takepapa氏 所有

CE−2000S(’79)

 

 

投稿者からのコメント

 もし、一目惚れがあるとすれば、このギターとの出会いでした。ある雑誌に掲載さ
れていたこのギターが気になって、気になって、あたって砕けろとばかり、直接交渉
したところ、快く譲っていただくことができました。
 眺めているだけでも絵になるギターがあるとすれば、私にとってはまさしくこのギ
ターです。」

う〜む、カラードの2000Sですね。
ブラックカラーは初めて見ましたが、精悍ですね。
マーチンのBellezza Neraを彷彿とさせます。
バック材は塗装の関係もあって特定出来ないですが、カタログ上はハカランダ期の物です。
サウンドホールから覗く木目は、ローズのような感じですが、柾目だと見分けが付きませんし・・・。
ブリッジプレートがローズウッドなのは特筆されるべきことで、どうもこの機種のみはローズのようです。
ミニフラワーポットにも手が入れられ、美しく仕上がっていますね。
色々謎があるこのギターですが、皆さん是非画像だけでもお楽しみ下さい!

(2005/7/14UP)