾
つか通すことがありますよ。
デジカメで内部を撮影してみると怖い画像が見られます。^^;
(でも一度ちゃんと撮っておくとブレーシングなどのはがれを早期に発見することができ
ますよ。)

珠玉の70年代国産ギターコーナー2   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Sat Dec 15 11:58:45 2001
Koujiさん
私も「珠玉の70年代国産ギター」コーナー支持します(^_^)。
年齢的に70年代のギターには思い入れがいっぱいあります。
定期的に国産オールドギターをコレクションして行く積りですので、
資料も提供出きると思います。
管理人さんもご協力お願い致します。

管理人さん
私のギターもブリッジプレートをちゃんとチェックした方が良さそうですね。
D-41だったか、サウンドホールから手で触った事があるのですが、
ささくれ立って居ました(笑)。
多分CE-800Sと同じ状態ではないかと・・・(怖)。

とみながさん
凄い状態のギターを落札されたんですね(笑)。
しかしご自分で修理できるというのは感心致します。
私は以前ナチュラルトップをサンバーストに塗り直しの暴挙をした事があります。
塗装面がガタガタになり、ツヤも無いへんてこなギターに仕上がりました(爆)。

70年代の音楽雑誌   投稿者:catback   投稿日:Sat Dec 15 10:53:42 2001
後藤さんの資料見せて頂きました。'75 初頭のヤングギターの広告ですがCE−2200と書
いてある部分の横にある猫のマーク。私はずっとあのマークは顔だけだと思っていました
が、胴体もあるとは涙がでました。感激、拍手です。(超マニアックなネタですみません)

私の持ってる70年代の音楽雑誌を見ると、ギターを紹介する記事ではたいがい、「高音の
伸びが良い」とか「豊かな低音」とか「クリアーなサウンド」等言い尽くされたコメント
ばかりですが、中には書く事が無くなったのか、おもしろいコメントが添えられています。

1976年某誌の記事より
ヤマハ FG−151 はじめてギターを持つならこの程度でも
ジャンボ J−65  安いギターに飛びつくのが初心者。ギターは先のことも考えるとあまり安いものは考えものだ。
アリア J−40S  ギターを選ぶ時はオクターブが合っているかどうか確かめることが大切
ジャガード CE−400 手頃なところでと、安物を買ってしまってはあとでつまらない。
スリーS W−250 初心者でも最低このぐらいのギターを選んでほしい。
カンサス KW−150 ドレッドノートをコピーしたギター。外見では、ちょっと負けないけれど。

このコメント、ほめてるんでしょうか、けなしてるんでしょうか。

CE−2200   投稿者:Levante40   投稿日:Sat Dec 15 09:11:30 2001
後藤さんから提供いただいた資料の中に’75初頭のヤングギターの広告があります。
カタログ製作前の物ですが、型番にCE−2200というのが見えます。実際には製作さ
れなかった(カタログに無い)と思うのですが、この辺は実に面白いですね。
そう言えば志賀さんのHPにハミングバードのCE−800が載っていて、キャッツアイ
のためのプロト・モデルとありました。ここでは珍しいカスタムモデルもお持ちだったよ
うですので、一度覗いてみると面白いと思います。

歓迎しますよ ^^   投稿者:Levante40   投稿日:Sat Dec 15 00:29:36 2001
Kouji 様
ご提案ありがとうございます。
投稿規定を読んでいただくと分かりますが、何か面白い物があれば送っていただくと自動
的(手動的?)にコーナーが出来上がります。(爆)
今のところ題目に紛れて他のブランドのものの投稿がありません。^^;
これはと思う物(でなくても良いですが・・・)の画像を送っていただければアップしま
すよ。^^

「珠玉の70年代国産ギター」コーナー   投稿者:Kouji   投稿日:Sat Dec 15 00:08:27 2001
管理人様
 「珠玉のCat's Eyes Guitars」のコーナーの他に「珠玉の70年代国産ギター」といったコーナーを開設していただけますでしょうか?
 当方、高校生の時に購入し、ずっと愛用し続け、今でも大事に持ち続けているYamaki F-170の画像を是非アップさせていただきたいからです。恐らく、キャッツアイに愛着を持っている方には、他の国産メーカーの製品を大事に使っている方も多いのではないでしょうか?
 ヘッドウェイやSヤイリといったメジャーなものもいいですが、ジャンボ、ブルーベル、アリア、GHタムラ等、当時、キャッツアイよりは身近であったギターをもう一度見てみたい気持ちもあります。
 もちろん、このHPの主役はキャッツアイなので、あくまで「脇役」的な位置付けとしてです。
 

弦の止め方2   投稿者:Levante40   投稿日:Fri Dec 14 18:41:51 2001
とみなが 様
手元に来たんですね。落札おめでとうございました。
しかし凄そうですね。見た感じ高温で溶けたのでは無いかと思っていたのですが、実際は
どうなんでしょうね。ニカワで組み立てたD−28などは、車のトランクとかに夏場入れ
ておくとキット状態に戻るそうですから・・・。(爆)
また全修復の過程を期待しております。(希望者がいなければ102Gを適価で引き取り
ます。^^)

ねくすと大塚 様
私も従来東海楽器推奨の方法で張っておりましたが、その結果CE−800Sのような状
態(画像参照)に立ち至りました。薄いボールエンドだとどっちにしてもめり込むので、
最近は厚めの物(M2100とかMSP3100とかマーチン系)を使用しています。
ペグ側は折り返しますよ、巻弦まで全部。プロの方は時間との勝負なので、折り返しなど
の作業はされないのでしょう。折り返せば、張るのに時間はかかるものの、殆ど滑りませ
んし、巻く回数も多くなくて済みます。特にクルーソン系のヤツはペグポストが短いので
たくさん巻くと不細工ですし・・・。^^;

joseさんから画像を提供いただきましたので、土日のところでアップします。また、広島
県の後藤さんから70年代の雑誌の広告を提供いただきましたので、一括アップします。

CE−1500 ’79年   投稿者:とみなが   投稿日:Fri Dec 14 16:03:52 2001
ヤフオクで落札しました。ジャンク品でトップはがれ、力木はがれ、バックはがれ
ブリッジ浮き、バインディングはがれ、フレット浮き、ラッカー塗装ボロボロという
状態でした。とりあえず塗装をはがし、バックをはずし、力木を接着し直しました。
ほとんど組み立て直しなのでとても遠い道のりになりそうですが、頑張って完成させ
たら、また写真と一緒に送ります。中身が全部見えるので良い資料になるかなと・・・
ちなみにトップはエゾマツ単板;涙もののいい材使ってます。サイド、バック;
ハカランダ単板;割れや狂いはなく上々です。ペグは102Gですが、ウェバリー
に交換する予定です。ここまでやってオリジナル保ってる意味もないので・・・
102Gは結構きれいな状態で付いてましたので(若干キズ有り程度)必要な方
どうぞ、適価でお譲りしますのでご連絡下さい。

弾き比べ   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Fri Dec 14 09:46:13 2001
Koujiさん
>当方、茨城県在住ですので難しいかも知れませんが、
>機会があれば持ち寄って弾き(見)比べてみたいですね。
したいですね(^_^)。
当方群馬県です。機会が有ったら是非やりましょう。
北関東自動車道が全線開通しましたら行き来も楽になりますね。

どなたかお近くの方で、今後購入の参考に私のギターを弾いて見たい方は
当方にお立ち寄り頂ければ対応させて頂きます。
通販で購入する場合など、音はギャンブルですからね(笑)。
http://www2.wind.ne.jp/yonext/guitar/guitar.htm

弦の止め方   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Fri Dec 14 09:36:40 2001
管理人さん
>弦の交換は、最近バナナさんに勧められた方法にしています。ボールエンドが回る方向に
>ブリッジプレートに当てています。東海楽器のカタログで悪い例とされてる方です。^^;
ええ、そうなんですか。
私もキャッツアイカタログに書かれた通りの方法で止めてます。
回転方向にするとピンが滑って飛び出しやしないかと思っていました。
それと必ず古い弦のボールを外して弦に通して止めてやると、
ブリッジプレートに水平に当るので痛める事が少ないと思います。

ヘッドの弦の巻き方ですが、皆さん切端の折り返しをしていらっしゃいますか?
プロに調整に出して返って来ると、折り返しはせずに穴に通した弦の上を1度回して、
下に巻いた弦と挟む様に止めています。
正しい方法なのか判りませんが、スティール弦の場合殆んどスリップしないので
この程度で良いのかと思いました。