Tomi氏 所有

CE−500(’76)&CE−1200M('78)

CE-500   CE-500
CE-500 CE-500 CE-500
CE-1200M   CE-1200M
CE-1200M CE1200M CE-1200M
 
 
 

投稿者からのコメント

CE-500('76)
高校1年初めて買ったギター。1年間、力まかせに弾きまくりフレットがボロボロ。
ショップに持ち込んだらメーカー修理ということで、無料で全フレットの打ち直し
ネック調整をして戴きました。(そんな事するから東海楽器は・・・)
糸巻きは、学生時代にYAMAHAロートマティックに交換、現在はグローバー製。
サドルは牛骨に交換。
ナットはTUSQ製でマーティンタイプの溝無しに自分に合った溝を切りました。
恥ずかしながらコードCが苦手で、太い人差し指で2弦を押さえると1弦3弦に指
が触れそうになるので、1〜3弦幅を他より気持ち広い目にカットしています。
そうすることで見違えるほど弾き易くなりました。ブリッジピンもTUSQです。
ジャパニーズD−28は、今も健在です。

CE-1200M('78)
学生時代、D−18が欲しくて、またサンバーストも流行っていて購入しました。
マーティンも勿論検討しましたが硬い感じの物が多くて、音の艶、即戦力の点で
キャッツアイに軍配が揚がりました。(タダのフレット交換が効いたのかな?)
しかしCE−500に比べてほとんど手を加えていません。
ネックの握りもやや太目でベストです。
非常にしっかりした造り(ノンスキャロップド)で音が前に飛び出す感じです。
なので、自分が一人で弾いている以上に前で聞いた方が、ボリュームがありそれで
いてブライトで輪郭のハッキリしたレスポンスのある抜けの良い音を奏でます。
したがって、マイクを通すと気持ち良く演奏できます。
ジャパニーズD−18は、主に野外ライブで活躍しています

高槻市のTomiさんからの投稿です。
ST仕様の1200Mは初めて見ました。良いですねぇ。
800MはST仕様なので、塗装はその流れを汲む物かと思いますが、それにしても珍しい!
CE−500の方も初期物の迫力を感じる1本ですね。
いずれも現役で頑張っているのが良いですね。
しっかりした構造体を持っていますからこれからも長く現役を張れるでしょうね!

(2004/12/19UP)