待望の初投稿

CE−1000S('77)

投稿者:匿名希望

 
     
 

投稿者からのコメント

*オリジナルは、グローバーロートマチックが装着されていました。
*サイドは単板仕様になっています。(年代によっては合板もあり。)
*指板のポジション・マークについてははじめから Style-45 インレイが入っていました。
*タグと保証書にはCE-1000S と記入されているので・・・オーダー品かもしれません。
*音はかなりマーティンに近い感じがしています。
*ブレーシングはスキャロップになっていますが、フォワードシフトにはなっていません。
*ブリッジ・プレートはスモールメイプルのキャッツ・アイスタイル特有のモノです。

CE−1000Sの最初期の製品ですね。どちらかというとプロトタイプなのかもしれません。
’78年以降はクラレンスホワイト・モデルと言うことで資料があるのですが、この年に誕生したものと思われます。
それにしても、きめの細かいスプルースとバック&サイドの木目がたまりませんね・・・。
サイドは’80年頃まではローズ単板でしたが、’81年では合板になってしまったようですね。


EBE氏所有

CE−1000S('77)

 

 

 
     

 

 
 

EBEさんから参考にということで送付を受けました。

上のCE−1000Sと見比べると面白いですね。こちらの方がレギュラーモデルです。

発売当初のモデルでCE−1000Sはここから歴史が始まっています。

ペグにはやはりグローバー102Cが使われていたようですね。

(新しい画像の提供をいただきました。)

こうして大きい画像で見ると、102Cが旧タイプのものとハッキリ分かります。

ヘリンボーン横の木目の細かいことと言ったら・・・。