Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


木材の比重 投稿者:Levante40  投稿日: 9月 1日(日)16時30分57秒

ハカランダやローズを比較した表がここにありますね。
http://www10.u-page.so-net.ne.jp/ck9/tomore/UchidaGuitar.htm
馴染みがないですが、アフリカ産のウェンゲという材が比重としては近いような・・・。
ルシアーの内田さんが使っておられるようですね。


ギターの音考 投稿者:むらちゃん  投稿日: 9月 1日(日)16時22分23秒

自分はインドローズとハカランダの材の比重はほとんど同じだと聞いた記憶が
あります。
確かマーチンがレギュラーモデルをハカランダからインドローズに変更した時に
「材の質としては同等」と主張していた一番の理由がこれだったと思います。

前にここでギターの重さについての話題がありましたが最近ギターの音質と重さには
密接な関係があるのでは?と思い始めています。
ボディが重いと言う事は弦振動を保持する為の慣性力が増しますので重厚で長いサス
ティーンの音になるが重さの為に音の立ち上がりが遅くなり軽い場合は逆になるよう
に思っています。
特に弦振動の支点にあたるサドルやナット、ブリッジピンはその影響が大きく重い
材質のものに変更すると低音が増したりサスティーンが長くなるなど音が変わる
原因のようです。
(これはプロのリベアマンの方から教えていただきました。)

それから豊富に良質なハカランダを採取出来た60年代以前のマーチンのハカランダ
も最近のGEに使用されている最高の材と言われているハカランダ木目も同様に
樫目で一見インドローズと見間違うようなものが多く木目の均一性もギターの音に
関係しているのでは?と思っています。


初めまして&いらっしゃいませ 投稿者:Levante40  投稿日: 9月 1日(日)06時07分37秒

はじめたろう 様
初めまして&いらっしゃいませ。^^
私は'82年頃に000を買おうという気は全くありませんでしたね。今は是非1本!と言う気なんですが・・・。これもECの影響でしょうね。(ミーハーなもんで)
楽器の具合は如何ですか?管理が悪いのと弾き込んだのはちょっと意味合いが違うと思うのですが、20年ほど経って激鳴りモードではないかと推察します。
ただそろそろ年代的に手を入れて(メンテナンス)やる頃でもありますね。^^
今後ともよろしくお願いします。


やはり違ってました 投稿者:マッチョ  投稿日: 8月31日(土)19時28分46秒

今日、例のジャカランダを受け取ったのですが、ノウゼンカズラ科と書いてありました。もともと違うだろうと思っていたのであまり気にはしていませんが・・・まあ、輸出禁止の木がそんなにたやすく手に入る方がおかしいですよね。お騒がせしました。


ブロンズ弦 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 8月31日(土)09時41分43秒

catbackさん
先日、帰省した折、弟から“マッケイブス”のミディアム・ブロンズ弦を土産に貰って、D−45に張っております。このところ「ライト・フォスファー」一辺倒だったので最初はこの、低音→ドッカーン、高音→ジャリジャリに戸惑ったんですが、結局2週間張替えもせず楽しんでおります。
もっとも、やっぱり指が痛いので(笑)、半音下げてチューニングしてますけど。サスティーンの点でも、まぁまぁ満足できますしね。ブロンズ弦、ちょっと再評価しました(笑)


ハカランダ 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 8月31日(土)06時54分35秒

以前ローズとハカランダは比重が違うという話が出ましたが、
それが音の違いに繋がっているとしたら、
ハカランダの比重に近い材を探せば音も似てくると思いますが、
やはりそう単純な話ではないのでしょうね。

どうもD-45のミディアムの音が気に入らないので、
試しにアニーボールのミディアムライト(単にライトと同じ太さです)
に交換したら嘘見たいにさえずり出しました。
やはりD-45はライトゲージで決まりですね。


はじめまして 投稿者:はじめたろう  投稿日: 8月31日(土)03時27分04秒

はじめまして、62年生まれのはじめたろうと申します。よろしくお願いいたします。うかつにも最近このサイトを知り、興奮しつつBBSの過去ログや皆様の愛器を拝見しています。82年頃にCE800Tを購入しました。etrurianさんのと違い管理が悪いのでひどい状態ですが、初めて買った自分のギターなので、ずっと手元に置いています。クラプトンのアンプラグド以来知名度が高まった000タイプですが、購入当時はポールサイモンのギルドみたいに小さいのが欲しいと思っただけで、マーティンを意識することは全くありませんでした(今ではHD28VSを持ってますが)。ちなみに私のシリアルは1382881です。


J−45にミディアム 投稿者:とみなが  投稿日: 8月31日(土)01時25分16秒

マッチョさん
J−45はトップが薄くスキャロップなのでダダリオあたりでも
張っている最中にトップが動くのがわかります。ブレイスの端っこ
が張り付いているエンドブロックあたりを見るとトップが盛り上がって
くるので、これはヤバい!って感じがします。まあこの状態がいちばん
鳴る状態の様ですが・・・。ギブソン弦はこわくってできませんでした(爆)
ちなみにネックの細さとマホのやらかさは、確かに折れやすいです。
かつて私もスタンドごと倒してボキッとやってしまいました。高級
ギターはケースで保管する!(笑)教訓でした。

CE1500も処分しようかと考えてましたら管理人さんに諭されました(笑)
が、やはりハカランダってのは話題がつきないですね。下手に手放すとえらい
後悔することになりそうな・・・で思いとどまってます。


世界は広い 投稿者:TAKE  投稿日: 8月30日(金)23時45分50秒

>管理人さん
おおっサンプルが大きくって分かりやすいページですね。
ネットで検索していたところ、なんと貴重なブラジリアンの材のかたまりからネックを削り
出そうとしている馬鹿者を発見しました(笑)もったいない〜。材は写真で見るよりずっと
大きく、重くて、、なんてほざいてますね。↓
http://www.driskillguitars.com/Brazilian%20Rosewood.htm

>マッチョさん
商品の札に学名でちゃんと "Dalbergia Nigra" と書いてあれば、おそらく本モノで
間違いないと思います。あんまりポピュラーじゃないですけどね。


科が違うのでは? 投稿者:Levante40  投稿日: 8月30日(金)23時36分08秒

ジャカランダですが、花とギター用材では属する科が違うように思いますが、どうなんでしょう。
ちなみに花の方はノウゼンカズラ科、ギター用材の方はマメ科だと思います。
ジャカランダ ノウゼンカズラ科
http://members.tripod.co.jp/Ashikawa/jacaranda.htm
ブラジリアン・ローズウッド マメ科
http://www.mukawahome.co.jp/ki-7/ki-7.html
ここなんかどうでしょう。

ところで先日ハカランダのバック材550×230×2を落としました。
手元にホンジュラスマホガニー(ネック材)とローズのブリッジ材、ハカランダ付板や割れ止め用材があるんですが、さて何を作りましょう。(猛爆)


ブラジリアン 投稿者:TAKE  投稿日: 8月30日(金)22時37分47秒

↓それはおそらくギターに使うジャカランダではないのではないかと、、
この件に関する詳しい情報をネットでも探していますが、なかなか見つかりません。


ジャカランダの続き 投稿者:マッチョ  投稿日: 8月30日(金)22時33分39秒

catbackさん、
マッチョです。昨日その友人からジャカランダを入手したとの連絡がありました。580円だそうです。金剛山の近くというのは間違いで、彼の近所(大阪狭山市)のダイエーの植木売り場で見つけたそうです。ただ2日前には大量にあったのが1本だけになっていたそうです。そこの話ではフロリダの街路樹で春に花が咲くそうです。とりあえず、今年はもう入荷するかどうか分からないそうですが、何なら問屋さんに聞いてみましょうかとのことです。お近くなら1度のぞいてみられては?実はウチの近所にもジャカランダらしい植木を植えているところがあるのですが、恐くて聞けません。
とみながさん、
確かにギブソンの弦は硬そうですね。J-45に張ったら壊れる、というのはネックが細いからですか、それともスキャロップになっているからですか?ぼくのエピフォンもネックが細いのでミディアムは恐くて張れません。


ミディアムゲージの続き 投稿者:catback  投稿日: 8月30日(金)18時12分29秒

ねくすと大塚さん
MSP3200 なんかどうです。私のD−41はフォスファーよりもブロンズの音の方が合って
いると思っております。(実は単なる拘りだったりして)

とみなが さん
>昔、ギルドのミディアムはすごいいい音した記憶があります。
 私のCE−1200はずっとギルドのミディアム(フォスファー)を張っていました。ええ
音でした。
マーチンには当時フォスファーは無かったのにギルドには 20 数年前からフォスファーがありましたね。
最近のギルドは昔より音が悪くなった様な気がしますが、気のせいでしょうか。

マッチョ さん
ジャカランダの苗木 500円なら弦より安い(変な比較ですが)ですし、よろしいですね。
金剛山は私の家からそう遠くはないし、「 ジャカランダの花 」一度挑戦してみたいです。


ミディアムゲージ 投稿者:とみなが  投稿日: 8月30日(金)18時01分46秒

私はベンドやビブラートを結構使いたい方なのでミディアム張ると
発狂しそうになりますが、ボトルネック使う時には良いですね。
友人はいつもミディアム張っているとライトゲージは細くて指に
食い込んで痛いといってました。きつく握ってドカーンと弾く人ですが
うまいんですけど、そない力いっぱい握らんでもええんとちゃうって感じの人です。
1310氏はミディアムにしたらホントのギターの音になったとか・・・
指弾きの人も注目の発言ですね。
昔、ギルドのミディアムはすごいいい音した記憶があります。
ギブソンのはいかにも鋼鉄です(笑)。はっきり言って硬くて弾けません。
たぶんギブソンJ−45に張ったら壊れます(笑)。弾きやすいミディアム
ってどれがいいでしょうね?


ミディアムゲージ 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 8月30日(金)06時47分58秒

最近、ノンスキャのギターにはミディアムを張って見ました。
噂通り指が痛いですが、低音の出が良くなった様に思います。
しかしD−45などではどうも高音の印象がイマイチになってしまいました。
当たり前ですが、ギターも弦を選びますね。
ちなみに弦はMSP4200です。


ショッキングな情報 投稿者:マッチョ  投稿日: 8月28日(水)19時23分43秒

ご無沙汰しています。マッチョです。たった今ドライブ好きの友人から聞いたのですが、大阪近郊の金剛山という山の近くでジャカランダの苗木が売られているのを見たそうです。しかも、1本500円ぐらいで。とりあえず確認したいので、今度行ったら1つ買って来てくれるように頼んだのですが、同じ物だったらえらく安いですよね。ウチのジャカランダは今年は花が咲きませんでした。ここ数日水遣りをサボったので少ししなびています。ウッドペッカーさんのところは綺麗に咲いたのに・・・


承知しました 投稿者:Levante40  投稿日: 8月25日(日)12時40分02秒

とみなが 様

CE−800の件承知しました。
何方かご購入希望の方はここへ直接書き込みいただくか、私に直メールでもかまいません。
とみなが様との連絡の橋渡しをいたします。


CE−800を譲ります。 投稿者:とみなが  投稿日: 8月25日(日)01時10分50秒

この度我が家の楽器室を整理することになり、相当数の楽器を
処分しました。悲しいのですがCE−800を手放すことにしました。
79年製HD−28レプリカ、サドル、ナット牛骨、フレット交換
(以上2年ほど前、前オーナーが黒沢にてリペアしたもの)状態は
上々で大変よく鳴っています。小さな傷や打痕はありますが、きれいな
方だと思います。Martinをメインで使っているため弾く機会も少なく
なったので、よい方にお譲りできればと考えています。オールドレプリカ
ハードケースWO-130とセットで送料込み6万円で如何でしょうか?
どなたも入り用でなければ後日ヤフオクに出品しようかと考えています。
本来こういった売買をこの場で告知するのはどうかともためらいましたが
できれば最良の猫派の方の手に渡って欲しかったもので・・・m(__)m
管理人様
できますれば、希望者がおられましたら当方のメアドなど先様にお伝え
いただき、ご媒酌の労(笑)お願いできれば幸いです。

今回の件、万一ご迷惑でしたらこの全文を削除して下さい。


ヤフオクが 投稿者:TAKE  投稿日: 8月24日(土)01時41分00秒

一瞬だけ、かつての綺羅星のごとく名器の並んだ夢の玉石混交状態に戻り、またすぐに元の
石ころだらけになりましたね(笑)。


今日・・・ 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 8月23日(金)09時12分25秒

実はヤフオクで出品していたF-1150が嫁に行きます。
本当は手放したくはなかったですが、経済的な理由です。
気に入って貰えると良いですが。
これでヤマキは手元になくなりました。
最終目標はF-1200ハカランダですので、通過点と思えば気分も違いますね。


ありがとうございました。 投稿者:チロルキング  投稿日: 8月22日(木)18時32分54秒

よくカタログを見れば判ったのですね、すいません。まったく弾いた形跡のない、無傷なものでしたので、驚いています。20年間、眠っていたようです。


CE-800 投稿者:Levante40  投稿日: 8月21日(水)19時25分27秒

チロルキング 様
初めまして&いらっしゃいませ。^^
'82年製CE−800は、カタログ面からは下記のとおりです。
トップ:スプルース単板
バック:ローズウッド単板
サイド:ローズウッド
ネック:マホガニー
指板&ブリッジ:ローズウッド
クルーソンタイプペグ、OLDD−28レプリカ
カタログ見にくいでしょうか?クリックしていただくと大きい画像が見えるようにはしてありますが、HPのスペース上ギリギリのサイズにしてあるもので申し訳ありません。m(__)m


82年製CE800について 投稿者:チロルキング  投稿日: 8月21日(水)16時47分25秒

こんにちわ、初めて投稿させていただきます。最近82年製CE800(シリアルNO.13XX82)を入手しました。HPを拝見したところ、79年よりビンテージタイプにモデルチェンジしたとのこと。外見は79年のものと変わらないようですが、指板はエボニーではなくローズウッドではないか、またブリッジも黒く着色したローズウッドに思えます。82年のカタログを拝見させていただきましたが、字が小さく見えなかったので、詳細スペックを、教えていただけないでしょうか。よろしくお願いします。


ありがとうございます! 投稿者:ポン吉  投稿日: 8月21日(水)11時16分32秒

早速のレスありがとうございます!
そうですね!私はアコースティックなブルースをよく弾くので多少の荒っぽさは逆に気に入っています!6弦に少しビビリがありますが、それがまたブルージーな感じで・・・(笑)
生音がとにかくデカイので太めのミディアム辺りを張ったらボトルネックなんかにも合いそうです!外観もヘタに派手さがなく実戦向きなところも気に入ってます!これからどう育っていくか楽しみです!

ギターについての私的意見ですが、ギター本来の目的は(楽器全般にいえることですが・・・)は鑑賞するものではありません!あくまでも手にとって弦を弾いてなんぼやと私は思っています!
大手の楽器屋に行くと、たまにダイヤなんか埋め込まれてる100万クラスのギターを見ることがありますが、私には理解できません!(サドルにダイヤを使っているなら話はわかりますが・・・笑)
あと超一級の材を使っていても、傷が付くから、指紋が付くからって、ガラスケースに入れられたまんまのギターも、ちょっと可哀想で・・・

すいません。関係ないところで、ちょっと熱くなってしまいました・・・(笑)

では、また寄らせてもらいます!


初めまして&いらっしゃいませ 投稿者:Levante40  投稿日: 8月20日(火)18時24分05秒

ポン吉 様
初めまして&いらっしゃいませ。^^
それはいい買い物をされましたね。某所で498で出ていますのでかなりお買い得でしたね。
CE−700Sの鳴りは一級品です。ガンガン弾き倒す分にはそうそう遅れはとりますまい。(爆)
少し荒っぽく雑な感じはこのギターの狙いの一つだと思っています。個性ですね。
好みが合えばこんなに良い物はありません。大事にしてあげてください。^^


一生連れ添う覚悟です! 投稿者:ポン吉  投稿日: 8月20日(火)09時47分46秒

先日都内某所の古道具屋で、「Cat's Eyes CE−700・S」を1万ウン千円で見付けました。
私もアコギを弾く(ギブソン派でしたが・・・)ので「トーカイの70年代〜80年代前半」の物は作りがしっかりしているし良く鳴る(らしい・・・)ってのは何かの雑誌で読んだことがありまして、試しに少し弾かせてもらったら・・・も〜ビックリです!
暫く弾かれてなかったせいかお腹も少し出ていて少し荒っぽく雑な感じはしましたが、何しろ音が異常にデカイ!ネックにも振動がズンズン伝わってきて「ボディー全体で鳴る!」ってのは、こんな感じなんや〜!初めての体験でした!
家のハミングバード(92年)でもこうはいかない!(笑)もちろん言うまでもなく購入しまして、家に持って帰りマジマジと見てましたが、材の良さにまたビックリです!
トップのスプルース単板はラッカーフィニッシュではないけれど、まるでOLDマーティンを思わせる風格!木目が詰まっていて、うっすらと横方向にも・・・焼け具合も丁度良くビンテージの感じがビンビン!
サイド、バックのローズは合板と言えども、決してそうは思わせない!
早速、ペグ、ネック、弦高等を調整して、新しい弦を張り小一時間ジャカジャカしてましたら音が安定してきて、まさに「ドン、パリーン」 とても1万ウン千円で売っていたギターの音ではない!
マーティン系のアコギはあまり弾いたことがありませんでしたし、特に欲しくはなかったんですけど、コイツにはマジで惚れました!
ギター(特にアコギ)はホント値段じゃないですね!24回ローンで買ったハミングバードが可哀想・・・(笑)

何かウダウダと書いてしまいましたが、たまに寄らせて頂きますので、今度ともどうぞ宜しくお願いします。


管理人さんへ 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 8月19日(月)23時53分48秒

例の弦、なかなか調子いいですよ(笑) 音色は、ちょっと好みではないけれどね。
3日といわず、1週間は快適な気がしてます。半音下げのチューニングで、丁度いいテンションになってるようです。
ニール・ヤングの「孤独の旅路」なんぞを弾いてましたら、ふと昔を思い出しましたわ(笑)


ネクスト大塚さんへ 投稿者:アッピー  投稿日: 8月18日(日)09時53分44秒

一昨日はCE1000Sを評価して戴き、有り難う御座いました。
D-45を始め、数々の高級ギターを弾いてこられた経験者から、「合格」の評価を得られたこと、大変嬉しく思います。
しかもD-45やCE2500を惜しげもなく弾かせてもらい、貴重な体験(初体験でした)をしました。
当初、D-45やCE2500は、貝の装飾が見事なのであり、音はD-28やCE1000と大差は無いと思ってました。
でも、弾いてみて直ぐに違いが分かりました。
良く「鈴を転がすような」と表現されますが、まさにアノ音色のことなのですね!
本当に素晴らしいギターをお持ちで、心底ウラヤマシイです。
またの機会がありましたら、是非! (他のD-45コピーモデルも弾いてみたいです)


ご無沙汰しております。 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 8月17日(土)12時34分56秒

昨日まで帰省しておりまして、楽しみにしておりました「CE-2500とD-45の
弾き比べ」を堪能してきました(笑)
音の違いについては、敢えてここでは申し上げませんが、大変興味深かった
です。個体差はもちろんですが、弾き手側の音作りでギターの「音」って、
いくらでも変わるもんですね。

管理人さん
グローバーのロングポストの件、ヘッドの角度まで確認しなかったねぇ(苦笑)
プリウォータイプだと、気持ち深かったりしてね…


CE-1000S 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 8月17日(土)09時55分38秒

昨日某オフ会でアッピーさんの'77 CE-1000Sを弾く機会が有りました。
感想としては、高音域はD-28を凌いでいるのでは?という印象です。
弦のゲージをお聞きしたらライトとの事でしたが、
ミディアムを張って弾きたいなとも感じました。
やはり優れた1本ですね。


パブロ 投稿者:むらちゃん  投稿日: 8月16日(金)19時41分37秒

自分もこのギターの存在は初めて知りました。
しかし、ぱっと見て引きつけられる不思議な魅力のあるギターですね。
サイド・バックがマホ単板で12万円の定価も凄いです。
KヤイリのDY−18でも7万円ですから。

パインティングも木のようですがKヤイリの現在の工場長の小池さんもこれには拘りがあるようでカスタムのKK−46はほとんどがこれですね。
5万円が安いのか高いのか解りかねますがどのような音がするのか大変興味のあるギターです。
寺田楽器ですので良いものだと予想します。


パブロの広告ありがとうございます 投稿者:i_love_chabi  投稿日: 8月15日(木)23時38分13秒

話題にしていただいてとてもうれしいです。その上広告も入手していただき感激しています。ありがとうございました。
あの頃、昼食を食堂の『素うどん(\90)』で我慢して、やっと買ったちょっと分不相応なギターでした。その分、大事にし、今でもきれいな状態で残っています。ケースを開けたときのあの裏地の柄もなんとも言えない気分でした。ちょっと高めで設定したのでまだ買い手はつきませんが、そのときは何とか一緒に引越したいと思っています。
本当にありがとうございました。


パブロの広告 投稿者:Levante40  投稿日: 8月15日(木)19時49分06秒

catbackさんから広告を提供いただきましたので、セカンドサイトにアップしました。
製造元は寺田楽器のようですね。


ワックス、カスガ 投稿者:TAKE  投稿日: 8月15日(木)11時41分15秒

>catbackさん
荏の油蜜蝋ワックスはただいま試験中ですので、また報告させていただきます。ちなみに、確かに
恐ろしく乾きにくいようです。説明書通りの24時間たってもまだべたべたしています。
それとも、車のワックスみたいに乾いて拭いたらツルツルになると思っているのが勘違い
なのかな? 某ビンテージ専門ギター屋の有名なリペアマンに、「このギターには絶対何も
塗るな、クロスも使うな」と言われた禁を破ってしまい、ドキドキしてます(笑)。

>ねくすと大塚さん
家具のニス塗装は知らないのですが、それがギターにそぐわない塗装方法だということはもう
たっぷり味わいました..はぁ〜。
自分は楽しく弾けてなんぼ、を第一義にしてますので、オリジナルにはそんなにこだわって
いません。
しかし、オイルニス仕上げはこのギターの設計者がまず一番にこだわり、無理を押し通して生産
させ、そして全く売れず評価されずの原因になった、いわば全てのキーポイントですので
研究上、アイデンティティ上?そう気安く塗りなおすわけにも行かず、苦闘してます。
音質に関係有るのかどうかは分かりませんが、他メーカーがやらないのは塗膜が全く出来ずに
木にしみ込ませて行くので、恐ろしく時間と人手がかかるためだそうです。


おおっ! 投稿者:TAKE  投稿日: 8月15日(木)11時21分05秒

ぱっと見た感じ、すごく良さそうなギターですね。
パブロってなんでしょうか?初耳です。形がなんだかTAMAっぽいのですが関係無い
ですよね?
昔でマホガニー1Pネックと言うのもすごいと思いますし、それ以前にサイドバックマホガニーで
定価12万円と言うのもすごいですね。どんな音がするんだろう?


パブロは・・・ 投稿者:Levante40  投稿日: 8月15日(木)10時45分22秒

i love chabi 様

え〜と、型番が無いんですが、「6弦ギター」というのが型式でしょうか。^^;
トップ:スプルース単板、S&B:マホガニー単板、ネック:マホガニー1P、指板・ブリッジ:黒檀、ペグ:グローバー102G、定価12万円といったところですね。

ところで兄が帰郷していてCE−2500とD−45('79)と比べてみていたのですが、2500は102Gがロングポストタイプだと言うことに気が付きました。D−45は通常のだったそうなので、皆さんのはどうですか?ちなみに1000Sは通常の短いヤツなんですが。


めずらしい 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 8月15日(木)09時42分21秒

ギターですね。私は初めて見ました。
当時はおいくらだったのでしょうか?
ケースのヒョウ柄?も目を引きますね(笑)。
女子高生が欲しがりそうですね。


パブロを出品しました 投稿者:i_love_chabi  投稿日: 8月15日(木)02時23分38秒

YahooオークションにPabloを出品しました。ぜひご覧になってください。
大切にしていただける方へお譲りできるとうれしいのですが。

このギターを購入してから20年以上、店はもうなくなり、オークションに出すに当たりいろいろ調べていたらこのページで情報を見つけたのです。とてもうれしかったです。
状態もとてもいいです。

同時に出品しているKヤイリの12弦(
http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c22533318)とこのパブロは子供が大きくなったら譲ろうと思って大切に保管していたのですが、海外へ引越すことになり、荷物を最小限にするために売ることにしました。

買っていただかなくても結構です。
一度ご覧になっていただきたく投稿させていただきました。

http://page3.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/c22533614


ニス塗装 投稿者:ねくすと大塚  投稿日: 8月14日(水)21時42分52秒

TAKEさん
カスガの塗装には相当お困りの事と思います。
以前一時期アリアで同様のオイルフィニッシュ品を所有していた事が有ります。
余り弾かれて無かったので綺麗でしたが、普通に考えて家具のニス塗装を意識して貰えば、
ギターにそぐわない塗装方法だという事は重々承知して貰えると思います。
(経年変化でどんどん剥げてくる)
私はカスガがオイルニスを使っているから良い音がするのだとは思いません。
(それが良い方法だったらどこも使っていますよね)
この際ちゃんとリペア工房で普通の塗装にして貰ったら如何でしょうか。
まあ、それ程惚れ込んでいらっしゃるからオリジナルに拘るのも判りますが。