Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


ジャカランダ 投稿者:TAKE  投稿日: 4月10日(水)23時10分56秒

ジャカランダというのは向こうの「それ系」の植物の総称らしいですね。
たとえば日本で桜と言えば染井吉野ですが、銘木としてありがたがら
れる桜材は、うばめ桜?みず○○?などという全然違う種類です。総称
して「桜」なわけです。
しかしいつかブラジルへ行ってかつてギター材に使われたという木を見てきてやろう
と思っています。外側の真っ白な部分や、内側の芯の所を取り除くと使える所と
いうのは、かなり少なく、2m以上ぐらいの直径がないとしんどいとか?
この目で見たわけではないので真偽はわかりません。
とにかく、樹齢100年、200年ものと言う世界ですから、あだや疎かに扱っちゃ
いけないんでしょうね。んーなんだこのハカランダ、端の方にちょっと板目が入ってるねえ
、、なんてほざくのは鬼畜の所業と言うことになりますね、、(笑)。


弦切れ 投稿者:Levante40  投稿日: 4月10日(水)20時17分46秒

sho 様
弦を張ったときにペグを少し巻いてある程度テンションがかかった状態で、手で伸ばしてやるとあ
る程度防げると思います。
私は弦を張るとき軍手を使います(サビ防止とケガ防止のためです)が、弦を少し引っ張り上げて
親指で伸ばしています。こうするとブリッジピン下に弦の余りがある場合や、ボールエンドの引っ
かかりが悪いのが解消されます。
そうそう、併せてブリッジピンを下まで押し込んでくださいね。頭が出ているようなら押し込み不
足ですよ。
少々補足(蛇足?)でした。^^


ありがとうございました。 投稿者:sho  投稿日: 4月10日(水)18時53分22秒

TAKE様、ねくすと大塚様、有難うございます。切れるのはサドル部分です。昨日もやっと貼り終えてから弦のあまった部分を切った瞬間バシーン!「あちゃ、またやったか」と思いましたが、結局切れておらず、ただチューニングはめちゃくちゃになっていました。トライしてみます。本当に有難うございました。


植物輸入・・・。 投稿者:ウッドペッカー  投稿日: 4月10日(水)09時49分57秒

種ならドラッグ系でも違法にならないのが法律の不思議なところ・・・。(笑)
植えた瞬間 逮捕らしいけど。(爆)
沖縄方面に山林買おうかな?(笑)老後は南国で植林しながらギター三昧。ハブがいなければ夢ですねー。


羨ましいぞオージー 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 4月10日(水)09時30分23秒

shoさん はじめまして
弦切れですが、どの辺から切れますか?
ナットの部分なのかサドルの部分なのかで、原因が違ってきます。
@ナット部分で切れる場合、ナット溝がガサガサになっている可能性があります。
Aサドル部分で切れる場合、TAKEのさんのおっしゃる様に、
キチンとボールエンドが固定出来てない為に弦がサドルに擦れて切れてしまいます。
いずれも一度専門家に見て頂けば完全に直る内容です。

ウッドペッカーさん
たくまむしさん
オーストラリアで10月開花って事は、やはり日本では当に今の時期ですね。
一般的な街路樹とは知りませんでした。
そう言えば昔の国産カタログを見ると
「ハカランダ」とも「ジャカランダ」とも表現されていますね。
確かに普通に読むとジャカランダなのですが、
若しかしてオージー産を使っていたなんて事も有るのでしょうかね。
本当にギター材になるとしたら、やはり日本で栽培して貰いたいですね。
(輸出は無理なんでしょうね・・・)


同じ初心者ですが 投稿者:TAKE  投稿日: 4月10日(水)02時03分17秒

カシーンカシーンは、ナットの溝のすべりが悪いんだと思います。

しかし、途中で音が下がるのは、スチール弦のエンドボールがきっちり長さ方向に
固定されないままテンションをかけていったせいだと思います。
この状態で張ると、途中で音程が下がり、急な動きで最後は切れてしまうようです。

ブリッジピンを差し込むときに、エンドボール部分を少し曲げてやってから差し込んで、
弦を上方へ強弱つけて引っ張りながらブリッジピンを差し込むと上手くいくと思いますよ。


弦切れ!どうしたら? 投稿者:sho  投稿日: 4月10日(水)00時11分35秒

先輩諸氏、教えてください。初歩的な質問で恥ずかしいのですが、私のキャッツアイの1弦がよく切れてしまいます。以前からチューニング時、テンションが高まるにつれ「カシーン、カシーン」という音がしまして今にも切れそうでこわかったのですが、先日弦を張り替えた時の事、チューニングしながらペグを絞り込んで行くと途中で音が下がるのです。あれれ?と思いながらもう一度絞り込んでいくのですが、最後はテンションも最高になり、結局パツン!と切れてしまいました。2度続けて同じ状態でした。どこが問題あるのでしょうか?弦もねじれないようにしていますし、ペグ2つ分程の余裕を持って巻いています。いつもチューニングの時は今にも切れるのではないかとドキドキしながら巻いています。対処方法ご存じの方教えてください。ちなみに弦はライトゲージ、0.12です。


今後もどうかごひいきに 投稿者:ロビン  投稿日: 4月 9日(火)22時25分29秒

早速のご回答ありがとうございます。管理人様ですね?これからもたくさんお邪魔して楽しませて頂きます。本当に有り難うございました。

http://sound.jp/robin-music/


初めまして&いらっしゃいませ 投稿者:Levante40  投稿日: 4月 9日(火)18時20分38秒

ロビン 様
初めまして&いらっしゃいませ。^^
お尋ねのD−18やD−28のコピーは数多く存在します。
基本的にマーチンのコピーが主力ですので、アコギの殆どにターゲットモデルがありました。
各年代のカタログをほぼ網羅して載せておりますので、ターゲットのモデルを捜してみると楽しい
と思います。^^
CE−300以下は概ねオール合板仕様ですね。値段の割には結構良い音がすると思いますよ。
ただ、かなり古い物が多いですので状態によって個体差が大きいのは言うまでもありませんが。


(。。) 投稿者:ウッドペッカー  投稿日: 4月 9日(火)12時40分45秒

小さな点のような芽が出てきました。日本では5〜6月頃開花するそうです。
材としたなら 今のところ割り箸2本分くらいかな(笑)


ハカランダの笹  投稿者:たくまむし  投稿日: 4月 9日(火)12時33分38秒

ウッドベカーさんの書き込みで思い出しましたが、
5年ほど前、オーストラリアを旅行したときハカランダ
(現地のガイドさんはジャカランダと言ってましたが)
に紫色の花が満開でした。時期は10月末ごろです。
オーストラリアでは桜のようなもので、春を告げる花だそうです。
街中の街路樹として、かなりの本数が植えられていました。
幹も太いのが結構ありました。
苗は売っているそうですが日本では育たないだろうし
持ち出しが難しいと言うことでしたが。
オーストラリアのギターメーカは、この材を使っているのかな?
カタログに、オージーハカランダなんて書いてあったりして。


マーチンのデッドコピーは? 投稿者:ロビン  投稿日: 4月 9日(火)11時27分00秒

ジャムズさんの掲示板で紹介してもらい、初めてかきこします。超初心者的質問で恥ずかしいのですが、キャッツアイのラインナップ中で、マーチン主力モデル(D28、18等)のデッドコピーは
存在したのでしょうか?あるとしたら品番等を教えて頂きたいのです。それとCE300以下の機種のおおよその仕様や品質についても知りたいので宜しくお願い致します。

http://sound.jp/robin-music/


今度やってみます 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 4月 9日(火)09時30分04秒

DUCKBILLさん
弦をポストの根元まで巻くと音が変わりますか!
私は1弦でもせいぜい2-3周しか巻いてません。
早速弦を換えた時にやってみますね。
確かに根元まで巻いた方がペグに掛かる負担は少なそうです。

管理人さん
お帰りなさい。少しリハビリが必要でしょうか(笑)。

私も昔は弦の余りを巻いていました。
フォークの世界では何故か常識でしたね(笑)。
しかしケースに入れる時ヘッドプレートに擦れて傷が付きます。
そんな訳で今は当然やっていません。
小さなぬいぐるみを下げるのも流行りましたね。
私はフエルトで出来たウサギを下げてました(爆)。


おつかれさん! 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 4月 8日(月)23時44分45秒

管理人さん(笑)
ひとまず引越しお疲れ様でした。 ん・・前よりもっと田舎だっけ?
新天地で頑張ってね!

私も余った弦は、丸めてましたよ。 たしか2台目のモーリスのころまでは。
その後は、1センチくらいで切っています。
最近は、ストリングポストの根元近くまで巻くようにしていますが、こうすると
音の張りと安定度が増すようです。
皆さんは、どうされてますか? この辺、いろいろノウハウがあるかと思いますが(笑)

そういえば先週、バナナさんに調整に出ていたラリビーが戻ってきました。
調整個所については、バナナさんのHPにアップされてますので、ご興味のある方は
ご覧になってみてください。
肝心な音は調整前と比べて「!!!」ってくらいの差です(笑)
当然、音色・響きはD−45とは全く違いますが質的には甲乙つけ難いです。
実は、このギターはヒョンな事?からウッドペッカーさんに譲っていただいたん
ですが、改めてお礼させていただきます。


お久しぶりです 投稿者:catback  投稿日: 4月 8日(月)21時40分04秒

管理人さん
無事引っ越しは終わりましたか。定期人事異動、行く先で気を使いますね。私も昨年10月
4回目の転勤がありました。私の場合、市職員ですので転勤といっても市内ですので引っ
越しはありません。しかし新しい職場になれるのに時間がかかるし、年をとってからの転
勤はつらいです。
新天地の近くに楽器店等があればいいですね。

上保 さん
おっ!来て頂けましたか、ありがとうございます。ちょくちょく書き込みしてくださいね。
HP拝見しました。とんでもな高レベルでついて行けないです。
そうそう、D−45クラスでもご多分に漏れず、作りはどこか華奢ですよ。(出音はすごい
ですけど)


お久しぶりでした 投稿者:Levante40  投稿日: 4月 8日(月)18時23分40秒

暫く引っ越しで留守にしていた間に色々な話題が出てますね。追いつくのに一生懸命。^^;
余った弦をその昔私は伸ばしたままにしてましたね。現在はキチンと隙間無く巻いて1センチほど
残して切ります。普通のニッパーで綺麗に切れますよ。^^

上保 様
初めまして&いらっしゃいませ。^^
家のCE-1000S('78)にはCF Martinの焼き印がありますね。
どうもこのあたりが焼き印の変更ポイントになるようです。