Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


お気をつけて   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Fri Dec 21 13:58:24 2001
ミッキーさん
お気をつけていってらっしゃい。
無事の帰国を祈念しております。
じゃないとカタログ見られないですから(爆)。

catbackさん
貴重な情報ありがとうございます(^_^)。
アコ○基地さんに現在もYM-2000の在庫がありますが、
ヘッドにはマー○ンの縦ロゴをあしらって有るそうです。
勿論改造しての事だそうです。
それを買おうかと思っていましたが、バックはローズとの事で諦めました(^_^;)。
R1150なるギターの在庫も見えますね。私のと殆んど同じ仕様なんでしょうか?
YWの方はレトロ○ザールさんに在庫がありました。
おっしゃる様にバッファローマークとハンバーガーポジションです。
なかなか良さそうなギターでしたよ。

ウッドペッカーさん
私はギターを弾く部屋はエアコンです。
怖いので冬場のみ加湿器を置いています。
湿度計が無いんで本当に適切な湿度か判りません。
ちゃんと湿度計買わないとまずいでしょうね。

Koujiさん
お褒め頂きありがとうございます(^_^)。
国産のギター製作が盛んになったのは70年以降ですから、
マーチンの様に柾目の材は殆んど残ってなかったのでしょうね。
製作家に因ると板目は柾目より材が動きやすく、扱いづらいそうです。
それで時間が経つとクラックが出やすいのでしょう。
現在では板目以外手に入りませんから、D-45GEでさえ板目を使っていますね。
最近ではハカランダの代わりにホンジュラスローズなども使われていますね。
ハカランダに色も木目も良く似ています。

ヤマキのカタログUPの件   投稿者:ミッキー   投稿日:Fri Dec 21 12:30:45 2001
大塚様、koujiさま
カタログの件了解です!といいたいところなんですが
実は私明日からニューヨークに仕事で出かけることに
なってます
この時期によりによってニューヨークですよ!!
もしも無事に帰ってくることができました暁には
カタログをアップさせていただきます
もしも、何かありましたら諦めてください(笑)
ということで、みなさま素敵なクリスマスをお過ごしください

時間があればギターショップをのぞいてこようかな?っと・・・

ヤマキYW   投稿者:catback   投稿日:Fri Dec 21 11:22:08 2001
ちょっとお先に説明を
1976年日刊スポーツ出版社刊の「楽器の本」にヤマキのギターが載ってました。
ねくすと大塚さんの YM−1000 が D−41 のコピー、YM−2000 が D−45 のコピーで
す。YM−500 と YM−800 はバックが3ピースで D−35 のコピーのようです。弦はなつ
かしいダルコです。

YWシリーズはヘッドにヤマキの文字と近鉄バッファアローズのマークみたいなYのマーク
があります。ポジションマークは具が横に飛び出したハンバーガーの断面(説明しにくい
です。想像してください)みたいなマークです。弦はこれまたなつかしいラベラです。

管理人さん
ウッドペッカーさん
今日も今からギターを弾こうと思うのですが、室温11度、ギターを置いている部屋は8
度。それでもやはり、すぐにギターを取り出さないで室温で解凍?してからの方が良いですね。

暖房   投稿者:ウッドペッカー   投稿日:Fri Dec 21 09:47:34 2001
今年からガスヒーターを使っています。
ガスは燃焼時に水分を出す為、エアコンよりギターにやさしいみたいです。
40%〜50%をキープしてくれています。
エアコンの時は25%〜35%(爆)でした。

これこそハカランダ   投稿者:Kouji   投稿日:Thu Dec 20 22:18:41 2001
ねくすと大塚さんのヤマキの画像見させていただきました。
サイド・バック材のハカランダは「凄い!」の一言です。
当方にとっては、柾目ではなくて、この板目こそがハカランダそのものですから。
ところで、ヤマキの型番についてですが、当方が知っている70年代前半頃は「F-○○○」というもので、「YW-○○○]というのは記憶にありません。「F-1○○」は6弦、「F-2○○」は12弦、そしてF-170であれば、6弦の7万円であったように記憶しています。
そう言えば、当時、ヤマキのカタログを見た覚えがありません。
ミッキーさんの所有されているものを見せていただければ、有り難いです。



うれピー(^_^)   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Thu Dec 20 21:58:25 2001
今時「うれピー」なんて言ってるの聞いたこと無いですね(^_^;)。

ミッキー様
ヤマキカタログの件感謝致します(^_^)。うれピー(爆)。
管理人さんのHPが容量オーバーで叶わなければ、私に直接送って頂ければ幸いです。

それと当方のヤマキ投稿ページに管理人さんのアップのヤマキ仕様一覧がありましたが、
YM-1000は単板では無い記載がありましたが、マジマジと見るとやはり単板の様でした(^_^;)。
やはり当時国産は仕様変更はお手の物だったのでしょうね。

ヤマキのカタログ2   投稿者:Levante40   投稿日:Thu Dec 20 18:25:46 2001
ミッキー 様
>こちらのHPにご迷惑でなければスキャンして
>お送りしますが・・Lavante40さまいかがでしょう?
ありがとうございます。
何とかしますので、送ってもらってかまいませんよ。
皆さん見たいでしょうし。^^

TAKE 様
catback 様
家ではファンヒーターを使って室温を上げています。手が冷たいと動かないので。^^;
ただギターを出すのはファンヒーターを切ってから1時間ぐらいして、ギターが室温くら
いまで暖まった後ですけどね。

ヤマキのカタログ   投稿者:ミッキー   投稿日:Thu Dec 20 10:54:16 2001
>大塚様

ダイオンの総合カタログとヤマキのみのカタログを
所有しています
こちらのHPにご迷惑でなければスキャンして
お送りしますが・・Lavante40さまいかがでしょう?

カタログ欲しい・・・   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Wed Dec 19 16:04:24 2001
カタログの話題が出ていますが、
私も全くカタログを取っていなかったので、
今頃になってヤフオクで必死に探しています(笑)。
ヤマハの70年代のカタログに1万円以上の値が付いたのにはビックリしました。
現在所有しているのはいずれも80年前後ですが
キャッツアイ(こちらにも同じ物がアップしてあります)、
Kヤイリ、Sヤイリ、モーリス、ヤマハ です。
ヤマキがどうしても欲しかったのですが、全然見つかりませんでした。
どなたか見つけたら教えて下さい。

古いカタログ   投稿者:catback   投稿日:Wed Dec 19 11:03:10 2001
後藤さん
丁寧なご説明ありがとうございました。さっそくMule skinnerを聞いてみます。
私も70年代は楽器店へ行くと片っ端からカタログを貰ってきたカタログマニアでした。
家には山の様なカタログがありましたが、78年にマーチンを買った時、もうギターを買う
のは最後だと思いカタログは全て捨ててしまいました。もったいない話です。ひょっとし
たら記憶に無いだけで「ザ・ギター・ガゼット」も混ざっていたかもしれません。

音楽雑誌も新譜ジャーナル、ヤングフォーク、ヤングギター、ガッツ、ヤングセンス、ギ
ターブック等相当数持っていたのにアパートが狭くて全部二束三文で古本屋に売ってしま
いました。本当にもったいないです。

TAKEさん
私も暖房入れない派です。今からギターを弾きますが、室温は12度で、ジャンパーを着てます。

すんません   投稿者:TAKE   投稿日:Wed Dec 19 01:05:05 2001
それから、catbackさん、わざわざ見ていただいてありがとうございました。

わが家は暖房を入れてないので、最近指がかじかんでほとんどギターを弾いてない
です..いかんですねえ。弾くときだけ特別に暖房を入れることも考えたのですが、
人間には良くても、冷え切ったギターに悪そうで..。

カタログは有名なのに..   投稿者:TAKE   投稿日:Wed Dec 19 00:59:35 2001
>ミッキー様
わあーカタログ見たいです!どんなバージョンですか?オレンジ色の表紙で、テラス
の椅子の上にギター、マンドリン、バンジョーを立てかけた写真で、その3種が
載っているカタログなら持っているのですが..これ以外はみた事が無いのです。

素材の良し悪しは私はわかりませんが、塗装はほんとうに下地からオイルニスの
刷毛塗りです。

ところでトップページのギター画像にただならぬオーラ?を感じ、解説を見たところ
..なるほど、納得であります。すばらしいですね3000。

BG−150   投稿者:Levante40   投稿日:Tue Dec 18 22:38:39 2001
ミッキー 様
お久しぶりです。^^
BG−150、アコ○基地さんにありますよ。265千円と少々値は張りますが・・・。

クラレンスなど   投稿者:後藤   投稿日:Tue Dec 18 22:34:28 2001
catback様
>17〜18年前に兄が友人から借りてきたMule skinnerを録音したテープがありますが、こ>のアルバムのギターは全てクラレンス・ホワイトが弾いてるのでしょうか。
muleskinnerのTV物は私もジェネレーションの低いブートを同じ頃入手し、腐るほどコピーした覚えがあります。80年代に日本の某レコード店製作とおぼしき粗悪な、このLPが出されましたが、近年TV放映以外のカットが入ったCDとTV放映と同内容のビデオが発売されています(CDは日本盤も出ていますし、ビデオも日本のBOMなどで入手可能です)。ギター・ブレークは全てクラレンス、リズム・ギターはピーター・ローワンです(ピーターから聞いたのですが、二人は63年にボストンのクラブ47で初めて出会ったそうです)。現在、ハーフ・オフィシャルを含め、クラレンス関係の音源は多数CDで入手可能です。いい時代になりましたね。
>「ザ・ギター・ガゼット」が紹介されていました。当時楽器店に置かれていたのでしょ
>うか。
私は広島県福山市の楽器店で多くは入手しました。VOL.6、7は福山にはなく、広島で入手したので、私の住んでいた地域ではどこの楽器店にも置いてあるものではなかったんだと思います(VOL.6のカバーは恐れおおくもGENE PARSONS提供のフランケンを抱えるクラレンスの写真でしたので、3部位かためていただいて帰りました)。「メーカー直送、Shop直送のマガジン」は偽りなく、私はどちらからも直送いただいたことになります。70年代から80年代初期にかけてはアコギ関係は現在と同様に充実していましたので好みのカタログや雑誌だけを手元に残していましたが、ここ10数年は楽器店へ行く度にエレクトリックも含め、くまなくカタログはいただいております。できるだけ、本や小物を購入するようには心がけています。現在も地方の楽器店回りをすると、ギターだけではなく結構古いカタログも入手できます。できるだけリバイバルのギター親父のフリをしています。



THE KASAGAのカタログ発見!   投稿者:ミッキー   投稿日:Tue Dec 18 22:16:48 2001
古いカタログを見ていたらカスガのブルーグラス系の
カタログを発見しました
ギターはBGー150とBG−100のみです
両方ともオイルフニッシュをかなり強調しているようです
素材はスペックを見る限りかなりのもので
Xブレイジングとアリ溝式のネックや塗り込みのPG
特に150は本ベッコウとのこと
はああ・・・買っとけばよかった(笑)

クラレンス・ホワイト   投稿者:catback   投稿日:Mon Dec 17 21:53:55 2001
クラレンス・ホワイト
17〜18年前に兄が友人から借りてきたMule skinnerを録音したテープがありますが、このアルバムのギターは全てクラレンス・ホワイトが弾いてるのでしょうか。

TAKEさん
遅くなりまして。残念ながらカスガは載っていません。家にあるギター関係の資料を全て見ましたが、BG−100、BG−120、BG−150の写真とスペックのみしかありませんでした。カスガに関する情報は非常に乏しいですね。

後藤さん
昭和55年の音楽雑誌を見ていると「メーカー直送、Shop直送のマガジンを見逃す手はないぞ」というコーナーに「ザ・ギター・ガゼット」が紹介されていました。当時楽器店に置かれていたのでしょうか。

DUCKBILLさん
ライトゲージですか
ミディアムゲージばかり弾いていて、たまにライトゲージのギターを弾くと、なんやこの弾きやすさはと感じますね。私のD−45は'01モデルですので最初からライトが張ってあり、大変弾きやすいです。ジャラーンと弾いた時は腰が抜ける程良い音がするのにストロークをガンガンやってもあまり良い音に聞こえません。あまりガンガンストロークには向かないギターなんでしょうね。
カポで音は微妙に変わるとは、金のシャブ探してみます。

ねくすと大塚さん
やはりライトゲージですか
普通のブロンズは70年代の音がするような気がしますのであえて80/20のブロンズを張ってます。ミディアムでストロークガンガンです。

ヤマキの型番   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Mon Dec 17 18:06:28 2001
管理人さん
>ヤマキF1150の画像期待しております。
>the original guitarsに1100が2本出ていますね。なかなか良さそう。^^
今日送金しましたので、1,2日で届くと思います(^_^)。
NO.1100はなかなか良さそうですね。多分70年代中期でしょうね。
あれはD-41のコピーだそうです。
所でヤマキはNO.***という型番とF***という良く似た型番を使っていますが、
やはり年代によって違うのでしょうか?
何方か詳しい方教えて下さい。Koujiさん辺りご存知でしょうか?

TAKEさん
>75年のF1150って、スゴイですね..!文章では書きにくいでしょうけど、
>音はどんな感じですか? ハカランダ単板モデルですよね。
ヤマキはYM1000を弾いた限りではマーチンD-41と殆んど変わりません。
F1150もD-45に近いと思います。
多分70年代ですからサイドバックは単板だと思います。
出品者にご質問しましたが詳しくない様でした。
以前アコ○基地の店長さんに電話で聞いた事がありますが、
ヤマキはどれも非常に優れたレプリカとの事でしたよ。

catbackさん
>D−41のゲージは何をお使いですか。
今はM140ライトを張っています。
恐らく当時マーキスなんて高くてライブの時位しか張れなかったでしょうから、
安い弦が70年代のマーチンの音かな?と思っています。
それでもしっかりシャリシャリ鳴ってくれますから流石と思います。
ちなみにヤマハL-5は壊れて捨ててしましましたが、
ヤマハの弦からM140に替えてやるとシャリシャリに鳴った記憶がありますよ。

DUCKBILLさん
>実は昨日帰ってきて弾き出した感じではバナナムーンさんの、
>あのコメントは、相当オーバーだな(笑)と、思っていたんですが、
>今朝弾き出したら・・コメントどおりでした
天候や季節によっても微妙に違いますよね(^_^)。
私のはフォワードシフト+スキャロップですので、
DUCKBILLさんの物とは全然質の違う音かなと想像します。
結構高音の金属音がキツイ感じがします。
アスリートのハカランダVD-45は更に金属音が凄いです(笑)。
CE-2500は私の所有する中では一番大人しい鳴りですね。

トニーライス観   投稿者:さとのしん   投稿日:Sun Dec 16 22:41:36 2001
こんにちは〜、久々に投稿します。
トニーライスのD−28の話題でしたので。
わたしも、トニーライスには当時、大変に心酔しておりました。
アルバムは、THE TONY RICE UNITで「MAR WEST」「BACK WATERS」
「Still inside」の3枚で、衝撃的に良いのは「MAR WEST」です。
また、D-28が最高の鈴鳴りの音色を奏でているアルバムとしては
トニーライス、サムブッシュ、デビットグリスマンが強力にサポート
している、マークオコーナーのデビューアルバム「Markology」は
ほんと、もう、最高!と言うモノです。
あと、トニーライスの教則ビデオなんかも持っています。これは
ラージサウンドホールD-28を使用したもので、このギターの由来、
音色についてトニーライス自身が話しています。
当時の、トニーライスのアルバムがCD化されてれば良いのですが
心当たりの有る方がいらっしゃいましたら、教しえてください。

ライトゲージです・・   投稿者:DUCKBILL   投稿日:Sun Dec 16 22:24:24 2001
>catback様
お久しぶりです! おかげさまで・・・
ご質問の件ですが、購入した時は確かにミディアムゲージでしたし2〜3年は、ミディアム一辺倒でした。(マーキスだったなぁ・・) その後、弾き易さに負けて(笑)ライトゲージに変更して現在に至っています。 今回の修理でもライトゲージを想定して調整してもらっていますので・・

蛇足ですが金色のシャブ・カポはあんまり見かけないものらしいです。 クロームのとくらべて、ちょっとメローな音になりますよ(笑) でも、不思議ですよ。 両方共ネックにはゴム(かなり厚め)が接触してるのに、芯の違いがここまで現れてしまうのは・・
音は小さな事の積み重ねだなと、つくづく思います。

まぬけです   投稿者:後藤   投稿日:Sun Dec 16 21:58:20 2001

投稿者:後藤です。

ラージホールの音色   投稿者:ラージホールの音色   投稿日:Sun Dec 16 21:56:37 2001
>管理人様 ぴーたー野郎様
キャッツアイのクラレンス・モデルが発売されるまで、ピンはマー○ンから、キリは?まで自家製モンスターD−28を散見しました(私には実行する勇気がありませんでした)。
トニーの弾くモンスターは本当に素晴らしい音色だと思います(私には形容できる文才がありませんが、モンスター入手後の彼の3rd以降はアプローチの相違かなとも思いますが)。クラレンスの当時の演奏から音質を云々するのは、考えてみれば辛いものがありますね(これまで聴いた数百時間〔ちょっとオーバーやで〕のクラレンスの録音はほとんどライブ物で、明らかに52年製等のD−18と判るものもありますが)。クラレンスにはセッション時代を含め、音質を語れるようなタメとか泣き、はたまた長大なフレージングというものが、皆無ですね。悲しいかな私には、クラレンスのマホの音色やピック(グリスマン・ピックそっくり!)やエコノミー・ピッキングに関心がイってしまいます。参考にならぬコメントでスイマセン。
P.S.送りました画像好評いただき、ありがとうございます。また、管理人様にはいつも迅速な対応、感謝いたします。

ありがとうございます   投稿者:Levante40   投稿日:Sun Dec 16 21:54:02 2001
ぴーたー野郎 様
レポートありがとうございます。
やはりそうなんですね。大穴はそれほど音色に影響されないとどこかで読んだ記憶があっ
て、自分で検証しきれずにいました。^^
トニーライスのCDは入手できるかもしれないので、お勧めのを探して聞いてみます。
サウンドホールは113ミリ弱といったところですね。CE−2500が102ミリくら
いなので約10ミリほど大きいことになります。
>キャッツアイはどちらかというと低音がやや薄い
そうなのですが、家のHD−28と比べて弾いていると薄いと言うよりは締まっていると
表現したいですね。量的なものはやや落ちると思いますが。
まだ弾き込み途上なのではっきりしませんが、CE−1000Sは結構下も出ますよ。
もう少ししたらミディアム・ゲージを試してみるつもりでいます。(例の広告に触発され
ました。)バナナさんのおかげで弾きやすくなってますし、Xブレイシングのものは、ミ
ディアムが似合うのかも知れません。

TAKE 様
広島県の後藤さんに大変ご苦労をおかけしています。
とても貴重な資料を抜き出す作業をしていただいており、この場でお礼申し上げたいと思
います。(1枚1枚スキャンするのはかなり大変なんです。)m(_ )m
ガゼットは7までお持ちだそうですが、8以降のをお持ちの方連絡いただけると喜びます。

ねくすと大塚 様
ヤマキF1150の画像期待しております。
the original guitarsに1100が2本出ていますね。なかなか良さそう。^^