Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


 投稿者:TAKE  投稿日: 3月23日(土)14時08分31秒

わたくしも張りっぱなし派でございます。ちょっと一音とか位緩めるのは構わないけれども
べろべろに緩めたり張ったりの繰り返しはギターが悲鳴を上げているのが聞こえる感じがする
ので..。
結局、ネックの調整をどうしているかだと思います。私のギター、ミディアム標準となって
いましたが、リペアマンに見てもらったら、こりゃライトゲージ仕様になってるよって言われ
ました。それでミディアム張れるように調整してもらったのですが、それでライトゲージを
張りっぱなしにしていると、弦高が低めのまま、びりつくようになってきました。
ミディアム張りっぱなしだと特に問題はでません。ライトゲージ仕様にロッドを調整して
あれば当然、ライトは張りっぱなしでいいけどミディアムだと反ってくる、ということもある
のではないかと思います。


通常は緩めませんが・・ 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 3月23日(土)11時41分19秒

マッチョ様
おはつです。 よろしくお願いします。
私は「張ったら張りっぱなし派」なんですが、
いつも通りに同じ弦を張って、音が?だった時は、
一旦ベロベロ状態まで緩めてから締め直します。
原因はよく判りませんが、張り替えた時、たまたま
弦に変なストレスでも生じてるんじゃないかと思ってます。

既に書かれたことがあるかもしれませんが、東海楽器が
マーチンを扱っていた時の「説明書」には“弦は緩めなく
ていい”云々と、書いてありました(笑)
これがトラウマになってるもかもしれませんね(爆)
でも、あれから20年以上経っていますし、とみながさんが
仰るように、状態をよく見極めて対処しなくちゃ、
と思っています・・今は。


(無題) 投稿者:マッチョ  投稿日: 3月23日(土)01時48分47秒

皆さんご返事ありがとうございます。とりあえずネックは反りそうな気配がないので今のライトゲージなら大丈夫かなと思います。石川鷹彦氏も弦はほとんど緩めないと言っていますよね。そのうちミディアムも試してみます。CE1000はノンスキャロップだったんですね。ぜんぜん知りませんでした。ところでキャッツアイのネックは2ピースが多いと思うのですが1ピースとの違いはあるのかどうか、ご存知のかたおられませんか。


おめでとうございます 投稿者:Levante40  投稿日: 3月22日(金)18時55分26秒

ねくすと大塚 様
W−250の購入おめでとうございます。^^
Sヤイリ製ということですから、良く鳴るんでしょうね。
画像お待ちしています。

マッチョ 様
家のは最近殆どミディアムゲージに替えていますから、一応緩めています。
ライトゲージぐらいならそんなに緩めなくても大丈夫とは思います。CE−2500は張りっぱな
しでしたが、びくともしていませんね。

TSO 様
ドブロのフィンガーピックなら持っています。何故か6個もありますね。
現在は本ベッコウオンリーですが、ピックは結構数を持っています。
珍しいところでは金属製のがありますが、シャリシャリの音がします。でも傷が付くので殆ど使わ
なかったですね。お気に入りではフェンダーのミディアムが良かった気がします。


1本1本違いますから・・・ 投稿者:とみなが  投稿日: 3月22日(金)15時21分38秒

ギターや弦によって張りっぱなしとゆるめるものとに分けてます。スキャロップ
になっているCE−800はライトゲージでいつも張りっぱなし、時々1全音位
ゆるめます。(常用していない時)ノンスキャロップのCE−1000はライト
ゲージ、1500はミディアムゲージをほぼ張りっぱなしです。
Martinのミディアムゲージはそんなにテンションが強くないので大丈夫な
ようで、逆にゆるめると逆ぞりが出ます。ギブソンなど張りの強いゲージでは
張りっぱなしはダメだと思います。J−45はダダリオのライトゲージですが
常に1全音ゆるめます。これもスキャロップですし、トップも薄いので。
ちなみにダダリオのミディアムゲージは頻繁にゆるめるとすぐに切れます。
あと、張りっぱなしでトップの盛り上がりがなくても、逆にブリッジのサウンド
ホール側が沈んでくる(凹んでくる)こともあるので特に低湿度の環境では
要注意です。

1本1本の個性、環境等の変数があるので”どんぶり”にはできません。
愛器の変化をこまめにチェックして対応するしかないです。これに関し、”王道”なし
というのが私の経験上の結論です。(えらそうでごめんなさい・・・(爆))


久しぶりの書き込みです 投稿者:TSO  投稿日: 3月22日(金)12時44分49秒

つい忙しく、久しぶりの書き込みです。

catbackさん
>三宮センター街から元町で俳諧していました。
>三宮センター街にはマック保田氏の店がありましたね。
>ショーケースに飾ってあったギャラガーを延々と眺めた記憶があります。
同じころに同じ町を行き来していたようですね。どこかですれ違っていたかも!
ギャラガーといえばドク・ワトソンでしたっけ。
マック保田氏の店はあまりよく知らないのですが、たしかにギャラガーが置いてあった店がありましたね。その店には、その前後の期間オールドのドブロが陳列されていたような記憶があるのですが、どうでしょう?

ドブロといえば、このころ透明なプラスチック製のサムピックがあり気に入って使用していたのですが、その後80年代には見かけなくなりました。
皆さんは、お気に入りのピックなんかありますか?


マッチョさん
マッチョさんのCE1000を拝見いたしました。シリアルNoが私のギターと非常に近いので、
ひょっとして同じ日に製造されたものかもしれないと思いました。
さて、弦のことですが、私はミディアムを使用しています。確かに弦を押さえるのにライトに比べて力が要りますが、管理人さんも書いていたように、東海楽器さんが最初に指定した弦の方がそのギター本来の音が出るような気がします。
ねくすと大塚さんが書いているようにトップに悪影響が出るかどうか、またネックに反りが出るかどうかということでしょうから、経験則に基づくのではないでしょうか。ちなみに、私はあまり緩めません。(昔何かの雑誌で、緩めすぎると逆反りすることもあると読んだことがあるもので)
バナナムーンさんのところのHPには、引き終わった後1回転ぐらい緩めるように書いてあったと思います。


弦の扱い 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 3月22日(金)09時09分54秒

マッチョさん はじめまして
弾かない時の弦ですが、私は緩める様にしています。
でも1,3弦は緩めたり張ったりすると4回くらいで切れてしまいますので、
これは張ったままが宜しいようです。
ミドル以上のゲージは張りっぱなしにしますと
年のレベルですがトップが盛り上がってしまいますので注意が必要です。


はじめまして 投稿者:マッチョ  投稿日: 3月22日(金)03時06分41秒

最近CE1000の写真を掲載していただいた和田といいます。わけのわからないこと質問したりしますがよろしくお願いします。ところで皆さんに質問なのですが、弦は張りっぱなしにしていますか?ちょくちょく触るので僕はいつもはりっぱなしにしてあります。ちなみに今はライトゲージを使っています。ミディアムにするとネックのへの負担も増えると思うのですが皆さんはどうしておられるのでしょうか?


お、変わりましたね 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 3月21日(木)16時11分11秒

管理人さん
デザインが変わったと思ったら引越しが終わったのですね。

コンバーション物って高いですよね。
PALさんではクラプトンと略同じ仕様の000-42が190万円ですね。
アコギ基地さんにはD-28→D-45コンバーションが500万円で出ています(笑)。
まあ69年のD-45はその位はしますけどね。
最近ナット交換にも手を出してみようか考えています。
いい音が出なかったらオリジナルに戻せば良いかなと(笑)。

ゲストブックに少し書きましたが、
金も無いのにボーナス払いでモーリスW-250を購入しました(笑)。
後ほど画像などもお送りさせて頂きます。


掲示板の移行が完了しました 投稿者:Levante40  投稿日: 3月21日(木)15時52分08秒

gooの掲示板サービス終了に伴い、Teacupの方に掲示板が移行しました。
前のと同じ感じですが、携帯などからも見られるようです。
一覧できる件数が減ってしまいましたので、気を付けないとすぐ投稿が流れてしまいそうですね。


工場出荷時設定 投稿者:Levante40  投稿日: 3月 20日(水)18時27分52秒

一般に売られているギターの多くは、工場出荷時には(調整が出来るように)弦高が若干
高めに設定されていると思います。昔の楽器屋さんでは、そこのところの好みを言って調
整してもらえたと思うのですが。今はねぇ・・・。
最近のギブソンはかなり高めのようですね。

ねくすと大塚 様
そう言えばD−45タイプに貝を入れると30万ほどかかるとか言う話を聞きましたけど
ね。クラプトンの000−42は28をカスタマイズしたものと記憶しております。
ある程度価値のあるギターならアリかなとは思いますが、それで音が変わるようならちょ
っと引きますね。^^;
そうそう、長年使われたマーチンなどではサドルやナット調整・交換で劇的に音が変わる
物があるようですよ。古いギターではブリッジの底がガタガタになっていたり、ナットの
交換が下手だったりと色々あるようです。


カスタムリペア 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 3月 20日(水)10時19分09秒

調整の話とは違いますが、皆さんカスタムリペアってどう思いますか?
つまり全部色を塗り替えちゃったり、指板にインレイを追加したりするものですね。
私は以前はそういう物も良いかな、個性があって・・・などと思っていました。
最近は歳のせいか、そういうギターはこっ恥ずかしい感じがしてちょっと持つ気がしません(笑)。
多分安物ギターだろうが高級ギターだろうが、
カスタムリペアには高級ギター1本分位費用が掛かるのでしょうね。

DUCKBILLさん
成る程、お店に飾られている内にどこかがどうかなるって確かにありますね。
それで新品はちゃんと保証があるのですね。
保証切れ寸前に一度調整して貰うのが本来でしょうか。
地元の楽器店では何年もD-28ハカランダがズラリとウインドーに収まっていますが、
置いておくだけでクラックでも出たらたまりませんね(笑)。
それと材の乾燥でネックが反ったり何て事もあるでしょうね。

とみながさん
そうそう、おっしゃられる事そのものを私も思っています。
メーカーにより「こういう音を目指して作りました」的な物が必ずあると思います。
それを「ええ?、こんな音じゃ気に入らん」
と言うならリペアせずに素直に手放す(買わない)方が良いのかなと思っています。
それと多分調整に出して劇的に音が変わるギターって、
とみながさん曰くローエンドモデルだと思います(爆)。


拘りません!(笑) 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 3月 20日(水)01時07分46秒

ねくすと大塚様
ラリビー、たしかにテンションきついです(笑)
調整に出しているお店の店長も違う機種ですがラリビーを入手されていて、
自分であれこれ調整されているようです。
ちなみに、うちのは98年製らしいんですが、基本的に新品?とのことでした。
つまり、約3年くらいは何にも構われないでいたことになります。
器械モノが殆んどそうであるように、狂ってないわけがない(爆)
メーカーは、数年後の状態を想定して出荷するわけではないと思いますので、
新品といえども「おかしい?」と思ったら、どんどん自分に合わせて調整して
いきたい、と思ってます(笑)
ついでに、自分のD−45を「嫁」と書いてるのも、実はそんなことからです。
生まれてから最低22年も経ってしまうと、ギターも型番では語れません(笑)


コンディション 投稿者:とみなが  投稿日: 3月 19日(火)18時37分52秒

ねくすと大塚さん
ハイエンドなモデルは、メーカーなりルシアー(ビルダー?)なりの
自信作でしょうから下手に自分の好みを主張するより、職人の心までも
味わい深いというか、保守としてのメンテ意外には基本的にさわるべき
ではないですね。
ミドルクラスは開けてびっくり的なところで、少しいじると飛躍的に
よくなることがありますね。出荷時の調整もそれほどシビアではない
のでしょうね。
ローコストモデルは、プラ製のサドルやナット等、いかにも大量生産(笑)
なものは是非調整しましょう!ってとこでしょうか?ビギナー向けって
妙に弦高が高くて、”F”が鳴らないでギターやめる人結構いますし(笑)。
どんなレベルや!の話ですいません(爆)

EASYさん
ありがとうございます。お褒めにあずかり光栄です。
おかげさまで2本とも非常によい状態で鳴っています。
メッキの件、ぜひレポートして下さい。


オリジナルコンディション 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 3月 19日(火)09時45分30秒

最近思いますが、ギターはやはりオリジナルコンディションが良いかなと思っています。
別に価値がどうのこうのではなくて、
ギターを出荷した当時の状態が一番良いという事です。
ギターはメーカーで意図した音に合わせてベストなチューニングがされていると思います。
それを自分の好みに弦高を合わせたりしますが、
やはり多少音の変化はあるのではないでしょうか。
但しフレット・ナット・サドルは消耗品ですので、
十年超の歳月ではやはり必ずメンテナンスは欠かせませんので、
信頼出来るリペアショップを探す事が大切ですね。

DUCKBILLさん
ラリビーですが、テンションがマーチンに比べてかなりキツくないでしょうか?
私のC-72はそういう風なので、カスタム弦を使ってややテンションを落としています。
以前のオーナーさんがかなり弦高を下げていましたが(現在は上げてあります)、
テンションを押さえる為だったのかも知れません。
それと私は現在10本所有でローテしていますが、
入手して間もない物はなるべく沢山弾いてやっています。


はじめまして 投稿者:ニコニコ  投稿日: 3月 19日(火)03時44分11秒

はじめまして。いつも見てばかりですが、初めて書き込みさせていただきます。
音か演奏性かですが、みなさんがお持ちのギターへの愛着が伝わってきました。
音、とても大事ですよね。弾き手の好みといいますか、それが前面に出てきますよね。
同時に弾き手だけに焦点を当てると、演奏性も大事にされてる方もいるようです。
私もどちらかというと演奏性にも重きを置いておりまして、ステージなどでの実演では
いろいろな意味で弾きやすさも要求されます。
ですので、演奏性とおっしゃられる方のお気持ちよく分かります。
もちろん、音、演奏性両方バシッといくのが一番ですけど。
ちなみに以前ヤマハFG150を調整したときは一度ぼろぼろにされましたが、他店で
弾きやすさ音共に納得いくものになりました。職人さんの腕の違いを知るきっかけになりました。

EASY様
PS.私も最近、貝細工のキラキラに吸い寄せられることが多くなりました。


DUCKBILLさん、私も音色! 投稿者:etrurian  投稿日: 3月 19日(火)00時05分59秒

昨年、10年ほどあまり弾かれずに眠っていた(笑)CE-800Tでナット・サドルを象牙
に交換、そして弦高をぐっと下げてもらい、随分弾きやすくなりました。

その後、年末にHeadwayを入手したところ、音は素晴らしかったのですが弦高が思った
ほど低くなく(割と順反り)、また仕上げの粗さも残っていました。そこで、購入先に
弦高をCE-800Tのように低めて欲しい、その他もろもろを依頼しました。

そして戻ってきたとき、弦高は確かに希望通り低まった(ネック反りはほぼフラット!
)のですが、張りのあった音色が随分大人しくなってしまっていました。リペアマンに
訊ねますと、弦高の低さも音色とのバランスがあり、演奏しやすくするばかりが良い訳
ではないと話してくれました。好みも有るとも。

で、音色の変わり様が気に入らなかったので、彼に相談しながらネックを順反りに自分
で少しずつ戻しました。この辺りの反り量はまだ覚えていましたので。。。

ふたたび初めの音色近くに戻り、ほっとしています。

わずか2週間内外の出来事、弦も同じで違いが良くわかりました。

仰られること、よく思い当たりましたのでカキコいたしました。


調整は厭いませんが 投稿者:Levante40  投稿日: 3月 18日(月)23時35分36秒

ギターの調整にお金をかけるのは厭いませんが、出来たものの音が前より悪くなっていて
はガッカリですよね。^^;
幸いなことに私がお世話になっているところは、今までガッカリしたことがありません。
この辺はリペアマンの技量に依ると思いますね。^^
音と弾きやすさが両立してこそ手元に残る楽器となるということでしょうね。

ところで本数が増えるのはお気に入りの消耗度を減らすためだったりもしますが・・・。


ご意見、ありがとうございます! 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 3月 18日(月)23時23分54秒

なるほどねぇ・・「やっぱり音!」ってご意見が多いようですね(笑)
実は既に書いているとおり、最近ラリビーを手に入れたんですが、
音はなかなか!なものの、嫁と比べるとかなり弾きにくいんです(苦笑)
で、先日調整に・・って事で持ち込んだ時の話だったんです。
どんな風になって帰ってくるか、今は楽しみにしておりますが・・

時に、数本(十数本?)持っておられる方って、ローテーションで弾き回す、
とはいっても、やっぱりどれか(お気に入り)に偏りませんか?


とみなが様に一票! 投稿者:EASY  投稿日: 3月 18日(月)20時56分40秒

唐突なタイトルで失礼いたしました!

とみなが様の“いい音だなぁ〜”と感じるギターへの接し方に
あまりに共感したものですから!!

より良き(好みの)音色を求めてリペア、調整をするも
いまひとつ??の感じがすると
オリジナルのまま保存していたパーツに戻す。(^^;

で、、しばらくして懲りもせず またいじりだし
鶏と卵のような連鎖地獄に落ちてゆく・・(爆爆)

また、悪あがきしても音色の成長が??なものは
いくら弾きやすくても外観がきれいでも
・・・やっぱり放出〜!とあいなりますデス。

貝細工のキラキラに吸い寄せられたりもしますが(苦笑)
う〜ん・・やっぱり音重視ということでしょうか。

P.S CE-1000&1500のリペアー、尊敬の念を抱かずにはいられません!
   それと、ただいまグローバー102Gの再メッキに挑戦中ですが・・
   ご忠告どうり 本体の蓋を外さずにメッキする方法を思案しております。(^^)