Talk about Cat's Eyes Guitar BBS

Cat's Eyes Guitarの情報交換をしましょう!もちろんその他の話題も大歓迎です。


うう 投稿者:kokonuts  投稿日: 5月14日(水)14時11分12秒

東海のHP見ました。
Cシリーズのオーダーメイド、魅力あります。
あれでリック・ラスキン弾いてみたい。


K.COUNTRY! 投稿者:takepapa  投稿日: 5月14日(水)10時41分20秒

投稿させていただきました。HC(ハンドクラフトシリーズ)、D−3桁シリーズ(廉価版?)
はカタログがあるのですが、D−2桁シリーズについては全く詳細が不明です。
ヘッドロゴの HCからハンドクラフトシリーズには間違いないと思うのですが、詳細若しくは何か情報があれば
是非、お知らせください。
見た目は全くHC-2000と同じだと思うのですが.........。
音は THE KASUGA BG-100に似ている音です。いわゆる鈴なりとは一寸違う派手じゃない音?


いつの間にか・・・ 投稿者:Levante40  投稿日: 5月13日(火)23時47分18秒

東海楽器のHPがリニューアルされています。キャッツアイのオーダーやウェブショップが開設されています。
皆さん、是非覗いてみてくださいね。


そうですね 投稿者:Levante40  投稿日: 5月11日(日)08時10分39秒

28万は、値下がりが続く今の時期正直少々高いかも?です。^^;
健康診断で数値的に悪ければ、殆ど最後通告のようなもんですね。出た時には既に遅いことが良くあるそうです。kokonutsさんもご自愛あれ。治療で入院しないといけなくなると高級ギター分すぐ治療費で飛んでいきますからね。


でも 投稿者:kokonuts  投稿日: 5月10日(土)20時20分14秒

私も症状が出ていないだけで、健康診断の結果を見るとりっぱな成人病予備軍です。
家主様ほんとお大事にして下さい。
3日間の我が家をあとに、明日は福岡へ戻りです。
今晩最後にギターをなでて帰ります。
でも、ハカとはいえ、2000Sに28万の値がつきますか??
先だって千葉で出たのは22万で売れたそうですが....


ありがとうございます 投稿者:Levante40  投稿日: 5月 9日(金)22時48分30秒

kokonuts 様
ナビゲーター 様
お見舞いありがとうございます。今週はまぁぼちぼちというところでした。
暫く運動していないと筋肉が衰えますね。歩くのが辛かったりします。
CE−2000Sハカランダが某所で28万で出ています。欲しいところですが、先立つものが・・・。(爆)


ご退院 投稿者:kokonuts  投稿日: 5月 9日(金)00時22分38秒

おめでとうございます。どうかお身体お大事に。
私は久しぶりに家に戻り、CE2000Sを触っております。
ちょうど弦が切れたので、ボディ内に手を差し入れて、ネックの付け根
のあたりをなでてみましたが、やはり調整用ロッドの穴はあいてませんね。
これって、SQネックという事でよろしいでしょうか。
それと、よくよく木目を見ているのですが、うーんハカっぽいといえば
ハカっぽい。柾目じゃなく、目玉みたいな模様がバックに出ているし、
サイドもそれっぽいです。でも私みたいな素人じゃわかりません。
弦高は精密な定規がないので測りきれませんが、前オーナーがフィンガーピッキング用に
弦高は結構低く調整しています。
弦間は広めにナットを切ってもらってますので、1弦なんかはほとんど
ネックバインディンぎりぎりにセットされてます。
ナット幅は42.5ミリですから、細いですね。今赴任先では本家OM−42
(ナット幅44ミリ)を主に使って慣れているので、2000Sはだいぶ弦間が
狭く感じます。
オバカな事に、今回はデジカメを持ってくるのを忘れたので、木目など撮れません。
また次回ということにさせてください。
それでは、また。

*あせって、単位間違えたので、訂正しました。(汗


退院おめでとうございます 投稿者:ナビゲーター  投稿日: 5月 8日(木)11時05分51秒

管理人様へ
退院おめでとうございます。大変でしたね。わたしも気をつけなければ!
環境の変化についていくのが大変な年となってしまいました。
くれぐれもお体にはお気を付けください。

takepapa様へ
お近くですか。是非お会いできればなあと思います。やはり東北のアコギ事情は東海地方と比較してちとつらいですね。愛知県が懐かしい!Takuhiroさん、horryanさん、お元気ですかあ!
と言いつつも、先日AW100(イバニーズ)を見つけてしまいました。先立つものが無いんで悩んでいます。ああ、やはり、これも病気なのかもね・・・


ありがとうございます 投稿者:Levante40  投稿日: 5月 8日(木)08時32分37秒

SUZU 様
Hiro-UK 様
ありがとうございます。体調管理には気を付けて行きたいと思います。^^

ギターの管理ですが、梅雨時には家の方も山陰だけあってかなり湿度が高いです。連日80%を超えるほどではありませんけれどね。従って、基本的にこの時期はケースに入れていて、デリケートな物は湿度の低そうな日だけ出して弾きます。合板物とかはあまり神経質にならなくても良いと思われますので、梅雨時はそう言うのを出して弾いてますね。
湿度に何処まで耐えられるかわかりませんが、これに高温が加わると接着剤(特にニカワ)が緩んできます。長くそう言う状態があると、ブレーシング剥がれを始めトラブルが出てきますよね。
ちなみに夏場の暑い日に車のトランクにニカワで接着されたギターを入れておくと、ギターキットに戻るそうな・・・。

やましん 様
ありがとうございます。レポート楽しみにしております。^^


こんにちは 投稿者:SUZU  投稿日: 5月 7日(水)17時48分26秒

お久しぶりです 
BBSにはご無沙汰していますが 楽しく拝読させて頂いています

 Levante40様  退院おめでとうございます
これから暑くなりますので体調の維持には お気を付け下さい

ところで、今日は教えて頂きたい事もあってお便りしました
私は愛知県の田舎に住んでいます。家の前も裏も緑に囲まれて静かなところです
先日は小鳥のさえずりと共に縁側で子猫(ギターをつま弾いて)と遊びました
すがすがしい日々はとても気持ちのいいものですね
しかし、これからからの季節は暑さと共に猛烈な湿度がやってきます
山林が近いためか、冬でも湿度が50パーセント以下になりません 
梅雨に入れば連日80パーセントを超えます
いったいギターはどれくらいの湿度まで耐えられるのでしょうか
皆さんの梅雨時対策をご教授頂ければ有りがたいです


久しぶりです。 投稿者:takepapa  投稿日: 5月 7日(水)15時31分14秒

東北のアコギ事情ですが、モノは少ないのですが、なかなかマニアックな方、も多いと思います。
大手メーカーが主ですので、なかなか珠玉のギターを見ることはないのですが、時にあっ!と言うような
モノを見ることもあります。
 ナビゲーター様 お近くですので、機会がありましたら、是非お会いしたいと思います。


折角のお誘いですので 投稿者:やましん  投稿日: 5月 7日(水)15時05分19秒

2000Sの修理履歴書を作って、画像と一緒に送信させていただきます。
掲載はまあ内容次第ということでお任せいたします。
ご参考になれば良いのですが、あまり自信がありません・・・・

一週間程度お時間を下さいませ。


退院おめでとうございます!! 投稿者:Hiro-UK  投稿日: 5月 6日(火)20時49分01秒

Levante40 さま
  退院おめでとうございます!!

とはいえ生活習慣病は是非とも日々の暮らしに気をつけて下さいね。
もっとも、ギター好きもある種の「生活習慣病」なのでしょうけど(笑。
(画像はチョイお待ちを)


やましん さま

すごい思い入れがあって、素敵だと思います。うちも一本、15万円かけて(アホじゃ!)
CE-1500(←だからね)を、ラッカーフィニッシュし直しました。全剥離、全塗装でございます(笑。
昔東海にいた方で、塗装をしていらっしゃったので、ある意味「オールド東海 純正」の
完全ラッカーフィニッシュといっても良いでしょう(笑。ものすごく音が楽にでるようになって
大変気に入っていますよ。オリジナルにこだわる方にはお勧めできませんけど…。
「履歴書」は、全てのCat'sオーナーにとって、大変有意義なものではないかと思います。
皆さんの「ネコ」の治療に、きっと役立ち貢献度 大!です。
いそがず、ゆっくりで結構ですから、是非とも私たちに御教授願います。
失礼いたしました。


なるほど 投稿者:Levante40  投稿日: 5月 6日(火)20時16分18秒

皆さん、ご心配をおかけしましたが、本日無事退院しました。^^

やましん 様
お久しぶりです。ちゃんと覚えておりますよ。^^
しかし、大手術になったもんですね。シェラックはとても手間のかかる塗装故に最近ではクラシックギターくらいでしか見られませんね。設備のないところで個人が手がけるのには適しているようですね。確か水に弱いとどこかで読みましたので、お気をつけを。
2000Sを買ってくれた奥さんを愚妻と呼ぶとバチがあたりますぞ。(爆)
何にせよ思い入れのある物は手放せませんし、結果はどうあれさらに愛着が増す物ですよね。
大事にしてあげてください。

もし履歴書できたらここで掲載いたしますが、どうでしょう?


いやはや・・・ 投稿者:やましん  投稿日: 5月 6日(火)15時45分32秒

情熱をかけた理由は2つありまして、
1.2000Sのデザイン・雰囲気がとても気に入っていた事。
2.こちらが大きいのですが、2000Sは愚妻と結婚前にデート中(それがギターショップと
  は我ながら・・・)に見つけて、彼女に買ってもらった奴なので手放すに手放せなかった。
ことです。
購入以来のリペアの歴史はまさに履歴書を作って発表したいくらいです。
それにしても、全面シェラック塗装のキャッツアイは世の中に一本だけかも?とも思う
今日この頃です。


すんごいですねー 投稿者:kokonuts  投稿日: 5月 6日(火)12時58分50秒

やましんさん。

同じく2000Sオーナーとして、同機にかける情熱に敬意を表します。
ネック調整ぐらいはやろうかと思っておるのですが、決断がつかず今に
至っておりますが、私はリペアに行かず、本家OM−42、ラリビーOM
などに浮気してしまいました。
成果のほどを拝見すると、心が動きますね。


CE-2000Sの大リペア完了報告 投稿者:やましん  投稿日: 5月 6日(火)11時24分13秒

皆様ご無沙汰しています。(といってもどなたの記憶にも無いかも・・・)
以前、78年製の2000Sを20万円以上かけてリペア中の大馬鹿野郎です。と書き込ませて
いただいたものです。
リペア内容は、全面をシェラック塗装に完全リフィニッシュ・ネックを削り握りを細く調整・
全フレット交換・ヘッドのトーチインレイ交換・一部力木の調整・ナット&ブリッジ作成等など
です。
で結果は、激変しました。(勿論良い方向に)音量はあるけど、なんだか弦鳴りしてるだけで
一つ一つの音は貧弱だったのですが、温かく太い深みのある音になり、フレット音痴も解消され
変則チューニングにも耐えられるようになりました。ネックの握り具合も申し分有りません。
(ネックは10年位前に東海楽器に交換してもらったものです)
10数年前に中古(8万円位)で手に入れて以来、リペアに10数万円かけてもどうにもならず、
半分自棄、半分思い入れで大博打を打ちましたが、大満足です。
冷静に考えれば本家のOOO-42あたりが中古で悠々購入できる?だけの投資ですね。


45DXタイプですかね? 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 5月 5日(月)13時35分35秒

78年製みたいですが、すごいですねぇ。 CFMBのインレイに近いのかしら?
このタイプのインレイは、ひょっとして本家より早かったりして(笑)
サイド&バックの写真がないですけど、見てみたいですね。


噂の・・・ 投稿者:ウッドペッカー  投稿日: 5月 5日(月)10時47分12秒

でましたね・・・。
http://www.accogikichi.com/13043010.jpg


お?復活ですか 投稿者:Levante40  投稿日: 5月 4日(日)08時24分07秒

ナビゲーター 様
ご無沙汰しております。無事のご転勤何よりでした。^^
HPの復活期待しておりますのでって、早くも何かゲットしたんですか??
東北のアコギ事情はどうなんでしょうね?また教えてください。


ご無沙汰しております 投稿者:ナビゲーター  投稿日: 5月 4日(日)07時52分34秒

管理人様及び皆様方へ
誠にご無沙汰しております。引越しは無事終了し、1ヶ月がすぎてやっと落ち着いた感じです。
もっと早く、カキコできればよかったのですが、まったく環境が違うセクションの仕事場なんで
疲れて疲れて・・・
HPの方も、復活すべく鋭意努力中です。完全リニューアルとNEWギターを載せる形でがんばっております。また、近々ご連絡いたします。


ありがとうございました 投稿者:国産オールドマニア  投稿日: 5月 3日(土)17時32分19秒

Levane40様、むらちゃん様、CE800に関してご丁寧なご回答、アドバイスありがとうございました。うーん5万円台が相場なのですか。あのCE800Ltdに対するコメントにかなりの思い入れを感じ、なかなかの逸品のようなので、現在購入を検討しているところです。いずれにしても勝手なお願いに対するご回答ありがとうごじました。


国産オールドマニアさんへ 投稿者:むらちゃん  投稿日: 5月 3日(土)16時11分27秒

SもKも同じキャッツのCE−800も持っているので書きます。

KのDYシリーズもSヤイリもマーチンを指向していますがそれぞれ独特な
個性を持っていると思います。
Sはしなやかで高音に特徴のある女性的な音、Kは堅めの男性的な音だと
思っています。
基本にはマーチンがあってそれぞれの味付けがあるように感じます。

それに対してキャッツはマーチンの音を可能な限り忠実に再現させようと追求
していていたように思います。

さて自分のCE−800(79年)ですがスキャロップモデルですので柔らかい
低音が特徴があり高音も良く出るギターです。

現在のマーチンですとHD−28が一番近いギターですがHD−28程スキ
ャロップの音への影響は強くなくHD−28とD−28の中間的な音だと
思います。

D−28程、前にドーンと音が出ていく感覚は少なくここらへんはHD−28
に近いです。

ギターは個体差がありますので自分のCE−800と同じかどうか解りません
ので参考に留めて下さい。

PS.過去、CE−800はだいたい5万円台位で落札されているのであれは
ちょっと高いような・・・。 (汗)


試験外泊 投稿者:Levante40  投稿日: 5月 3日(土)11時36分56秒

皆さん、ご心配をおかけしております。本日〜明日にかけて退院に向けた試験外泊で帰っております。GW連休明けには退院出来るものと思っております。

国産オールドマニア 様
初めまして&いらっしゃいませ。
音を字面で表すのは大変難しいですが、キャッツアイはKヤイリほど硬くないと思います。
出来れば是非実物をお弾きになってみて下さい。ただ、キャッツアイの場合は良く弾き込まれた物とそうでない物でかなり鳴りや音色に差がありますので、良く弾き込まれた物を試してみてください。現在のキャッツアイでも基本的には同じで、初めから良く鳴るようには作られていませんから、そう言う意味で鳴らす楽しみがあるギターと言えます。従って、同じ機種でも鳴り方に差が出ることがあります。

NOR 様
初めまして&いらっしゃいませ。
82年製のCE−2000Tですね。弾いてみたいなぁ。是非画像を提供いただけると喜びます。
この頃のペグは、良く使われたものならそろそろガタが来ている頃ですよね。クルーソンタイプが付いていると思いますので、ゴトーから性能の良い物が沢山出ていますから、お好みでリプレースされれば良いと思います。クルーソンレプリカならネジ穴もペグ穴も加工無しにリプレース出来ますよ。カタログなどこちら(下)にありますので見てみてください。
http://homepage2.nifty.com/D45/
オープンバックなども加工無しで使える物がありますね。

たく 様
初めまして&いらっしゃいませ。
CE−800のシリアルありがとうございます。キャッツアイの規格外品はスナッピーということになりますから、何らかの跡があるはずです。スタンプは色々(A〜E)あるようですが、Eがそうであると言うことは解明されていませんね。

さとのしん 様
そうですか、三鷹楽器やはり閉店したのですね。アコギブームも去って、楽器業界はかなり厳しい状況のようですね。老舗にはやはり頑張って欲しいけどなぁ・・・。


お礼 投稿者:nagasun  投稿日: 5月 2日(金)00時45分15秒

levante40さん、我がCE−800の早速のアップありがとうございます。m(_ _)m
快気をお待ちしております

ではでは、


三鷹楽器 投稿者:さとのしん  投稿日: 5月 1日(木)23時30分51秒

皆様、こんにちは!
私が、20数年前に、CE−1500(81’)を新品購入しました、東京・三鷹の三鷹楽器が
昨今の不景気により閉店してしまいました。当時は、アコギはフォークブームがまだ勢いがあり
三鷹楽器も賑わっていたもので、1階がレコードで2階がアコギのお店になっていて、ホント
木の温もりのある店内だったことを思い出します。ここ5〜10年は店も三鷹駅の再開発で
大きなビルになり店員さんの質も落ちてきて、あまり足を運ばなくなっていたのも事実かな〜と。
でも、ホント、寂しい限りではあります。
ところで、ヤフオクにCE−1500(81’)の復刻版のCEV280−LTD定価28万円が
21万円出品されています。

http://page.auctions.yahoo.co.jp/jp/auction/53920546


どなたか教えて下さい 投稿者:国産オールドマニア  投稿日: 5月 1日(木)19時48分51秒

始めまして。Cat'sEyesの事をいろいろ調べていたら、こんな素晴らしいサイトにたどり着きました。で、いきなりで申しわけないのですが、ヤフオクで最後の頃のCE800Ltdが出ているのですが、小生SとK.Yairiは何台か持っていて音の感じはわかるのですが、Cat'sEyesは持っておりませんで、どなたかどんな音かを教えて頂けますででょうか?友人によるとCat'sEyesは硬めの音だと言うことは聞いておりますが、CE800は例えばS.YairiやD-28に比べてどんな音の出方をするのでしょうか?勝手なお願いで申しわけありませんが、どなたか教えて頂きたく。。。


はじめまして 投稿者:NOR  投稿日: 5月 1日(木)15時09分39秒

みなさまこんにちは。
私の所持品はCE2000Tです。型番は1396*82だったと思います。特にギターが上手い訳でもなく、たしなむ程度で楽しんでおります。購入は今から20年前高校時代ですね。
これからはちょくちょくサイトにはお邪魔しますので、今後ともよろしくお願いいたします。
ちなみにすぐにチューニングが合わなくなるので、ペグの交換をしたいと思ってますが
どこで入手できるのかわかりません。どなたかご存知の方お教えいただけますか?
よろしくお願いいたします。


CE-800でした 投稿者:たく  投稿日: 4月30日(水)19時56分56秒

書いてありました、CE−800 1151379。で、サウンドホールの焼印の上に、「E」の文字の赤いスタンプがあるのですが、これって「規格外品」の意味ですよね…久しぶりに引っ張り出したらえらくいい音がしたので、少し気になっています。それでは、また。


1枚板 投稿者:幸せの青い魚  投稿日: 4月30日(水)15時40分30秒

CE-150は多分合板だと思います。やっぱり1枚板だと音の違いがあるんですか?
私のサドルはヘッドの方に曲がっています。いまにも「ペキッ」て割れそうです。
サドルはなにで削ればいいんですか?


弦高調整2 投稿者:Hiro-UK  投稿日: 4月29日(火)20時46分15秒

"トップ"は、ギターの表の板のことです。多くの場合白っぽい木です。
CE-150を良く知らないのですが、おそらく合板なので、大きくそることはないでしょう。

市販のサドルの、どのようなタイプをご覧になったかがわかりませんが、
ほとんどの場合買ってきたモノがそのままフィットすることはないでしょう。
お話の感じではすでに整形されているモノのようですが
(板のままのもので、「良いですか」とはたぶんおっしゃらないでしょうから(笑)
一度ご自分のものをはずして、店頭で比べてみてはいかが?
厚みがおそらく一番重要で、間違っても自分のモノより薄いものは使わないで下さい。
厚いものなら削れますが、薄いものを何とかするのはほぼ無理です。


ネックブロックのところに… 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 4月29日(火)09時58分02秒

たくさん、こんにちは。
CE-800(と思われる?)モデルですが、これに限らずキャッツのものは、ネックブロックに型番とシリアルナンバーの表記があるはずですが。サウンドホールからネック側を覗いていただければ見えると思いますよ。もし表記が無いようでしたら…レア物です(笑)


CE−800のはずだけど・・・ 投稿者:たく  投稿日: 4月28日(月)21時40分19秒

はじめまして、よろしく!
私のキャッツアイは20年前に買ったCE−800(たぶん)なんですけど、改めて見てみたらサウンドホールにラベルが無いんですよね、焼印だけで。ヘッドにも花柄みたいなインレイがあるだけで。穴をのぞいてじっくり見ないとキャッツだとわからないっていう・・まーいいんですけど。
珍しい物なんだったら写真でも載せてもらおうかと思ったんですけどね…売ったりしないよ!


サドル 投稿者:幸せの青い魚  投稿日: 4月28日(月)20時46分39秒

スミマセン。。。ブリッジじゃなくてサドルでした。
あの〜〜トップってなんですか?無知な私でスミマセン。
私のギターは特にネックが反っているというわけでもないので、多分サドルが原因でしょう。
よく市販でサドルが売ってますが、あれでもいいんですか?


弦高調整 投稿者:Hiro-UK  投稿日: 4月28日(月)19時48分00秒

>>幸せの青い魚 さま
弦高を低くするには、いくつかチェックして下さい。
大まかな部分ではまず、ネックが強く順ぞりしていないか。トップが膨らんでいないか。
等です。この二つ、あるいはどちらかだと、サドルを交換しても期待通りには下がりません。
これらに問題がないようなら、サドルを低めのものに交換すれば弦高は下がると思われます。
以下は、問題がない場合が前提です。


ローポジションでは、サドルよりナットの弦の切れ込みが高い場合が多いので、
そちらもチェックして下さい。ナットの弦高調整は、全く今まで試されたことがない方には
難しい調整の部類に入ると思われます。慎重にやるか、場合によってはプロにお任せ下さい。
くれぐれも削りすぎに注意して下さいね。

サドルは、タスクのようにほぼ形成されたものもありますが、多くの場合は長さや厚みなど
自分で前のものに似せて整形し直さなければなりません。
この辺りは慣れなので、一個つぶすつもりで(笑)やれば、たいていは2〜3個目からはうまくいきますよ。

こちらのサイトでも、「ねくすと大塚」さまが、リペア&投稿の記事で詳しく説明されていますので、
是非ご参照下さい。長くなってすみません。それでは。


御慈愛下さい 投稿者:Hiro-UK  投稿日: 4月28日(月)19時27分43秒

そうですか。知りませんでした。なんと言っても体が大事です。
ごゆっくりお休みになって、元気にいきましょう!
御慈愛下さいませ。


管理人(弟)に、なりかわり… 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 4月28日(月)13時28分37秒

TSO様
ご心配いただきありがとうございます。
いわゆる「中高年の病」というやつでして、節制に努めれば
さほどでもないかな?、と思っております。


大丈夫ですか? 投稿者:TSO  投稿日: 4月28日(月)12時24分04秒

管理人さん

入院中とか、大丈夫ですか?(健康診断などであれば良いですが)
このすばらしいサイトのためにも、ご慈愛ください。


ブリッジ 投稿者:幸せの青い魚  投稿日: 4月27日(日)21時11分11秒

最近店でよくブリッジが売っているのですが、どのメーカーのやつでも会うんでしょうか?
僕のCE−150は中古なので相当いたんでいて、、しかも弦高がかなり高い!!どうにか弦高を低くする方法はないんでしょうか?


12フレットのキャッアイの幅 投稿者:kuni  投稿日: 4月26日(土)13時18分40秒

以前、CE−1200・D-76の巻?で「12フレットのキャツアイの幅が…」と云うのがありました。測ってしまいました。私の76年CE−1200は12.5mmでした。D-76も測ってみようと思ったのですが、現在入院中(里子に出しております)でした。戻ってきたら測ってみます。まずはご報告まで。


CE2000S 投稿者:kokonuts  投稿日: 4月25日(金)12時43分24秒

J-Guitar.comで出品されてますね。
78年式でハカらしいです。

http://www.j-guitar.com/sp/sea/view_detail.cgi?pid=10590002


SQネック 投稿者:kokonuts  投稿日: 4月24日(木)09時11分08秒

Lavante40さん、SQネックの意味調べました。サウンドホール側にアジャストロッドが
出ていないのですね。今度帰ったら見てみます。弦高も1フレ、12フレを計って見ます。

ウッドペッカ-さん、γ補正して見られたのですね。確かに木目的にはあやしいところが
あるのですが、今度リペアに出して、詳しい方に見てもらおうかと思ってます。ネック
バインディングなんかもはがれそうなところがあるので。


CE-2000S 投稿者:ウッドペッカー  投稿日: 4月23日(水)12時52分07秒

γ補正してみるとハカランダに見えます。
断言は出来ませんけど。


こちらこそありがとうございます 投稿者:Levante40  投稿日: 4月23日(水)00時06分29秒

kokonuts 様
こちらこそありがとうございました。CE−2000Sはなかなか出てこなかったんですよね。
ところでこのモデルはSQネックのはずなんですが、これは如何ですか?聞き漏らしてしまって。
弦高なんかの状況も書き込みいただくと喜びます。(そのうちに手に入れようとしてますので。)
家にハカは2本あります。独特の木目がありますので、良く見ると見分けられます。ブラインドで音だけ聞いてもなかなか聞き分けられないと思いますが。(笑)


画像掲載ありがとうございます 投稿者:kokonuts  投稿日: 4月22日(火)22時42分46秒

Lavante40さん

早速掲示頂き光栄です。写真の回転もせずお送りして失礼しました。
画像処理ソフトもない環境なもので...すみません。
余分なおまけもお送りしたりして、(汗 です。
自宅でしげしげとサイド、バックを眺めたのですが、やっぱりローズでしょうね。
といってもハカのギターを持った事はないのですが。

6月に元師匠のライブが福岡であるので、その折りにでもこのギターの事を聞いてみます。
当時キャッツアイのアドバイザーなんかもされていたみたいなので、何か教えてもらえる
かもしれません。


シリアル 投稿者:幸せの青い魚  投稿日: 4月22日(火)22時25分44秒

あの木の質感をそのまま生かした感じが最高です。あの塗装の仕方で傷がつきやすいといった事はないんでしょうか?
あとこの間遅らしていただいたCE−150?のことですが、よくみるとシリアルナンバーがあるべきところにシリアルがありませんでした。したがって製作年などは不明です。

http://buritoru.hp.infoseek.co.jp


グロス仕上げですね 投稿者:Levante40  投稿日: 4月22日(火)20時33分10秒

幸せの青い魚 様
画像提供ありがとうございました。弾いていますか?
マーチンのさらさらしたやつは、塗装がしてないのではなくて、つや消し仕上げのヤツのことですね。一応どのマーチンでも仕上げに塗装が施されています。^^


はじめまして。 投稿者:幸せの青い魚  投稿日: 4月22日(火)20時05分12秒

はじめまして。最近ギターをはじめたんですが、たまたま最初に買ったギターが中古のキャッツアイでした。
皆さんのカキコを見ているとマーチンの話題が上がっているので私も少し・・・・
まだギターは初心者ですが、私はマーチンの塗装がない?コーティングがされていない、さらさらしたやつに最近心を奪われています。
まだまだ初心者ですがいろんなことを教えて下さい。

http://buritoru.hp.infoseek.co.jp


白濁してました 投稿者:Hiro-UK  投稿日: 4月22日(火)02時38分58秒

2度目まして。
以前一度だけ寄せていただきましたHiro-UKと申します。
白濁の件が一寸だけ出ましたので、お知らせもかねて。

白濁は、70年代末くらいまでは塗料の材質の関係上しょうがないそうです。
以後のものはちょっとわかりません。なんでこんな話になったかというと、
うちのCE-1500(78年製)が、やはりくすんできたのでいっそのこと!
と思い全部マーティンラッカーで下地からやり直したからで、
そのときリペアの方とお話しして、そういう状況だと伺いました。

バカちょんの私はそのとき、どのような条件下で、とかをお聞きし忘れました。
参考にならずすいません。ただ、強い日光に当たると良くない(紫外線の関係?)
というようなことは、別の所から聞いたことが有ります。
皆さんのはいかがですか?


そうですねぇ 投稿者:Levante40  投稿日: 4月22日(火)00時02分50秒

90年代中盤以降のマーチンの塗装は、そう言う傾向が顕著なようですね。
まぁ、環境によってとも思います。現にDUCKBILLさんの部屋は過乾燥ぎみでそういう症状が起きておりませんし、家はどちらかと言えば湿潤です。もちろんグレードにもよるのかも?

キャッツアイの白濁にしても起きていない物もあるわけで、長く置かれた環境が重要かもしれませんね。


年代、ですかねぇ? 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 4月21日(月)23時15分19秒

マーチンは79年と02年を持っていますが、特に「ベタベタ感」は気になったことはないです。
塗装の成分は年代によっても微妙に変わっているでしょうし、ギターの置かれている環境によっても、化学変化する場合もあるんでしょうね。

自宅では、ギターはケースに入れず、出しっぱなしにしていますが、結果としてこの環境下では、良かった、というところでしょうか。国産のいわゆる「白濁」も、悪い条件がいくつか重なって起こるんではないかと、個人的には思っています。


ありがとうぎざいます。 投稿者:縞黒檀  投稿日: 4月21日(月)22時49分58秒

みなさん、こんばんわ!
弦のテンションでいろいろ教えて頂いてありがとうございます。
試してみます。
テンションは以前よりキツメでした。柔らか目のゲージを張ればOKでしたが、
最近あんまり根性なくて。。
最近はWOODMANさんのライトゲージです。その前は多少柔らかいアニーボールのライトゲージでした。
弦の巻数ですが、ポストに弦を通して6・5弦は上1回、下1回、4・3弦は上1・下2回、2・1弦は上1・下3回です。これはここ20年変っていません。


(無題) 投稿者:Arimax  投稿日: 4月21日(月)21時00分49秒

Levante40さん、DUCKBILLさん、kokonutsさん。
アドヴァイスありがとうございます。今の季節はまだよいのですが
これからが滑りにくくなる季節ですね。早速皆さんの知恵トライ
してみます。しかし、なぜMARTINはこんなにすべりくいのでしょうね。
不思議です。


シリアル 投稿者:Levante40  投稿日: 4月21日(月)18時27分44秒

イマゴロこばさんのCE−1200は、09**75ですが、入院とは大変ですね。早く良くなって、ここでまたお話ししましょう。
CEのシリアルの最初は、今のところ分かりません。

東海楽器へ行った際シリアルについても聞こうと思っていたのですが、私の訪問が主では無かったため、聞きそびれてしまいました。創設当時のことはあまり資料が残っていないようではありましたが・・・。90年代に入ってからは最初に製造年がつくようですね。ただ、楽器店のオーダーなんかでシリアルも型番も入っていないのがあるそうです。(90年代以降の話:巣山さん談)
巣山さんは製作ノートを何冊も持っておられましたが、それの一番古いヤツでも90年代のようでした。そう言えば梁川(営業部長さんです)さんとお話しした際、キャッツアイは何年間か作られていなかったようです。察するに87〜90年あたりかと思われます。

テンションの件ですが、DUCKBILLさんが書かれているようにペグポストの巻数というか、下に行く(巻き倒す)ほどテンションがきつくなりますよね。反対に角度が緩くなると緩和します。あとMSPとダダリオでは後者が緩いですよね。ブリッジのガイドを緩く付け直すと緩くなりますが、これはプロにお願いした方がよいでしょう。弦高を下げる(サドル&ナットを調整する)と緩くなります。

ネック裏のすべりですが、私もHD−28('94)を持っていてそう言う症状が出ていました。下地が厚いポリで薄いラッカー仕上げがしてあり、湿気を持つとベトベトしてきます。出来るだけケースの外に出してネックを乾燥させたり、ケースに仕舞う時にネック下に吸湿性があるクロスを敷いたりしていました。ある程度効果があったように思います。ところでボディの方塗装が浮いていませんか?特にブリッジ付近・・・。
キャッツアイでは、手元に6本ありますが、今のところ経験していませんね。


シリアルNO 投稿者:イマゴロこばさん  投稿日: 4月21日(月)17時07分48秒

私のCE-1200の購入は1975年4月です。お茶の水のカワセには見本のようにキャッツアイ全てのランクが一本づつ置いてありました。たぶんこの店でCE-1200を購入したのは私が最初です。後三万円あったらハカランダが買えました。HBも最後のモノが並んでました。シリアルは管理人さんに連絡してありますが、実は先週より、急に入院となり直ぐに答えられません。 たしか09から始まったと記憶してますがィ


CEの1号器のシリアルは? 投稿者:TSO  投稿日: 4月21日(月)12時19分37秒

皆様、ご無沙汰しております。
(ほぼ、毎日チェックはしていますが、発言の機会がなく・・・)

管理人さんやウッドペッカーさんが楽しく東海楽器を訪問されたようですね。
いろいろお話されたようですが、その中でシリアル番号について
何かお聞きになったでしょうか?
常々、知りたいと思っていたのですが(皆さんも知りたいと思いません?)、
CEの1号器のシリアルは何番くらいなのでしょうか?
HBからCEに変わるときに、シリアル番号は連続していたのでしょうか?

たくまむしさんのW1000はハミングバードですが03**ですよね。
そして、現在このサイトで判明している最小シリアルは、
マッチョさんのCE1000の135*ですよね。
Naotoさんのプロトタイプ的なCE1500のシリアルはどうなんでしょうか?
また、イマゴロこばさんのCE1200はどこらへんでしょうか?(興味あります)


中年オヤジなので… 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 4月20日(日)22時14分27秒

Arimaxさん
わたし、まぁいい年なので顔ばかりでなく、手も皮脂の分泌には事欠きません(笑)
一応、ギターに触る前は、ぬるま湯で手を洗っています。後は、楽器屋さんで売っている、レンズ拭き用のクロスみたいなので、手入れ。それでもひどい時は、スミスのポリッシュが登場します。
マーチンは機種によって、セミグロスとか、ポリッシュドグロスとかのネックフィニッシュがありますので、ポリッシュを試される時は、慎重になさってください。シミになる場合もあるようですので。

縞黒檀さん
テンションは、以前からきついのでしょうか?弦高が高すぎる場合は、それなりに調整が必要でしょう。あと、弦をストリングポストに巻きつける回数によってもテンションは変わってきますよ。そのあたりは、どうされているんでしょう? 蛇足ですが?、テンションが変わると音色も変わりますので、試して見られたらいいと思います。


テンション 投稿者:kokonuts  投稿日: 4月20日(日)21時41分11秒

縞黒檀さん、こんばんは

私はテンションがきつく感じたときは速攻で半音下げチューニングします。
応急措置ですが、指が疲れているときなどは楽です。ちょっとドローンとした
音になりますが、かえって響きがよくなる曲もあったりします。
今は弦がいろいろと選べるので、ライトゲージでも少し細めの弦を選ぶのも
手かもしれませんね。

Arimaxさん、私もMartinの場合、ネックのすべりが悪くなります。こまめに
拭いてますが、なにか解決策がないかと思っております。
誰かお願いいたします。


ネック裏のすべり 投稿者:Arimax  投稿日: 4月20日(日)17時47分02秒

皆さん、こんにちは。
ネック裏のすべりがよくないギターがあります。
CE−1500は、バッチリ スムースに親指を
動かすことできます。しかし、本家の000-28、D-1
は、弾く時間とともにベタとなる感じで、動かし
にくくなります。どなたか、この解決法わかる
方いらっしゃいましたら教えてください。

>縞黒檀さん
 私も、CE-1500持っておりますが、少々テンションキツメです。
 しかし、もともと、弦高が低い(12Fで1弦2.3,6弦2.8mm)
 のでそうは気になりませんが、近頃は、年とともに握力も下がって
 きてるのかなとも思っています。テンションを下げる方法は、あまり
 よくわかりませんが、弦高でもかなり楽になりますよ。


教えてください。 投稿者:縞黒檀  投稿日: 4月20日(日)12時29分05秒

管理人さん、みなさん はじめまして。
さっそくですが、’81年製のCE−1500で皆さんのお知恵を貸して頂けたらとおもいます。
弦のテンションがきつく、ライトゲージを張っていますが、ミディアムゲージに感じます。
これを緩くする方法はないものでしょうか?(ちなみに弦は「木男」さんとこのです。)


見つけた? 投稿者:Levante40  投稿日: 4月20日(日)11時21分58秒

凄いんですよね〜、あの材と来たら〜♪
見ているだけでオーダーシートに手が伸びて・・・。(爆)


特注仕様書が… 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 4月19日(土)23時29分35秒

ウッドペッカーさんのHPを覗いていたら…
す、すごい!
完成が待たれますねぇ…どんな音するんだろ?・・・(^^)


失礼しました 投稿者:Levante40  投稿日: 4月19日(土)11時32分18秒

言葉づかいが悪かったですね。職人さんが手抜きしているというつもりはなかったですが、読み返すとそう取れますね。(反省)
あとでその部分削除しておきます。


手抜き? 投稿者:DUCKBILL  投稿日: 4月19日(土)09時36分43秒

管理人さん&ウッドペッカーさん、見学おつかれさまでした。
なるほど、今はアコギ部門って、個人工房みたいな感じなんですかねぇ。
なんかその内、とんでもない(よい意味で)ものが出てきそうで、期待しています。

ところで、管理人さんの書き込みで、「手抜き云々」ってあるけれど、M社(モ○リ○じゃないよね?)も、アバロンの埋め込みは、ちゃんと手仕事でやっていると思っているんですけれど…
ラミネート物も、いわゆるシールではないので、ピース分けされたものを、やすりで削りながら合わせているところが、雑誌に載っていますよ。手抜き、というのは職人さんにとっては非常に侮辱的な言葉だし、安易に使うのはどんなもんでしょうかね?


週末帰宅 投稿者:kokonuts  投稿日: 4月18日(金)12時45分56秒

覚えてらっしゃいますか?2000Sオーナーのkokonutsです。
この週末ようやく自宅へ帰れます。2000Sの写真を撮って
アップさせていただくつもりです。
mayupapaさんが紹介されていた、千葉の楽器店の2000S
写真が小さくてよくわかりませんが、きれいな状態のようですね。
バックの写真を見ると、ハカランダの色合い、木目がよくわかりますね。
私のはやっぱり色からしてローズウッドだな。と思いました。
ともあれ、もう少々お待ちくださいませ。

ところで、千葉のお店ではいくらぐらいであれを売るんでしょうか?


東海楽器見学 投稿者:Levante40  投稿日: 4月18日(金)11時22分30秒

ウッドペッカーさんにお誘いいただき、17日に東海楽器の見学に行って参りました。(代わりに20日に働かなくては・・・(爆))
浜松市恩地にある恩地工場の方へお邪魔し、クラフトマンの巣山さんと営業の梁川さんにお話を聞くことができました。
初めて行く工場のため、図々しくカメラを向けるのは躊躇われましたので、そこはご容赦下さい。
まずは工場を一通り案内していただきました。古いカタログでにも載っていますが、まさにあんな感じの工場で、昔ながらの手作りが生きていると感じました。アコースティック部門とエレクトリック部門が同居していましたが、8割方エレクトリック部門といった感じでした。後で聞きましたが、巣山さんが別のところにあったアコースティック部門を行ったり来たりで作業性が悪いので、こちらに移されたということでした。アコギを作っている横ではセミアコがあったり、例のトラ目のレスポール生地があったりと現在の東海楽器が見えてくる場所でした。(何処とは言えませんがOEMものもありましたよ。)
今回キャッツアイのギターを沢山持っていこうと思っていたのですが、ウッドペッカーさんの車で移動したため、000−45モデル1本だけ持ち込みました。巣山さんにお見せしたところ、自分が手がけた物であることや、ギターショー用のモデルであったこと、型番がCE−500(つまり当時50万のモデル)であることを古いノートから拾ってくださいました。オーダー資料はご自分が作られたものについては残しておられるようでした。
巣山さんは本当に木訥とした方で、見た目は好々爺(失礼!)で外見からギターを作っている方とは見えませんでしたが、お話を聞くにつけ、本当に東海のクラフトマンシップは今も息づいているなぁと感心してしまいました。日本のトップクラフトマンでありながら、自分が偉いのではなく、材料をストックしておいてくれた会社があるから良いギターができるのであって、また、製造も先輩クラフトマンが作り上げた作業工程を忠実に手抜き無く行っていて、今も昔も作業的には変わらないということでした。接着は現在もニカワを使っていて、それが当たり前と言い切る謙虚さが凄いなぁと感激しました。某メーカーや工房でもタイトボンドが一般化する中、あくまで伝統工法を踏襲する実直さが、今も東海楽器を支えているのだなぁと感じました。お話しする中でトップ板厚の話があり、やはり薄くするのは強度上問題があること、最初から鳴らなくても、キャッツアイは良い材を使っているので必ず鳴るようになることを、自信をもって語っておられました。(現にそうですけどね。)
現在アコースティック部門は巣山さんと若い(綺麗な)女性の方と2人で作っておられるということでした。現在レギュラー2機種とオーダー物で、工場ではその若い女性の方が000−45モデル(80万!)のエンドピン部分の装飾作業をしておられました。アヴァロンを1ピースずつ埋めていく非常に細かく神経を使う作業で、サンダーやヤスリで削りつつサイズを合わせていました。こうした手仕事があって、私たちのところにギターが届くと考えると大変有り難い気がします。
ギター用の木材を色々見せていただきましたが、出来上がりつつあるギターを見ながらで、思わず「これで1本・・・」と叫びたくなる衝動をどうにか抑えましたが、次行った時も抑えられるでしょうか?
カタログについて梁川さんに聞いたところ、新しい物の発行を予定しているとのことでした。

※ウッドペッカーさんほかあと2方一緒にお邪魔したのですが、現在進行中のオフレコの話もあったりして、大変面白い話があるのですが、そこの部分はご容赦下さい。


無事 投稿者:ウッドペッカー  投稿日: 4月18日(金)02時25分31秒

到着しました。お疲れ様でした(笑)


CE−2000S出ています 投稿者:mayupapa  投稿日: 4月17日(木)15時47分37秒

千葉の楽器店に70年代のキャッツアイCE-2000Sが出ていますね。
ハカランダ柾目です。
http://www10.plala.or.jp/osaka-ag/zaikolst.html