Jymmy氏 所有

CE−800(’81)

CE80001S.JPG - 52,183BYTES

CE80002S.JPG - 47,460BYTES
 
投稿者からのコメント
先日愛器のCE800の弦を張り替えついでにボディとかクリーニングしたときに
傍らにたまたまデジカメがあったので、恥ずかしながら撮影とあいなりました。
しかし、内部のシリアルナンバーは何度やってもピントが合わなくて申し訳ない
ですが…
機会あれば再撮影して改めてお送りさせて頂きます。
今後ともキャッツアイギターのこと、色々とお教え下さい。
ちなみにその他廉価モデルばかりですが4、5本のキャッツアイ、東海クロマ
ハープ、東海バンジョー、国産エレキ&ベースを数十本など所有しております
ので次に機会の紹介できたらと思います。
 
CE800 No.131281
〔余談〕
このCE800は、1983年新年そうそうの大阪は阿倍野の三木楽器の中古
楽器セールで¥39,800でゲットしました。
目当てはドラムセットとエフェクター類などだったのですが、その金額の安さ
につられ、思わず買ってしまったという代物です。
当時はかなり色白で、当時持っていたよく鳴るCE−400(友人に貸した後、
行方不明…涙)がかなり茶色で、それと比べると正直まだまだ若い感じがして、
「あまり弾き込んでいないなあ」と思いました。
とりあえずこの2本を交互に弾いていたら、そのうち何故かイイ感じで鳴って
くれるようになってくれました。
今では愛器No.1の座を勝ち取りました。
 
購入後、大学の軽音楽部のバンドでアコギの音が必要となったため、安かっ
たモーリスのピックアップを自分で取り付け、ネックにはエレキで使ったスト
ラップピンを取り付けリッケンバッカーの皮のクリーム色のストラップでキメ
ました。
見た通りレギュラーの右用のモデルを無理矢理左用にしているため、ナット
とサドルをそれなりに換えました。
特にブリッジについては、既存の溝を埋め、新たに左用の溝を掘ってもら
いました。
構造上右用のものを左用にしているので、無理がたたったのか、ネックの
ねじれとかが生じて3度ほどリペアをしています。
それ以外はオリジナルです。
また、東海のハードケースも後日別途中古で探し購入しました。

’81年製のCE−800で、東海楽器の全盛時代のものですね。
オーナーは左利きのようで、ブリッジが改造してあるようです。(最初気がつきませんでした。)
とても貫禄があり、良く弾き込まれているようです。

(2006/11/15UP)