悪魔のアン氏所有

CE−800(’75)

     
 

投稿者からのコメント

型式 : CE-800
年式 : 1975年 (多分シリアルより)
シリアル : 248275
ハンドル : 悪魔のアン (Niftyのパソコン通信時代からのしがらみと、公開ソフト
の関係で未だに当時のハンドルそのままです)
URL :
http://homepage3.nifty.com/annsHome/
(私のプロフィールなどはこちらでどうぞ)


「The Cat's Eyes Guitars World」の皆さん初めまして。
いきなり、「珠玉の Cat's Eyes Guitar」からの登場ですみません。m(__)m
少し前にこのサイトを知りまして、キャッツにシリアルが打ってあると言うことを知
り、調べた結果このサイトで確認されていたCE-800のシリアルより大きな番号だった
ので、管理人さんに連絡を取らせて頂きました。

このCE-800は、私が大学に入った年(多分28年前)にそれまでためていた小遣いをは
たいて購入した初めてのまともなギターです。
中学3年からそれまでは1万5千円の安物ハミングバード風でした。吉田たくろうの
「旅の宿」がスリーフィンガーで弾きたくて、ギターを始めました。
購入したのは大阪の難波シティだったか(よく覚えていない。梅田の3番街だったか
も)、確か当時キディランドのあったところの2階で、名前は忘れましたがそれなり
に有名な楽器屋さんだったのではないかと思います。(どなたかこの楽器屋さんの名
前をご存じでしたら教えて下さい)
元々ヤマハか何かを買うつもりで出向いたのですが、深い意味もなくキャッツを買っ
てしまいました。
当時の学生が深い意味もなく買うような値段ではなかったのですが、何かひかれるも
のがあったんだろうと思います。
以来、ごく最近まで持っていたギターはこれ一本です。(^^;;)
大した腕でもなく、ギターについては素人で、当時東海がマーチン(さすがにマーチ
ンやギブソンの名前は知っていましたが)と提携していたことはもちろん知らず、ハ
カランダという材質が使われているという事も、このサイトで見て初めて知りました。
東海楽器がまだ存続していることも少し前まで知りませんでした。
写真はフラッシュのせいか裏表共に中央が白いですが、実際はそうでもありません。
ちっとも大事に使っていないので、キズもあり、日焼けもしていますが、音はそれな
りに鳴っていると思います。
購入当初は音がこもった感じでしたが、何年かするうちに乾いた音になって来たよう
に思います。

そんなしょーもないキャッツ持ちですが、主役はキャッツですので本人の資質は問わ
ないでください。(^^;;)
強者揃いのBBSもROMさせてもらってますが、無知な素人なのでまだ入っていく勇気が
ありません。m(__)m
そんなわけで、よろしくお願いします。

1975年ブランド創設年のCE−800ですね。
山内さんのサインも心なしか控えめに書いておられるような感じです。
もう少し後だとラベル真ん中に堂々と書いてありますよね。(笑)
私もいつか丸ヘッドのモデルを・・・と思うのですが、なかなか縁がありません。
既に30年近く経過して、良い感じで鳴るんでしょうね。リンリンと・・・。^^

(2004/5/24UP)