Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


それどころでは・・・   投稿者:Levante40   投稿日:Sat Jan 19 19:19:02 2002
DUCKBILL 様
う〜む、紅白歌合戦を見ている余裕はなかったなぁ・・・。
Everlyの弦は試すに至っていません。張る予定のCE−2500のMSP4200
は容易に劣化してくれ無さそうですね。(爆)
殆どのギターを先月末〜今月張り替えたもので、もう暫くお待ちを・・・。
・・・そう?良いの?張り替えちゃおうかなぁ・・・。

D-76   投稿者:DUCKBILL   投稿日:Sat Jan 19 19:13:04 2002
懐かしい型番ですねぇ(笑)
何を隠そう、ウチの嫁(D-45)を見初めた時に
隣にいたのがあのコでした・・合コンじゃないっつ〜の(爆)
なんだか地味めなコだなぁ、と思ったぐらいで特に印象は
残っていません(ゴメンナサイ)

そういえば、この間の紅白歌合戦の時、石川大兄が弾いておられた
ように記憶してるんですが見られた方いらっしゃいますか?

管理人様
この間のEverlyの弦は試してみた? 今日張り替えたんだけど(2回目)、
ウチではかなりイイ感じですわ・・


加藤和彦御大のD−45   投稿者:Levante40   投稿日:Sat Jan 19 14:00:18 2002
さとのしん 様 こんにちは。
それって、木男さんにある’69年製で非売品のヤツですかねぇ?
石川御大のD−76は、マーチンの社長が記念に持ってたのが楽器屋に流れて、非売品だ
ったのを御大の友人が酔った席で石川さんになら売っても良いというところからかなり安
く入手したというインタビュー記事が手元にあります。1番目だけに非常に良い材が使用
されているとのことです。入手当時はD−45より良い音で低音が非常に大きかったとあ
りますね。
(スキャンしてセカンドサイトにアップしておきましょう。)

D-76ですか〜   投稿者:さとのしん   投稿日:Sat Jan 19 13:14:57 2002
こんにちは、マーチンD-76ですか〜、良いですよね〜
ずいぶん前ですが、NHKの教育チャンネルで、石川鷹彦巨匠&加藤和彦御大による
「アコースティックギター入門」なる番組がありまして、私はほとんどを
録画していたのですが、そこで使用していたギターが、石川巨匠がD-76、
加藤御大が、D-45を弾いていました。このD-45の音は、D-76をも圧倒した
音量で、また、D-76は石川巨匠が「たいへんにマイク乗りの良い」と絶賛して
いました。この、D-76はマーチンが第1号に生産したものとの事です。
今一度、ビデオを見なおしますと、1音、1音がクリアーな音色です。
当時、76万円という建国にちなんだ価格帯で、そんだけ出すんだったら
D-45が買えた価格だったことを思い出します。

D−76   投稿者:Levante40   投稿日:Sat Jan 19 08:36:21 2002
DAIMON 様
ありがとうございます。画像は都合の付くときでよいですよ。^^
催促したみたいになってごめんなさい。

ねくすと大塚 様
そうですか、必ずしも4X系というわけではないんですね。それがあの値段になっている
んでしょうか。

ところでトニーライスのD−28の音を聞いてみました。
ノーマン・ブレイクとの共演「Blake&Rice」しか入手できなかったんですが、家のはあれ
を踏襲した音のように聞こえました。家の方がやはり少し明るい音のような気がします。
今度はクラレンス・ホワイトのを聞いてみようと思います。

N−1200   投稿者:DAIMON   投稿日:Fri Jan 18 18:49:46 2002
ねくすと様へ 音は硬めです。そんなに弾いてないんで偉そうな事はいえませんが・音を語る前に、ヘッドインレイ、ポジションの星、スリーピースのバック・・本物の76と何度も見比べましたがにてます。硬めの音ももっと弾きこめば、鳴って来るのはまちがいありません。一つ一つの音は、バランスよく出て気持ちいいです。画像の件ですが、TCM
ー300V、120Sとあわせて必ず送ります。ごめんなさい遅くなってます・・Levante40様。

D−76の音   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Fri Jan 18 10:13:35 2002
管理人さん
D−76は私も生音は聞いた事がありません。
石川大先生のインタビュー記事では「凄い音」という表現でよく判りませんね(笑)。
あるサイトで所有者がD−76の音について語って居ますが、
全体のバランスがよいが、D−45の様な煌びやかな高音は出ないそうです。
多分D−35に近いのではないでしょうか。

DAIMONさん
よかったらN−1200Dの音の感想なぞ聞かせて下さい。

キャッツアイの間隔   投稿者:Levante40   投稿日:Thu Jan 17 22:08:13 2002
catback 様
家のはNOSEさんと一緒で9.5ミリほどですね。
’76と’77はヘッドの角が丸くなるなど仕様変更が認められますね。これは本家の仕
様変更に沿ったものだと思います。

ねくすと大塚 様
D−76は4X系の音なのでしょうかね?どうも本物の音を聞いたことがないので判断し
かねますが・・・。もし4X系の音なら現在の中古相場は相当お買い得と言うことになる
のでしょうね。

ミッキー 様
セカンドウェブサイトは、カタログをいつでもお待ちしております。^^
特にメーカーが無くなっていて入手困難なものは大歓迎です。

DAIMON 様
お久しぶりです。流石に良い物をお持ちですね。どこからデッドストックが出てくるので
しょう?是非また教えてください。
出来れば画像を提供いただくとそのレプリカ度が良く分かると思います。^^

バックの材質とポジションマークなど   投稿者:NOSE   投稿日:Wed Jan 16 20:57:26 2002
ねくすと大塚さん
なる程、同じローズウッドでも別の木から取るとずいぶん違った
感じになるんですね。私には、木の種類を判断するのは難しいです。

catbackさん
私のCE−1200も測ってみました。
12Fのキャッツアイマークの間隔は約9.5mmでした。やはり
catbackさんのよりも狭くなっているようですね。ついでに、
ピックガードとブリッジの間も測ってみましたが、こちらは一番
狭い所で約6mmでした。ピックガードははがした形跡等無いので、
もともとのものだと思うんですが。

ではまた。

猫のポジションマーク   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Wed Jan 16 17:14:43 2002
Catbackさん
私のCE-2500のポジションマークですが
1F:スノーx1・3F:ダイヤx2・5F:スノーx1ダイヤx2・7F:ダイヤx2・
9F:スノーx1ダイヤx2・12F:ダイヤx1キャッツx2・15F,17F:各キャッツx1
こんな組合せです。
70年代とは少し変わっている様な感じがします。
本物のプリウォーD-45もまちまちなので、
キャッツアイも作る度に変わっているかも知れません。
1台1台調べると結構面白いかも知れませんね。
ちなみに12Fの間隔は7mmしかありません。

オベーションではパトリオットなるギターが有ったのですね。
何だか戦争にでも持って行きそうな命名ですね(笑)。
D-76はかの石川大先生が使用してますね。
年代の割に安いのはやはり人気が無いからなんでしょう。
確か材はD-45と同じで、貝の装飾を廃したギターだと思います。
音はかなりの物だと思いますが。

ありゃ!先を越されちゃいました   投稿者:ミッキー   投稿日:Wed Jan 16 17:09:30 2002
ども!NYより無事に帰って参りました(笑)
ギターショップに行く暇もなく、というかクリスマスで
お店も開いておらずひたすら仕事に邁進してきました(ウソ)
んで、帰ってきてこのHPみたらYAMAKIのカタログUPして
あるではないですか!やられちゃいました・・
僕のとは年代は少し違うみたいですが・・
かくなる上は「ヘイワゴン」か「WESTONE」あたりしかないですかねぇ
今日あたり資料をひっくり返して見ます

最近発見したこと   投稿者:catback   投稿日:Wed Jan 16 15:10:44 2002
珠玉のギターを見ておりますとサウンドホールから覗いたシリアルナンバー、つまりネックブロックがよく写っています。
ところが75、76年物は角が丸くなっており、それ以降はマーチンと同じく角張っています。単なる仕様変更でしょうか。

それとこれは前から私が気にいっている12フレットのキャッツアイのポジションマーク。
オリジナルのマーチン及び他社のマークは相当寄っていますが、私のギターは左右の目の間隔は12.5ミリあります。
NOSEさんのCE−1200もちょっと寄ってるように見えますが年代によって違うようです。

CE−1200・D−76   投稿者:catback   投稿日:Wed Jan 16 15:08:46 2002
NOSEさん
はじめまして、CE−1200('78)拝見しました。私のCE−1200('76)とそっくりで
すね(当然ですか)。フラワーポットも同じですよ。所々
若干の仕様変更(たとえばピックガードとブリッジとの間隔が少し違うように思えます。)
フレットと指板が少し汚れているようですね、しっかり磨いてあげてください。

ねくすと大塚さん

1976年といえばアメリカ建国200周年で大騒ぎ(でもなかった)私がCE−1200を買った
年ですが、ギター界でもマーチンはD−76、オベーションはパトリオットを出しました。
パトリオットは1776本の生産で26万円ほどしてました。さだまさしと井上陽水が使ってま
したが最近はまったく見ません、どこに行ったのでしょう。
D−76はD−35をベースにヘッドに鷹のインレイ、ポジションマークは★、サウンドホー
ル周りにはヘリンボーン、それなのに値段は76万円(70万円でしたっけ)当時D−35は34
万円だったので、「そらないでマーチンさん」と家で叫んだのを覚えています。(実際は
D−35とは別物かもしれませんが)楽器店ではD−76とパトリオットが誇らしげに飾ってありよく見に行きました。
最近よくD−76の中古が出てますが、30〜40万程度ですね。1本どうです?

探してみましょう   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Wed Jan 16 09:41:40 2002
NOSEさん
CE-1200の画像拝見しました。
catbackさんdavs205dさんの物と比べても若干の仕様変更が見られ
キャッツアイの歴史が垣間見られますね。
バックセンターの木材はやはりカタログ通りローズだと思います。
材を効率良く使うと、両サイドは同じ木をブックマッチで、
センターは別の木から取った物を使ったのでしょう。

DAIMONさん 管理人さん
D-76レプリカの情報ありがとうございます。
ナッシュビルのN-1200ですね、是非探してみたいです。
タカミネ製造ならかなり信頼できそうですね。
トムソンは良い思い出が無いので(笑)、割愛させて頂きます。

写真掲載ありがとうございます   投稿者:NOSE   投稿日:Tue Jan 15 22:38:20 2002
管理人さん、写真掲載していただきありがとうございます。
さっそく見せていただきました。こうしてHPに掲載していただくと、
とても立派に見えてうれしいですね。バックの3ピース部分ですが、
まん中だけ、明らかに色と木目の様子が違うんですが、ひょっとして
これがハカランダというものでしょうか。
実は、あの白濁に見えるのは、私の写真の腕が悪いだけでして、実物
はきれいなものなんです(^_^;)。もっときれいに写真が撮れるように、
修行しますね。
それから、カタログとケースについて、ご返事くださったみなさん、
どうもありがとうございました。D76の載ったカタログは、貴重な
ものだったんですね。かえすがえすも処分してしまったことが悔やま
れます。あのギターはたしかアメリカ建国200年記念で作られたん
でしたっけ。私は、実物は見たことないです。
うちのケースは、青も緑も蝶番と足は別になってました。青い方は、
緑より前なんですね。確かに、青い方は蓋が開き切らないようにする
ためのベルトがただのバイアステープで蓋を締めた時に必ず外にはみ
出してしまうなど、まだ改良前と言う感じがします。
ではまた。

D−76   投稿者:DAIMON   投稿日:Tue Jan 15 19:08:22 2002
2年位前に、ナッシュビルのN−1200をてにいれました。タカミネの製造で、オール
単板のものです。ほとんど新品状態で、70年代のデッドストックでした。本物と、ここまでにせていいのかなって感じです。製造業が中国に席捲されているけど、70年代には同じことやってアメリカの真似をしていたんですね。ほんとに似てるよ・・

’76カタログ   投稿者:levante40   投稿日:Tue Jan 15 13:56:17 2002
NOSE 様
そうですか、D−76が載っていた物があるんですね?
私は’77と’78は入手しておりますが、それらには載っておりません。ということは
発売年の’76年版があるということになりますよね!これは発見♪
オークションなどで見かけたら即ゲットしたいと思います。

ケースについては家に3種類ありますから、私の持ち物を見ていただくと大体のことは分
かります。5点止めと4点止め、内装がグリーンのものとその前(だと思う)のブルー系
のものがあります。グリーンの物は蝶番と足が一体になった金具が使ってあります。ブル
ーのは別々のですね。(ブルーのはCE−1000Sのところに少し載せています。)

ねくすと大塚 様
D−76モデルは見たことがありません。オーダーではあるかもしれませんが・・・。
’77年のC&W誌によればナッシュビルN−1200DとトムソンD−76というモデ
ルがあったようですね。それ以後はちょっと分かりませんが・・・。

そういえばD-76   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Tue Jan 15 09:55:51 2002
NOSEさん
東海のカタログにも当時D−76が載っていましたか。
私は多分この当時高校1年生だったと思いますが、
御茶ノ水のどこかの楽器店のウインドーに飾られていたのを思い出します。
確かとても買えないD−28が2本買える金額でした(爆)。
そういえばキャッツアイではD−76コピーは作られなかったのでしょうね。
他の国産メーカーのコピーを見た方おられますか?
探してみたいですね。
http://www2.wind.ne.jp/yonext/

国産フラグシップ   投稿者:ねくすと大塚   投稿日:Tue Jan 15 09:48:36 2002
Koujiさん
Kヤイリ、漸くという感じで入手しました。
国産オールドの中ではやや価格相場の高いギターです。
このギターが作られていた当時は安給料でマイカーなんか買ってしまい
ギター所では有りませんでした(^_^;)。
オジサンになり少しは余裕も出来て漸く手に入れる事が出来ました。

私がD-45タイプを手に入れる理由の一つには
そのメーカーが熟達した職人さんと最高の材を使い
フラグシップギターを作り上げた情熱を見てみたいからです。
そのギターが良ければその他のギターも多分良い物なのでしょう。
逆にそれでも大したギターでなければ、
そのメーカーのギター全体が大した物では無い様に思えます。
少し乱暴な判断ですね(^_^;)。
http://www2.wind.ne.jp/yonext/

ケースとカタログのこと   投稿者:NOSE   投稿日:Tue Jan 15 01:17:20 2002
みなさんこんにちは。NOSEです。
カタログのページ拝見しました。私は、何かを買う時にはカタログを
山のように集める方なので、78年のカタログを見て、そうそう、当
時このカタログ持ってたよな、と懐かしい気持ちでいっぱいです。
残念なことに、もう処分してしまったんですが、私の持っていたカタ
ログは、この78年のものとほとんど同じで、細かいところは不明で
すが、マーチンのD76という派手なギターが載ってたことだけが違
ったように思います。
それから、当時はケースが3グレードあったんですね。うちには、
CE300を買った時に一緒に買った一番安い中が紺色のやつと、
先日買ったCE1200について来た、中が緑でバックルがネック部
分の後ろ側に一個余分についてるやつで、3つのうち2種類があるこ
とになります。この緑のケースについて、情報がありましたら、また
教えてくださいね。
それではまた。