Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


私は最初 投稿者:ナビゲーター  投稿日:10月20日(日)23時04分39秒

何年か前までは、板目にほれ込んでいました。ハカのあのなんとも言えないウルトラQ状態の感じが日本的な心をくすぐっていたような気がします。
今では、人間素直に生きよう(うそばっか)の精神で柾目に・・・なんのことやら。
最終的には、素材、作り、ルシファー、音なんでしょうかねえ。高ければ良いってもんでもないし。
ダキストですか。見たことはあるんですけどまだ使ったことはないですね。どんな感じでしょうか?


ダダリオEXP今だ現役! 投稿者:さとのしん  投稿日:10月20日(日)23時03分28秒

ダダリオEXPフォスファーブロンズEXP16(ライトゲージ)に交換して
早、1ヶ月が過ぎましたが、依然、音の変化は大きく変わりません。
1、2弦のサスティーンも相変わらずよく伸びますし、低音弦のタイトさも
変わりません。既に、クロサワ楽器新大久保店では売りきれ状態が続いています。
銀座山野楽器吉祥寺店にある最後の在庫の1セットも昨日買いました。
エリクサーはどうして人気がないんでしょう?山野楽器店、クロサワ楽器店でも
あまり良い評価をしていません。
ヘッドウエイのハカランダですが、HPの文面を読むと。手工芸家から譲り受けたと
ありますが、家具製作の為に保管していたものなんでしょうか。それとも、あくまで
ギター製作用のハカランダをシーズニングして保存していたのでしょうか、百万出すのなら
私だったら、1950年代のハカランダ・マーチンを買いますがね。


買えないので(笑) 投稿者:DUCKBILL  投稿日:10月20日(日)22時54分43秒

どっちがいい?もないんですが…柾目好き(板目嫌い、とも言う)としては、どちらも同じですねぇ(笑) 音の優劣とは、全く関係ありませんので、戯言として気になさらないでください。

ところで、先日バナナムーンさんに行った折にダキストのフォスファー・ミディアム弦を買ってきて、先週45に張ったんですが、とても調子がいいので、1箱注文してしまいました(笑)約半年分ですかねぇ。しばらく弦のことは気にしなくてよさそうなので精神衛生上は、いい感じです。


私は 投稿者:ナビゲーター  投稿日:10月20日(日)22時28分35秒

むらちゃん様へ
私は2番かなあ。1番も良いんですけど裏板で見たとき、柄がバラけそうです。とはいいつつも2番はなんか導管がもろ見えているとこなんかとあぶらぎっている所なんか評価が評価が分かれそうですね。
100万オーバーだと考えちゃいますね。やはり最後には音の好みが決定要因でしょうか。


高いね〜 投稿者:Levante40  投稿日:10月20日(日)19時09分07秒

むらちゃん 様
ヘッドウェイカスタムとはいえ定価が100万を遙かに超えるんですね〜。@@
材のグレイドに変わりがなければ、派手見せする1番かなぁ?
そう言えば少し前にハカランダの単板材を買ったんだった。製材しなくては・・・。


百瀬カスタム 投稿者:むらちゃん  投稿日:10月20日(日)17時10分51秒

凄いです。
ネック1P、激選ハカランダ2台限定!
皆さんならどちらのハカランダを選びます?

http://momoseguitar.com/


TAKEさんへ 投稿者:ナビゲーター  投稿日:10月19日(土)23時07分23秒

TWはやはりレアですか。以前、TW40Gを持っていたことがあるんでこれは良いもんだなと思っていました。ギャラガータイプでしたが。
TAKEさん、別に低価格路線は私だけで良いです。ただ資力がないだけなんで自然とギリギリのトップ単板が集まっているだけです。
多分ブルーベルを持っていきます。


(無題) 投稿者:TAKE  投稿日:10月19日(土)21時53分41秒

>ナビゲーターさん
TW80って、やっぱりレアですよね。今は夙川の某店の壁に掛かっております。
なぜ注目してるかと言いますと、TW30というトップ単板なだけの量産ギターが、意外と
注目すべき音質だったからです。ま、しょせんは量産なのですが、なんというか
マーティンギターの音色の良い特徴をうまく受け継いでいて弾いていて楽しい感じが
します。

>一番低価格ギターを持っていきます。冷たくしないでね。
なんと、僕は持っている中で一番高価格ギターを遠路持って行こうと思っていたのに、、!
低価格勝負なら多分負けませんよ。どうしようかな?


あっ! 投稿者:ナビゲーター  投稿日:10月19日(土)00時33分43秒

間違えていました。そう!TGです。イ行変格活用を個人的に乱用したあげく日本語子音翻訳解釈勝手読み的自己満足になっていました。
4年くらい前まで大阪で2年ほど仕事をしてたんですが、こんなに大阪はすごいなんて・・・とは・・・思っていましたよーだ。くやしいけれどいいなあ、○ーつのおっちゃんは、・・・失礼(猛省)
エリートもあったんですか。はあ。TW80なんぞ、どないして仕入れたんや!って感じです。
にわか関西人気取り・・・うむむむむずかしい。
今友人が、来週HW−120(ヘイワゴン)を持っていくと申しております。
私は、決然絶対国産日本品質低価格路線連合連絡会を勝手に思っております関係上・・・一番低価格ギターを持っていきます。冷たくしないでね。(うわっ気持ち悪う)


○ターアーツ 投稿者:TAKE  投稿日:10月18日(金)23時55分55秒

>ナビゲーターさん
これは地元へようこそ、すごいでしょう?>○ターアーツさん
1500は私も見ましたが、正真正銘のハカランダで、しかもすごく目の詰まったというか導管の
ほとんど出ていない、油っぽい材ですよね。オールドマーティンみたいでいいなあと思いました。
タマはTG160の間違いですよね?BGは春日です。この間までエリートのTW80という
トップ機種なんかありましたが、この辺は夙川の方へ引っ越されたようで(笑)。っていうか、
ブームのかけらも無いですが、私はエリートを結構高く評価しております。

店の奥にYD308、508、ヘッドウェイ115Sなど、さらにあの時代の最高級機を隠し
持っておられますいいなあ。いつも思うのですが、値段も値段ですが、よくもあれだけきれいに
高級機種ばっかりたくさん集められるなあと感心します。


行って来ました 投稿者:ナビゲーター  投稿日:10月18日(金)23時44分27秒

先日大阪へ出張だったもんでチョット気になったいた大阪は心斎橋近くのギターショップ○ーツさんへ行って来ました。うわって感じの圧倒される位の種類の多さでした。キャッツアイは2〜3本位でしたが1500が1本、スナッピーのSW800が1本その他・・・・まだ裏に有るって言われてただただ呆然。LLのカスタムやらL53やらヤマキ、ヤスマやらで今もって消化不良状態です。状態はそんなに良くなかったけど堂々の風格タマBG160はスバラシイ。アリアのD−100なんてはじめて見た。なんじゃこの店はと2億8千万光年位ボーっとしていました。その奥から出してきたLLのカスタムはなんと150万クラスですと・・・へっ!庶民には到底・・・すごかった。
なんか自暴自棄に陥る寸前で、あやうくこれチョーダイ、家を省みず24回払いねって言ってしまいそうでした。O−ツのオーナーからあんたも病気やと言われてしまいました。
閑話休題・・・そんな感じでまだ興奮さめやらズ。スーパーギタートリオを聞いて冷まします。


000-45モデル 投稿者:Levante40  投稿日:10月18日(金)23時30分40秒

東海楽器に詳しい情報がないか問い合わせてみたのですが、残念ながら残っていないようでした。
回答の中で分かったのは型番が入っていないのはオーダーモデルではないかということと、もしそうなら石橋楽器に出ることはないが・・・と言うことくらいでした。
現物はありますので不思議、不思議・・・。


ありがとうございます 投稿者:Levante40  投稿日:10月18日(金)18時31分25秒

さとのしん 様
ありがとうございます。もう少し探してみてダメだったらお願いします。

davs205d 様
ご無沙汰しております。その節は翻訳お世話になりました。あれ以来ごく稀に英語のメールが届きますが適当に返しております。^^;
ところで家で使っているPP-1000-00ですが、問題なく000−45モデルにフィットしていますよ?CE−800SとCE−700Sはブリッジピンホールがタイトなので、こっちの方が良いような気がしてますが、どうでしょうね。


TUSQのエンドピン 投稿者:davs205d  投稿日:10月17日(木)23時33分57秒

皆さん、こんばんは。davs205dです。ご無沙汰しています。
TUSQのエンドピンは、某所で話題になって、試しにCE-1200に使ったところ、もう、元
にもどせなくなってしまいました。私も、さとのしん様と同じ、PP-1122-00です。米国
のGraph techで通販していますが、$14.9ですので、国内で2000円で入手できますので、
あえてここから買うことはないですね。

http://www.graphtech.bc.ca/product_display.asp?SearchType=brand&brand=TUSQ

をごらんください。TUSQのバリエーションはいろいろあることに驚かされますが
Cat'sに使えるエンドピンはMartin Styleと明記されているものだけのようです。
それでも、ドットとパール、白、黒のそれぞれの組み合わせが選べます。ここの
HPでは、PDFをダウンロードできますので、実際のカタログが入手できます。


東京には。 投稿者:さとんのしん  投稿日:10月17日(木)23時29分19秒

管理人様
私が買ったのは、東京・新宿の新星堂楽器店でしたが、その時は、アバロンもアイボリーも
黒も沢山ありましたよ、先週の日曜日に、東京の吉祥寺の銀座山野楽器店でも見かけましたので
おそらく、東京の楽器店には、まだあるんではないでしょうか。
必要であれば、私がタスクブリッジピン”アバロン”買ってきましょうか?
たしか、2000円以上はしていた記憶があるのですが。
また、輸入発売元は、ヒューマン・ギヤとなっています。


田舎では無い? 投稿者:Levante40  投稿日:10月17日(木)22時32分52秒

さとのしん 様
そう思って近くのM市の楽器屋全部に電話をかけてみましたが、在庫はありませんでした。タスクと問い合わせただけでそれ何?と言った感じでした。日曜に行った隣県のY市の楽器屋でもありませんでしたし、田舎には流れてきてないのかも。
ちなみにアヴァロン入りは結構品薄だそうです。(オークションで売っている会社談)
どっかの通販で見ませんでした?


TASQ良いですよね〜! 投稿者:さとんのしん  投稿日:10月17日(木)21時20分14秒

そうですか、管理人さんもタスクのブルッジピン手に入れましたか。
私も、タスクのブリッジピンに替えて早半年経ちますが、なんか、倍音がより
際立つ感じで、音量の上がるし、良いですよね〜、ちなみに私の使用しているのは
PP-1122と言う、アイボリーに中心が黒ポイントの、定番というタイプですね。
実際、象牙よりは格段に安いですよね、私は、新星堂楽器店で買いましたので
2000円でしたがね。


TUSQのブリッジピン 投稿者:Levante40  投稿日:10月16日(水)23時23分28秒

先日オークションで落札したタスクのブリッジピン(PP−1000)というのを000−45モデルに使ってみました。あまり期待していなかったのですが、余分な音が減った感じでこれは結構良いようです。
マーチンのエボニーピンがオーバーサイズだったので、サイズ的にもジャストですね。CE−2500用にも調達しようかしら?


ありがとうございます 投稿者:Levante40  投稿日:10月16日(水)19時48分08秒

mr.slow-hand 様
ありがとうございます。
9百番台のCE−1500がありますが、このタイプで下4桁のをまだ見たことがありません。
このタイプのシリアルがCE−700S、800S、CE−1500に使われていたことが確認出来ていますので、それぞれの生産数は2〜3百本未満であると思われます。実数はもっと少ないかもしれませんね。


Levante40様 投稿者:mr.slow-hand.  投稿日:10月16日(水)19時05分26秒

例のCE-800Sのシリアルですが、
100818でした。
これで、何かわかりますか?
ではでは。


初めまして&いらっしゃいませ 投稿者:Levante40  投稿日:10月16日(水)18時50分23秒

Zin 様
初めまして&いらっしゃいませ。^^
キャッツアイのギターは、妥協の無い造りをしてありますので、合板物でも結構良いです。今度は是非もう少し上のクラスの物を体験してみてください。また新しい発見があると思いますよ。


CE-250 投稿者:Zin  投稿日:10月16日(水)06時29分41秒

初めまして,Zinと申します。ある方にマーチンのことでこのホームページを紹介していただきました。そして、昔,東海楽器がマーチンの代理店だったこと,自分の所有するマーチンがその当時,東海楽器が扱っていたものであることが分かりました。とっても勉強になりました。
さて,勉強になったのはいいのですが,今度は”東海マーチン”と呼ばれるCAT’S EYEのことが気になってきてしまいました。 o(@^◇^@)o,    
そこで,オークションのページを気にかけていたのですが,初めてのCAT’S EYE
購入ですので財布に無理のいかない金額でいこうと思い,見つけたのがCE−250です。金額は4800円(これは楽!)オール合板だし,今まで国産ギターでいいやつに当たったことないし,今度のやつは安いし,とあまり期待はしていませんでした。
さて,ギターが送られてきて,箱を持ったときに感じたのがその軽さ。「もしや・・・」と思いながら箱を開けてみると,箱から出てきたのはマーチンのDそっくりのギター。細部は違いますが,マホガニーを使っているところを見ると,どうやらD−18のコピーらしいです。早速チューニングしてジャラーンと鳴らしてみると,いい鳴りするじゃないですか。(^^)
急いで古い弦をはずし、一生懸命磨くと見掛けもとっても良くなってきました。さて、新しい弦を張って弾いてみますと・・・・すばらしい。本家もビックリするほどの鳴りです。しばらく弾き浸ってました。恐るべしCAT’S EYE!
今回のCE−250購入で国産ギターの本当の力を見せてもらったような気がします。そして、また一人CAT’S EYEのファンが生まれました。
というわけで、今後ともよろしくお願いします。


CE-800S 投稿者:Levante40  投稿日:10月15日(火)21時47分14秒

mr.slow-hand 様
初めまして&いらっしゃいませ。^^
CE−800Sとは、また良い物を拾われましたね。ネットの楽器屋でもオークションでも年に1〜2本見るかどうかですからね。
出来ればシリアルを教えていただくと大変喜びます。このシリーズは、通常の物と付け方が違うんですよ。解析すると全体の生産数が分かると思うので、是非お願いします。
確かに程度の悪い本家D−18よりは遙かに鳴ります。しかも、当たりはずれがないのは流石東海楽器ですね。


(無題) 投稿者:TAKE  投稿日:10月15日(火)21時20分36秒

CE800Sいいですね、僕も探してみよう。

>むらちゃんさん
D45はスキャロップタイプとノンスキャと両タイプあるみたいですよ。


すみません書き方悪かったです 投稿者:むらちゃん  投稿日:10月15日(火)21時05分44秒

現行のシリーズの仕様です。
D−28の仕様の遍歴は一応知っています。

D−45とDー41でノンスキャロップを作らないのは重い材を鳴らすには最低
スキャロップが必要なのだと想像します。
年月が経てば鳴ってくるのでしょうがこのクラスは最初からユーザーをある程度
満足させる必要があると判断していると思います。

CE−800S、当時8万円のギターです。
国産でオールドのD−18のレプリカは探してもおそらくほとんど無いでしょう。
スーパー・ウルトラ・スペシャルお買い得だと思います。
しかもブルーケース付きですか・・・。
勉強不足のお店のおばちゃんに感謝しましょう!


CE−800Sでした! 投稿者:mr.slow-hand.  投稿日:10月15日(火)18時26分46秒

さとのしんさんへ。
はじめまして。
いろいろと情報、ありがとうございます。
自分のCAT’S EYEもCE-800Sと、ネック・ブロックに刻印されていました。
管理人さんの画像を、拝見しましたが、
ブレーシングのスキャロップは確認出来なかったのですが、
正にそれです。
そこらの、マーティンのD-18より、よっぽど良く鳴ってます。
国産のギターで、これだけ鳴るギターがあるなんて、ビックリです。
新参者ですが、大切にしますので、
これからも、是非是非、宜しくお願い致します。


CE−800追記 投稿者:さとのしん  投稿日:10月15日(火)16時23分32秒

プリオーD−18のフルコピーはCE−800Sでしたね!
失礼しました・・・。


CE−800、良いですよ!◎ 投稿者:さとのしん  投稿日:10月15日(火)16時19分26秒

mr.slow-hand様いらっしゃいませ、お初ですね〜。
そのCE−800か相当にお買い得でしたね〜、プリオー、D−18を
フルコピーのキャッツアイの傑作品ですよ!
表板のブレーシングはスキャロップではないですか?
表板がスプルース単版、裏側板がマホ単版でブリッジがロングスロットならば、正真正銘のCE−800ですね。私も長年捜していますが、お目にかかれません。こちらのHPの管理人さんが同機種をお持ちですので
画像、仕様を比べてみてはいかがでしょうか。


CE-800? 投稿者:mr.slow-hand.  投稿日:10月15日(火)13時31分25秒

始めて、書き込みします。
実は昨日、CE-800を三軒茶屋の古道具屋で、¥2800-で購入しました。
始めは、ブルーのケースを見つけて、おャ!?マーティン?っと思いきや、
MARTINのロゴが入るべきところに、CAT’S EYEのロゴ???
しかも、ケースの周りのサッシが無い・・・?
お店のおばさんに聞くと、(おば)『それは良いケースだから¥4000だね!』って、言われ、
ケースを明けると、クルーソンのペグが1つ壊れて、
ブリッジ・ピンが1本無い無残なギターが現れ、
おばちゃんが、(おば)『このギターは壊れてるから、¥3000-で、良いよ!』って、言われ
(自)『なァ〜んだ、壊れて鳴らないなら、もうチョットまけて!』(おば)『じゃ、¥2800-』
(自)『しょうがないなァ〜、じゃ、買うよ!』(シメシメ・・・。)
早速、帰って、ギターにバフをかけて、ワックス掛け。ブリッジを付け、
壊れたクルーソンを、取り替え。ネックの角度を調整し修理完了!
見違える程、綺麗なギターが完成!音は良いし綺麗だし最高かも!
仕様は、Dサイズでトップはスプルースで、サイド・バックはマホ。
サドルはロングベリーで、ケースはエクセレント状態。
実は、自分はマーティンのコレクターで、CAT’S EYEは良くわからないんですが、
これって、良いんですか?それとも大した事ないギターなんですか?
どなたか、ご存知無いですか?


D-45のブレイシング 投稿者:ねくすと大塚  投稿日:10月15日(火)09時18分26秒

近年のD-28にはHD-28が有るのでノンスキャですね。
D-45とD-41にノンスキャを作らないのは何故なんでしょうかね。
クロサワカスタムで69スペシャルという69年仕様のD-45がありますが
200万円もするので普通の人にはとても買えませんね。
ネックは日本のみSQとかやってるので、
5万円程度の違いで作ればよいですね。


D-28 投稿者:Levante40  投稿日:10月14日(月)21時54分40秒

むらちゃん 様
D−28は年代によって変遷がありますね。
〜39 スキャロップド・フォワードシフテッド・Xブレイシング
39〜 スキャロップド・Xブレイシング
44〜 Xブレイシング
のようです。

D−45は戦前のオリジナルはスキャロップド・フォワードシフテッド・Xブレイシング
68〜 Xブレイシング
86〜 スキャロップド・Xブレイシング
になったようです。


CE−1500の重さ 投稿者:さとのしん  投稿日:10月14日(月)21時32分58秒

ギターの重量が話題になっていますので、私の、CE−1500も体重計で量ってみました。
重さは、なんと、1.6キロでした。
以前、ねくすと大塚様宅にて、ハカランダ単板のギターを弾いた時、重いな〜と感じましたし
この間、クロサワ楽器行った時にも、ハカランダのマーチン弾いたら重かったんで、比重の
違いもあるのかなと思いました。乾燥の度合いもあるとは思いますがね!


むらちゃんへ 投稿者:DUCKBILL  投稿日:10月14日(月)19時37分45秒

現在の41はScalloped 5/16"
   42はScalloped 5/16" Forward Shifted
のようですね。(本家のHPより)
catbackさんの41は'75年製なので、ノンスキャです。


訂正 投稿者:むらちゃん  投稿日:10月14日(月)19時04分09秒

ノーマルスキャロップは変でした。(汗)
ノーマルブレージングです。


あれれ 投稿者:むらちゃん  投稿日:10月14日(月)18時58分22秒

41はノンスキャでしたか。
うーん、どこかの掲示板で騙されたような・・・。(笑)

そうするとその重量をノンスキャで鳴らすにはかなり良いスプルースを使っている
可能性がありますね。
どこかの掲示板でトップ材のランク分けの話題でD45とD41は同じランクの
スプスースを使っていると言うような書き込みがありましたがそうなのかも知れません。

確認です。
D−28   ノーマルスキャロップ
HD−28  スキャロップ ノーマルシフトXブレージング
HD−28V スキャロップ フォワードシフトXブレージング
D−35   ノーマルスキャロップだが若干薄めのブレージング
D−41   ノーマルスキャロップ
D−42   スキャロップ ノーマルXブレージング
D−45   スキャロップ ノーマルXブレージング
D−45V  スキャロップ フォワードシフトXブレージング

これで間違いないでしょうか?


しかし…(笑) 投稿者:DUCKBILL  投稿日:10月14日(月)17時56分14秒

この手の話題って、今に始った事ではないのに、ど〜してきちんと
取材された出版物がないんでしょうかねぇ。
いろいろキレイな写真を掲載したりするのもいいんですけど、
モデルごとの音の違いの説明なんて、すぐにしてくれそうなもんで
すけどね(笑)
素人談義も、それはそれで楽しいんですけど、いつまでたっても
堂堂巡りですからね。

ちなみに、うちの45はあまり弾き込んでないせい?で、1弦の下
あたりに1本クラックがあるのみですね(笑)


D−41 投稿者:catback  投稿日:10月14日(月)17時52分54秒

いえいえ、D−41 はノンスキャです。


catbackさんへ 投稿者:むらちゃん  投稿日:10月14日(月)17時20分51秒

あれ??D−41もスキャロップではなかったでしょうか?

マーチン社がカタログにて「D−41はD−28をベースに」と記載されている事、
しかし多くの保有者がどちらかと言うと45系の音と言われているのでもしかし
たら重量にポイントがあるのかな?と仮説を立てた次第です。
正直D−41のトップがどのようなグレードかは分かりません。

ただD−45とD−41はほぼ同じ重量で28はそれより軽い事は間違いなさ
そうですね。
手工業で木で作られたものですから40gは誤差の範囲でしょう。
しかし自分が思ったよりは重くないですね。

それからD−28の重量を計ろうと思ったら体重計が壊れていました。(汗)
ただ以前にYD−307とDY−41を計った時には2.2Kg位あって28
はあきらかに軽いので2KG程度と思います。

重量は確かに影響していると思いますがまだまだ秘密はありそうです。

個人的な見解ですがウエザーチェックは弾き込まれたギターに多くみられて
温度・湿度管理の悪いギターのクラックの多くは木目方向に沿って発生する
と思います。
振動とクラックには関係があると自分は思います。


素朴な疑問 投稿者:DUCKBILL  投稿日:10月14日(月)16時17分54秒

クラックって、表板が動く(弾く)ことで出来ちゃうものなんですか?
保管されてる場所の温・湿度の変化による要因のほうが、よほど大きいんじゃないか、
と思うんですけど(笑)
塩崎さんの記事は読みましたが、「古い45と28」とだけ書いてあり、具体的な年式の
記述はないですよね。実際に何本づつを比べてのものかも、書いてありません。
45と28は、当たり前ですが生産本数が圧倒的に違いますし、買われた後の保管の仕方も、
それぞれ千差万別でしょう。28の「亀の子状」のクラックが、どういう要因で
出来るのかは分かりませんが、昔見たプリ・ウォーの45の写真にも、それがあったのは
覚えてます。(自分には、けっこうショッキングな写真だったので)
同じ年式で、それぞれ違うタイプのクラックが入った28を何本か比べて、大体の音の
傾向を探る、って話じゃないと「違い」なんて分からないのでは?
何だか、批判めいてはいますけど、「ギターの個性を技術的に把握しているんです。」
って、ご発言は、さもありなんと思っています(笑)


ギターの体重 投稿者:catback  投稿日:10月14日(月)15時51分40秒

DUCKBILL さん & みなさん こんにちわ
体重計でギターを計ってみましたが、この体重計は23年もので、体重を計るたびに1s程
の差がでますので当てになりません。先ほどホームセンターで理科の実験で使うようなバ
ネ秤を買ってきました。結果は

D−45('01)      2.11 s
D−41('75)      2.15 s
CE−1200('76)    2.20 s
CEV−285OM('02) 1.95 s
でした。

ノンスキャの D−41 がスキャロップの D−45 より 40g 重いようです。スキャロップの
削られた分、軽いのかと思いましたが、インレイの話題の時にあったように、この
D−45 のインレイはラミネートで、D−41 は本物の貝です。その差が 40g なのかもしれ
ません。
CEV−285OM はやはりボディが小さい分、軽いですね。

嫁さんに「どれが一番重たいか」と聞いたところ、どれも1回持っただけで「CE−
1200」と答えました。私は「D−41」だと思ったのですが、恐るべし「おばはん」主婦の
勘はするどい。
それにしても管理人さんのCE-800S は、いやに軽いですね。

むらちゃん さん
私の D−41 はトップにはウェザーチェック、クラックは一カ所もありません。やはりト
ップ材は 28 系でしょうか。音は 45 系だと思うのですが。


トップのクラック考 投稿者:むらちゃん  投稿日:10月14日(月)11時48分04秒

自分なりに仮説をたてました。(笑)

28はそこそこの価格のスプルースでもトップが動きやすいようにサイド材で
がっちり固めないように作られている。
従ってトップ材は演奏中常に激しく横振動を受けるので横方向にクラックが
入りやすい。

45は元々振動しやすい高級なトップ材を使っているのとトップだけが振動し
てもサイド・バックに充分な振動が伝わらないのでトップはサイド材でがっし
り固められており演奏時のトップの振動自体は28より小さいので振動による
横方向のクラックは少ないがサイド材でがっしり固められているところに振動
を受ける負荷が溜まり年代を経過すると木目方向にクラックが入る。

です。


ゴトーのクルーソンタイプ 投稿者:ねくすと大塚  投稿日:10月14日(月)10時00分35秒

話は変わりますが、
昨日ギターショップでぇよんごぅの店長さんに興味深い話を聞きました。
前にゴトーのクルーソンタイプのツマミの動きが悪い話が出ましたが、
あれは殆んどがそうだそうです。
製造上の問題点で裏カバーを留める時に軸のかしめが歪になるからだそうです。
現在でも何個かが硬いままなので、思い切ってオープンバックに交換する事にしました。
こちらは改良型でマーチンOEMみたいに軸が抜けそうになる事は無いそうですよ。
ネジ穴もクルーソン互換なので交換を考えている方はお試しあれ。


こりゃ失礼! 投稿者:DUCKBILL  投稿日:10月13日(日)20時16分47秒

あっ、2.4kgだったっけ?失礼しました(笑)
ところで、スキャロップとノンスキャだと違いはあるんですかね?
catbackさ〜〜ん!教えてくださ〜い(笑)


いえいえ、そんなに重くはないです 投稿者:Levante40  投稿日:10月13日(日)19時58分13秒

家のCat's Eyesの体重測定結果です。
CE-2500 2.4kg
CE-1000S 2.0kg
CE-800S 1.8kg
000-45  2.0kg
いずれも普通の体重計ですので正確さはありませんが、貝の分だけは確実に重たいですね。
CE-2500とD-45はそれほど変わりませんよ。多少はあるにしても。^^;
ただ体感的には手に持ったときに45系モデルはズシッと来る気がします。28や18系はそんなことは思わないんですけどね。


重いと言っても上がありましたか 投稿者:TAKE  投稿日:10月13日(日)19時31分02秒

管理人さんの2500、2.6Kgですか!?
びっくりしました、相当重たいですね。ハカランダや貝をじゃんじゃん使った結果でしょうか
..26日のギターフェア後オフ会で、もし可能ならぜひ拝見したいですね。カスガも持って
行きますよ。